『まほろば』


ご無沙汰しています。皆さんお元気でしょうか。

新年度が始まりました。東京は桜が今満開ですcherryblossomcherryblossomcherryblossom

早速、今週末 「まほろば」を見に、新国立劇場へ行ってきました。


★とても深刻なテーマを、包み隠さず、直球で投げています。
 かつ、明るくまとめているのがすごいと思いました。

 舞台は、とある田舎町。
 婆さん、母、長女、次女、次女の娘、次女の恋人の娘、の6人が登場します。

 それぞれキャラが立っていて、深刻なテーマを言葉で取り上げながらも
 面白くて、笑いもありました。
 
 
★テーマ

 劇を通じて、長女と次女の娘の「妊娠」を糸口に、現代の女性が生きている社会が
 描写されていました。例えば:

働くアラフォーの独身、長女。
 お酒に走った結果、知らぬ間にどうでもよい男とできる。
 
→父親の分からない子を産んだ次女。シングルマザー
 次女の娘が、不倫の末に子供ができたと聞いて、咄嗟に産むことに反対する。
 


★ 「お婆さん」の存在

 

 劇では、妊娠という言葉はたくさん聞きましたが、
 「子供を授かる」という表現はされていませんでした。
 「授かる」となると、「妊娠」とは、少しニュアンスが違うような気がします。

 命を授かるということは、素晴らしいことです。命は尊いものです。

 そういうことを、誰が思い出させてくれたり、教えてくれたりするのでしょう。

 劇では、ただ一人、人生を超越したような、お婆さんがヒントをくれています。
   のんびりしていて、時々現れるだけだけれど、存在感のあるお婆さん。

 子供を産むことに賛成してくれて、孫娘たちを優しく見守ります。

 現実の社会で、「お婆さん」は、いるのでしょうか。

 そんなことを考えさせられましたspade


★岸田國士戯曲賞受賞作品


 「まほろば」は2009年に第53回岸田國士戯曲賞を受賞。脚本は蓬莱竜太さんsun
 2008年に初演されて、今回再演されました。演出は栗山民也さんribbon

 オール女性キャスト。女性の視点から描いた劇でした。

 男性の観客の方がどう捉えたかも、気になります。

2012年4月 8日 14:11  カテゴリー: 舞台・演劇 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。