ミュージカル ダンス・オブ・ヴァンパイア
9月7日(月) ダンス・オブ・ヴァンパイア @博多座


私的には

ダンス・オブ・ヴァンパイア = 
     幻想 x エロス x ヴァンパイアダンス。


●ヴァンパイア
 生きた人間の生血を吸って殺してしまう。
   殺された人間は吸血鬼として蘇る...

 コメディ調にも関わらず、ひや~っとします。

 このミュージカルの原作は「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」(1967年)
 だそうです。

 吸血鬼って、一昔前に映画やドラマなんかで、流行ってたみたいですね。
 懐かしく感じる人もいるようで。



●ステファニー的見どころ
 
 赤いドレスで踊り狂う、サラ役の知念里奈ちゃんは官能的で釘づけでした。
 ダブルキャストの大塚ちひろも見てみたいな。

 クロロック伯爵の化身役のヴァンパイア・ダンサー、新上裕也さんも
 月の影で、すんごい幻想的なステップを踏んでて素敵。
 東京では森山海次さんが出演だそうで、それも見たかったなあ。

 ミュージカルながらにして、ダンスがほんとに良かった。
 一種の芸術性を感じました。
 ただ演劇全体でダンスが良かったというよりは、私的には上の二人でした。

 見どころの続き、last but not least, 人気俳優の山口祐一郎、
 クロロック伯爵役。声量が大きくて響きますね。女性のファンも多いです。

●ストーリー
 ある若い女、サラが吸血鬼に恋をして、お城まで行ってしまう。
 彼女に恋する若者、悪者から彼女を救い出そうと、追いかける。

 そして最悪な結末が待っている。。

   しかし私的には予想できすぎる結末。。


●一筋縄にはいきません?

 吸血鬼っていうと、EVILなイメージ。でもヴァンパイア・ダンサー
 の踊る月夜のシーンで、クロロック伯爵が歌う歌を聞いてしまうと
 そう単純に片付けられなくなります。

  自由にもなれず 燃え尽きることもできず
  天使でも悪魔でもない
  なのに ひたすら 愛する者たち引き裂く
  虚しい存在...


 何かが心につっかかってしまう。

 世の中何がよくて、何が悪いんでしょう。

 
 そう考えだすとハマってしまう・・・ああ、私もついに噛まれたか~


 博多座公演は9月27日までやってます。

 http://gekinavi.jp/hakataza/item_854.html 

●演出、キャスト


演出: 山田 和也

クロロック伯爵: 山口祐一郎
アプロンシウス教授: 石川禅
サラ: 知念里奈
助手・アルフレート: 泉見洋平
宿屋の亭主・シャガール: 安崎求
シャガールの女房・レベッカ: 阿知波悟美
女中・マグダ: シルビア・グラブ
ヘルベルト: 吉野圭吾
せむし男・クコール: 駒田一
ヴァンパイア・ダンサー: 新上裕也
2009年9月16日 13:41  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。