松竹大歌舞伎 近松座公演
9月13日(日) 17:30~
平成21年松竹大歌舞伎 近松座公演 @北九州芸術劇場大ホール

●プログラム

一、坂田藤十郎お目見得 御挨拶
二、恋飛脚大和往来
  玩辞楼十二曲の内 封印切 新町井筒屋の場
三、河竹黙阿弥 作
  連獅子

↑漢字が連なってて、ぱっとみ何かのお経か何かのようにも見える(笑)

プログラムや音声ガイド貸出もやっているので、
私のような初心者にもあらすじが分かる御蔭で、
役者が何を言ってるか聞き取れないときも、面白いです。

ちょうどシアターガイド10月号に近松門左衛門のことが
載っていて、見てみたいと思ってました。
「日本が生んだ最高の劇作家」と呼ばれている方。

★封印切、
 あらすじはプログラムに懇切丁寧に書かれていますが。

 藤十郎さん演じる忠兵衛と、恋仲の梅川(壱太郎)の
 恋愛Tragedyといったところ。
 女の身請けの話とか、
 お偉いさんから公金を預かって封を切る=死活問題的タブー。
 そういったことは現代にはない、江戸時代当時のもの。
 それはそれとして見るのも面白いです。

 ちなみに今回は坂田藤十郎さん、親子三代での公演。
 で、祖父と孫が恋人役。どんな気持ちなんでしょう(笑)

★連獅子も、
 親獅子が子獅子を崖から突き落として、
 それでも這い上がってきた子を育てるというスパルタ!?的内容で、
 舞踊なので、後ろに並んでいる長唄や太鼓に合わせて
 踊り舞うんですが、それぞれ赤と白の長い髪を振り回したりして、
 獅子らしく、勇ましかったです。


●歌舞伎な雰囲気

 私は、歌舞伎そのものもそうですが、見に来る
 お客さんを含めた、なんというか、この和の雰囲気が好きです。

 たとえば隣に座った老夫婦は二人揃って着物姿だったり。
 役者に向かって、待ってましたとばかりに客席があげる掛け声とか。

 ちなみに席は当日券で10000円~6000円の間。
 昼間のKAKUTA1500円に比べたらそりゃ値は張りますが。

 蛇足ですが、博多から1時間かかっちゃうので、せっかくだし
 近松門左衛門って聞いたことあるし・・・
 ということで甘い丘な小ホールから近松座な大ホールへと足を運びました。

 外国人の学生もいました。そう、歌舞伎は日本の文化ですよね。

 圧倒的多数は年配層ですが、日本人として日本の誇る文化に
 触れられる場所です。敷居が高そうで、実は誰でも堂々と入れる空間だと
 ステファニーは思います。
 
●配役

玩辞楼十二曲の内 封印切(ふういんきり)
新町井筒屋の場

 亀屋忠兵衛     坂田 藤十郎
 丹波屋八右衛門  片岡 愛之助
 傾城梅川       中村 壱太郎
 槌屋治右衛門   坂東 彦三郎
 井筒屋おえん   片岡 秀太郎


連獅子(れんじし)
 狂言師右近後に親獅子の精  中村 翫雀
 狂言師左近後に仔獅子の精  片岡 愛之助
              修験者  中村 亀 鶴
               村娘   中村 壱太郎
2009年9月14日 13:40  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。