『桜壽博多座大歌舞伎』を見てきました。

~地震でお亡くなりになった方、心よりお悔やみ申し上げます。また、地震で被災された方、心よりお見舞い申し上げます。被災地及び原発の最前線で頑張っている方、敬意と感謝でいっぱいです。頑張ってください。~

 

歌舞伎を見てきました。

 

地震でこんな時ですから、なかなか 見る方も 興行を行う方も大変なものがありますね。

 

書いてる今も『う~ん』と思っていますが、エンターテイメントで食べている人もいるわけですから、なかなか神経質になりすぎるのもどうかという感じもします。

 

『歌舞伎』

 

なかなか敷居が高いものがあります。

 

が、実際に観てみると ずいぶんイメージの違うもんです。

 

博多座の入り口から入り (さすがに、博多座には 何回か来たもんで 余裕がでてきました。最初は緊張したもんです。)階段をあがり、売店で飴(博多座に来た時には 必ず買います。春らしく 桜色の飴でした。)を買い、座席につきました。

 

桜色の飴は、桜の匂いと中にあんこが入っていて すごくおいしかったです。

 

そうこうしている内に 中村 勘太郎さんのご挨拶があるのですが、まあ 格好のいい事。きちんとしたご挨拶は ほれぼれします。

 

 

『夏祭浪花鑑』

 

これが 僕の観た演目ですが、漢字ばかりで読みづらい。そもそも『鑑』って歴史の教科書で見たぐらいです。

 

始まる前にお囃子が流れます。

 

これがいい!!

 

桜の匂い(休憩中に 4~5個ほおばって芝居をみていた訳ですが…)の中、お囃子が遠くでなっていて それが段々近づいて来て 幕が開く。

なんか頭の中に江戸の風景が浮かんできました。この瞬間だけでも来て良かったと思いましたから。

 

ところで、博多座では 歌舞伎のためのガイド(ポケットラジオ見たいなの)を貸してくれます。

多分、お約束ごとが沢山あるのです。 

 

でも 借りなくても全然大丈夫です。楽しめます。立ち方、走り方、その他いろいろありそうですが、きちんと伝わりますし、当然それそのものが『様式美』を持っているので 見ていて格好いいです。

 

それで 内容は・・・『見てみましょう。』 お話の筋そのものは 簡単です。でも だからこそ いろんな所がすごいのです。

 

歌舞伎役者さんが もてる訳です。

 

季節ごとの飴を食べつつ、歌舞伎みたいなあ…。

2011年3月19日 16:50  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
tomo★プロフィール
tomo

①きわめて 演劇ビギナー。

②きわめて 遅筆。

③きわめて ネクラ。

④きわめて 無口。

⑤きわめて 高所恐怖症。

ひょんなことから観劇日記を書くことになって、はなはだ狼狽しています。

演劇?うーん、むずかしそう。多分、たくさん脱線します。

どうぞよろしく。

興味があれば足を運んでいます。