とっておきますよ。そのうち きっと必要になるでしょうから。
null

前回より続き。

~女性(老婆のような印象、以下老婆略と書いてしまいます)。、若い女性(印象)に ベールを渡される。

ベールには 思い出の写真などが貼ってある。

老婆(略)から はさみが渡される。

若い女性(略) 老婆(略)に促されベールを切り刻んでいく。それは、あたかも 自分の記憶と決別するよう。

老婆、若い女性にそっとベールを架け、傘をさす。

雨。

切り落としたベールを そっと 差出す老婆。拒否する若い女性。

老婆は 告げる。『これは、とって置きますよ。きっと そのうち必要になるでしょうから。』

それは、捨てたものだと告げる女性。とっておいても この部屋には戻らないと告げる。

語気を強める老婆。それでも このベールは この部屋にあるのだと訴える。

部屋を出て行く女性。なんだか 晴れ晴れとして見える。

青空。~~~

さて 何度も書きますが、芝居を見た印象で書いてます。細かいことは 勘弁してください。

ええと ある程度 普遍的なテーマなのかもしれません。

でも 強く握り締められたペンは 時間の経過と共にペンを握っている感覚を失ってしまいますから、心も同じようなものかも知れませんね。脳科学者の茂木さんは、捉われているものから、離れる作業みたいなのをデカップルと書いていました。

『人は 捨てながら 失いながら 生きていく。』
でも そのうち
『思い出の中に生きるようになる。』

さて これをテーマに 今後もブログは 続きます、多分。

僕は、晴れてるんだか、雨の中 傘をさしてるんだか、ずぶ濡れなんだか・・・・。

『あしたのおてんき、ぽんつん』

脚本:執行 里香

出演:大塚 恵美子(劇団夢の工場)
    フクシマヒロコ(劇団響座)
2009年9月19日 13:18  カテゴリー: 『あしたのおてんき、ポンツン』 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
tomo★プロフィール
tomo

①きわめて 演劇ビギナー。

②きわめて 遅筆。

③きわめて ネクラ。

④きわめて 無口。

⑤きわめて 高所恐怖症。

ひょんなことから観劇日記を書くことになって、はなはだ狼狽しています。

演劇?うーん、むずかしそう。多分、たくさん脱線します。

どうぞよろしく。

興味があれば足を運んでいます。