まどかぴあプロデュース公演始動!

大野城まどかぴあが満を持して演劇製作に乗り出します。

開館20周年記念事業として、プロデュース公演の制作を発表したのは、2015年7月。

「まどかぴあ舞台創造プログラム」として、2016年9月の「プロデュース公演」と、公演に先駆けた関連企画「俳優になるためのワークショップシリーズ」を2015年9月から11月にかけて行いました。

a-onojo.jpg

劇ナビでは、プロデュース公演に向けての取り組みを一年をかけて追いかけていきます。

内藤裕敬さんや池田成志さんへの公演についてのインタビューや、オーディションの発表、演劇製作の裏話など、読み応えのある記事を紹介していきます。

ご期待ください。

2015年12月26日 12:47  カテゴリー: まどかぴあプロデュース公演 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
劇ナビFUKUOKA★水上社長
演劇・舞台の魅力を
伝えていきたい!


■■僕の人格を形成したもの■■
物心つく頃 神社の境内で祭りの時にやってきたドサ回り劇団のチャンバラ芝居

■■小学生時代■■
『ゴジラ』シリーズ

■■中学生時代■■
『小さな恋のメロディ』『ゴッドファーザー』

■■高校生時代■■
『仁義なき戦い』『サンダカン八番娼館』

■■大学生時代■■
年間に観た200本の映画
『子午線の祀り』は演劇体験の原点
『ブロードウェイミュージカル ウィズ』でミュージカル初体験

映画の道に進むつもりが子どもたちに演劇や音楽を見せる仕事に歌舞伎・文楽・能・狂言・落語といった古典芸能から人形劇・バレエ・ジャズ・オーケストラまで、あらゆるジャンルの舞台芸術を子どもたちに届ける もはや演劇のない生活は考えられません

でも演劇に触れたことがない人のほうが多いのが現実 はてさて、その魅力をどう伝えようか