「火の鳥」公演の事前座談会が行われました。
12月8日、「火の鳥」公演の事前座談会が福岡市城南区別府会館(べ ふかいかん)で行われました。 講師は、人形劇団クラルテの劇団員、高平和子さん(出演者)で、 参加数は別府小学校のお母さん方15名でした。

高平さんによると、人形は人間の精神のバランスをとるもので、人 間の歴史とともにあるということです。人間と人間だと緊張しますが、 間にモノ(人形)が入ることで、関係が緩和されるということです。 確かに、持ってこられた「火の鳥」の主人公ナギの人形を操作される と、会場の雰囲気がぐっとなごみました。

日本の人形劇の始まりは、室町時代。飢えと病気に苦しむ民衆の中 に説教師が物語り聞かせ、民衆の心を浄化させます。やがて、それに 人形が加わり、三味線が入って文楽に発展します。現代人形劇は、近 代になりロシアの翻訳ものから始まり、子どものための人形劇は、戦 後から。クラルテも大阪で、1948年(昭和23年)に創立されました。

 人形劇は、想像する芸術だそうです。「火の鳥」も戦争の場面があり ますが、人形であるがゆえに安心できる。しかし、想像するので実際 より迫力あるものになるそうです。

 「火の鳥」は、劇団員総勢24名で演じられます。登場する人形は 百体近く。人形劇とはいっても、人形の大きさは1メートル近くあり、 演者は舞台に立って人形を操りますので、舞台劇といってもいいくら いです。百体近くの人形が、壮大な人間ドラマをくり広げます。

 さて、3月24日(木)の公演まであと三ヶ月あまり。当日が楽し みになる座談会でした。

 
2015年12月17日 17:15  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
かんげき隊プロフィール
福岡の演劇文化の振興を目指し、子ども時代から優れた舞台芸術に接することで感性を育み、演劇を愛好する人を増やしていくことを目的に活動しています。

2007年から一年に一度、福岡で演劇の公演をしようと、有志で公演に即した実行委員会を結成して実施してきました。

そして、このことを継続していくには恒常的な組織が必要だということで、2012年1月に、かんげき隊「福岡青少年演劇鑑賞会」を発足しました。

その年から福岡県民文化祭にも参加し、これまで「森は生きている」「大どろぼうホッツエンプロッツ」公演を開催しました。

今年は、「子どもと楽しむ古典芸能【笑三昧!(わらいざんまい)】」ということで、大濠公園能楽堂で狂言、落語、漫才(コント)を開催致します。