北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > バックナンバー > 北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」
北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」
【 2022年2月17日(木)~20日(日) 】

北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ
「まつわる紐、ほどけば風」



北九州の街から紡がれる、
女性の生き方を問うドラマ

劇場とアーティストが2カ年をかけて創作に向き合い演劇作品を立ち上げるクリエイション・シリーズ第1弾「まつわる紐、ほどけば風」。2020年2月、コロナ禍の影響を受け初日1回限りの上演となった本作が、小劇場に帰ってきます!
作・演出は関西を拠点に活動する劇団太陽族主宰の岩崎正裕。社会の出来事をモチーフに人々の内面を照射する作品に定評のある岩崎が、現代女性の生き方に焦点をあて、女性たちを取り巻く人々のドラマを描きます。


延期公演への想い(北九州芸術劇場 情報誌Q vol.72インタビューより抜粋)

自分にとっては、なぜこの作品を創ったのか。なぜ巡り逢ったのか―やり残した課題をもう一度確かめにいくような感覚。コロナ禍を経た再演ですので、少し脚本にも手を加える予定ですが、誰もがいずれ戻ってくる日常に想いを馳せながら、何か新しい希望的な観測を持てるような舞台になれば、と思っています。

【作・演出:岩崎正裕】


【ものがたり】

一軒家に義姉と姪の3人で暮らす独身の久代、夫婦で不動産会社に勤め不妊治療に悩む恵、医者の夫と暮らしながら自身の生き方を模索する愛梨。ボルダリングジムで出会った3人は次第に意気投合する。それぞれの環境で生活にどこか孤独や不自由さを感じ、まるで見えない紐にとらわれているかのような彼女たち。いつか爽やかな風が吹く日まで、家族と、時に自分自身と向き合いながら現代を生きる女性たちと、それを取り巻く人たちの物語。


【公演日程】

2022年2月17日(木)~20日(日)

2月 17(木) 18(金) 19(土) 20(日)
13:30  
18:00      
19:00      

※開場は開演の30分前

【会場】

北九州芸術劇場 小劇場

【作・演出】

【岩崎正裕(劇団太陽族)】

1963年生まれ。「劇団太陽族」主宰。1982年「劇団大阪太陽族」を結成し、2001年から現在名で活動。1995年に日本を震撼させた宗教団体オウム真理教事件を題材にした『ここからは遠い国』がOMS戯曲賞を受賞。社会で起こる事件や現象をモチーフに、現代人のもつ閉塞感とわい雑な人間関係を描いた作品に定評がある。2008年より伊丹アイホール・シアター・ディレクターに就任。

【出演】

内山ナオミ(飛ぶ劇場)、江﨑萌葉、大野朱美、木下海聖(有門正太郎プレゼンツ)、桜井玲奈
寺田剛史(飛ぶ劇場)、飛世早哉香(in the Box、Org of A)、町田名海子(創造集団ちいさなクルミーノ、ゲキゲキ/劇団「劇団」)、宮村耳々、村上差斗志(FOURTEEN PLUS 14⁺)
岸部孝子(劇団太陽族)、三田村啓示

【チケット料金(税込)】

【全席指定】
一般:3,000円
ユース:2,500円(24歳以下・要身分証提示)
高校生〔的〕チケット:1,000円(枚数限定、劇場窓口・電話/前売のみ取扱、要学生証提示)

※当日500円増
※未就学児入場不可

【チケット発売】

2021年12月 5日(日) 10:00

【チケット取扱】

■北九州芸術劇場
・オンラインチケット(3:00~4:00除く) https://www.e-get.jp/kimfes/pt/
 TEL093-562-8435(10:00〜18:00/土・日・祝を除く)

■響ホール事務室
 北九州市八幡東区平野1-1-1 国際村交流センター内
 (受付時間 9:00~18:00)

■その他取扱プレイガイド
チケットぴあ
ローソンチケット

【託児サービス】

※北九州芸術劇場の託児は公演7日前までに劇場へ

【お問い合わせ】

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655(10:00~18:00)

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら