劇ナビFUKUOKA(福岡)

劇ナビFUKUOKA(福岡)
北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう 大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報公演情報
劇ナビFUKUOKA > 公演情報 > 立川生志落語会 ひとりブタばい シーズン2
立川生志落語会 ひとりブタばい シーズン2


立川生志落語会 ひとりブタばい シーズン2


ひとりブタばい シーズン2

立川生志の「ひとりブタばい」。
今回はゲストにギター侍こと波田陽区さんを迎えての公演です!


【公演日程】

2022年2月27日(日)
【午前の部】開演11:30(開場11:00)
【午後の部】開演15:30(開場15:00)

※午前午後ともに同じ演目です。

【会場】

福岡市美術館ミュージアムホール

【プロフィール】

【落語家 立川生志 ―たてかわ しょうし―】

立川生志

1963年12月16日生まれ。
福岡大学卒業後、大手企業に入社し一旦は営業マンとなるが、子供の頃からの夢をかなえるため2年で退社。
1988年に立川談志に入門、立川笑志となる。
談志も認める陽気な高座は前座時代から「賞ハンター」の異名を持ち若手落語家の登竜門と言われる「NHK新人演芸大賞」「にっかん飛切落語会」などで各賞を何度も受賞。1997年に二ツ目昇進。
2008年4月、入門20周年目にして落語立川流真打に昇進。立川生志と名を改めた。
真打昇進後に始めた独演会「ひとりブタ」(東京、横浜、名古屋、大阪、広島、北九州、福岡)は各地で好評を博しているが、近年では趣味の海外旅行も兼ねて欧州や米国での公演も意欲的に行っている。
2008年「彩の国落語大賞」、2009年「横浜文化賞 文化・芸術奨励賞」、2017年「福岡市文化賞」を受賞。2010年に博多座では初となる落語公演を師匠談志との「親子会」で実現させ、2012年からは兄弟子志の輔との「兄弟会」を毎回開催している。
2017年から志の輔、談春、雲水とともに、新しい落語会「傅志会」を立ち上げ注目を集めている。

■著書
「ひとりブタ~談志と生きた二十五年~」(河出書房新社)
十八版の噺 落語家が愛でる噺の話(フィルムアート社)

■CD
立川生志1「朝日名人会」ライブシリーズ48[元犬][だくだく][茶の湯](ソニー・ミュージックダイレクト)
立川生志2「朝日名人会」ライブシリーズ65[禁酒番屋][短命](ソニー・ミュージックダイレクト)
立川生志3「朝日名人会」ライブシリーズ89[井戸の茶碗][金明竹](ソニー・ミュージックダイレクト)
立川生志4「朝日名人会」ライブシリーズ117[道具屋][品川心中](ソニー・ミュージックダイレクト)
毎日新聞落語会 立川生志[堀の内][紺屋高尾](ソニー・ミュージックダイレクト)

■DVD
落語家Xの快楽 立川生志×磯山さやか(日本コロムビア)
立川生志 らくごLIVE「地獄八景亡者戯」(竹書房)
立川生志 らくごLIVE「反対俥/柳田格之進」(竹書房)

■テレビ・ラジオ/現在の出演番組
RKBテレビ「サンデーウォッチ」(日曜10:30~)
FBSテレビ「めんたいワイド」(月~金15:48~)
RKBラジオ「立川生志 金曜日のインサイト」(金曜6:30~)

【チケット料金(税込)】

【全席指定】
前売:4,200円
当日:4,700円

※未就学児童の入場はお断りします

【チケット取扱】

・シアターネットプロジェクト TEL092-739-2318(月~金・10:00~17:00)
・チケットぴあ https://t.pia.jp/(Pコード【509-763】)
・ローソンチケット https://l-tike.com/(Lコード【81832】)

【チケット発売】

劇ナビで先行:2021年12月14日(火)10時~12月15日(水)23:59

一般発売:2021年12月24日(金)

■劇ナビ@FUKUOKA http://gekinavi.jp/ 

gettii_icon.gifこのチケットは劇ナビFUKUOKAでも購入できます。
チケット購入はこちらから!!!

【主催】

(株)シアターネットプロジェクト

【お問い合わせ】

(株)シアターネットプロジェクト TEL092-739-2318(平日10:00~17:00)

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら