北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > 博多座 > ミュージカル『王家の紋章』
ミュージカル『王家の紋章』
【 2021年9月4日(土)~26日(日) 】

ミュージカル「王家の紋章」



時空を超えた愛とロマンの名作が、
博多座初登場―

1976年より連載を開始し累計発行部数4000万部を誇る原作を基に、豪華クリエイティブ・キャスト陣によるオリジナルミュージカルとして生まれた『王家の紋章』。2016年8月に帝国劇場で初演を迎え、チケットは即日完売。異例のスピードで半年後には再演され、大きな話題を呼んだ本作が待望の博多座登場です!
多くの新キャストを迎え再び幕を開ける、古代エジプトの若き王と現代のアメリカ人少女との時空を超えたロマンスにご期待ください!


【STORY】

16歳のアメリカ人キャロル・リード(神田沙也加/木下晴香)は、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。頼もしい兄ライアン(植原卓也)や、友達や教授に囲まれ、幸せな毎日を送っていた。
ある日、とあるピラミッドの発掘に参加するが、そこは古代エジプトの少年王・メンフィス(浦井健治/海宝直人)の墓だった。ピラミッドに眠っていた美しい少年王のマスク、古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロル。そんな中、アイシス(朝夏まなと/新妻聖子)という謎の美女が突然現れる。実はアイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう。キャロルは、エジプト人にはありえない金髪碧眼に白い肌。そして、考古学の知識と現代の知恵を持つ。やがて古代エジプト人達から、"ナイルの娘""黄金の姫"と呼ばれ崇められる様になり、宰相イムホテップ(山口祐一郎)からも認められるようになるが、キャロルは現代を懐かしみ、帰りたいと願っていた。
しかし、メンフィスから求愛を受けるようになり、強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆく。だが、キャロルの英知と美しさにほれ込み、彼女を奪おうとするヒッタイト王子・イズミル(平方元基/大貫勇輔)など、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は――。

>>「王家の紋章」公式ホームページ


【日程】

2021年9月4日(土)~26日(日)

【会場】

博多座

【原作】

細川智栄子あんど芙~みん
「王家の紋章」(秋田書店「月刊プリンセス」連載)

【脚本・作詞・演出】

荻田浩一

【作曲・編曲】

シルヴェスター・リーヴァイ

【出演者】

【メンフィス(Wキャスト)】:浦井健治 海宝直人
【キャロル(Wキャスト)】:神田沙也加 木下晴香
【イズミル(Wキャスト)】:平方元基 大貫勇輔
【アイシス(Wキャスト)】:朝夏まなと 新妻聖子
【ライアン】:植原卓也
【ミタムン】:綺咲愛里
【ナフテラ】:出雲綾
【ルカ】:前山剛久
【ウナス】:大隅勇太
【イムホテップ】:山口祐一郎

松原剛志 坂口湧久

(以下五十音順)
天野朋子、小山雲母、堤梨菜、藤咲みどり、山田裕美子、横関咲栄、米島史子
大山五十和、川口大地、熊野義貴、五大輝一、折井洋人、佐野隼平 下道純一、千田真司、長澤風海、橋田康、若泉亮


【チケット料金(税込・全席指定)】

A席 15,500円 B席 9,500円 C席 5,500円

【チケット取り扱い】

■インターネット販売
パソコン・スマホから
https://www.hakataza.co.jp/

■博多座電話予約センター
092-263-5555

■その他取扱プレイガイド
・チケットぴあ【506-409】
https://t.pia.jp/

・ローソンチケット
https://l-tike.com
Lコード:【81623】


劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら