劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 劇ナビインタビュー更新
劇ナビインタビュー更新
【2021年12月17日】

劇ナビを御贔屓の皆さま、いつもご覧いただきありがとうございます。

2年ぶりに「劇ナビインタビュー」を更新しました。

 

2020年2月から日本は、世界は、人類は、ウイルスによる感染症対策で、未曾有の状況に追い込まれました。

最初に警告が発令されたのは、「人が集まるイベント」の自粛でした。

次々に学校の休校など、三密回避の手立てが取られました。

職場でもリモートワークが進められ、休業を余儀なくされ、交通手段を使っての移動も制限されました。

医療機関は、未知のウイルスへの対応に追われ、感染の拡大に伴って、医療体制がひっ迫していく中、「緊急事態」が宣言され、外食や旅行を控え、県外への移動が制限される事態になります。

 

私たちエンターテインメントに従事する者は、皆様へお届けするサービスそのものを制限されました。

 

そんな中でも、関係者は、各地で努力をしていました。

 

感染がひと段落してきた2021年9月に、劇団四季の吉田智誉樹社長にインタビューしました。劇団四季は日本全国で公演活動を行っています。コロナウイルスの影響を受け、大きな打撃に見舞われながらも、事業の継続へ向けて取り組まれた様子を伺いました。

編集作業上、公開の時期が遅れましたが、吉田社長のインタビューをご紹介します。

 

私たちエンターテインメントの業界が完全復旧するのは、「社会機能が復旧した一番最後」だといわれます。

それでも、私たちは、皆さんと感動を分かち合う劇場空間で、またお会いすることを目指して歩んでいきます。

 

ウイズコロナ、ニューノーマルの必要性が報じられるなかですが、人と人が共有することで成り立つ舞台芸術の魅力を再確認し、「同時性」「一回性」の出会いをするコンサートやミュージカル、演劇、落語など、それぞれの表現者と供に、これからも、みなさんにお届けしていきます。

劇ナビでも、できる限り多くの情報を更新にしていきます。

 

下記から、最新の劇ナビインタビュー「劇団四季 吉田社長インタビュー」をご覧ください。

https://gekinavi.jp/mizukami/cat57/

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら