劇ナビニュース
トップ > 劇ナビニュース > 博多座二月花形歌舞伎が開幕!
博多座二月花形歌舞伎が開幕!
【2021年2月11日】

博多座で二月花形歌舞伎が開幕!

24日の千穐楽まで若々しく華やかで楽しい舞台を見せてくれる。

 

元禄花見踊・フィナーレ.jpeg

 

 2018年の襲名披露以来約3年ぶり11度目の出演となる松本幸四郎を中心に、

華と実力を兼ね備える花形俳優たちが登場し、新歌舞伎の名作から華やかな舞踊まで、

バラエティ豊かな4演目。

 

幸四郎丈.jpeg

 

 昼の部は、「引合事(ひきあいごと)」と言われる、力比べの引っ張り合い、鎧の草摺(くさずり)を引いて止めようとする“草摺引”を取り入れた荒事味溢れる歌舞伎舞踊『正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)』と、赤穂浪士の討ち入りを吉良邸の隣家であった松浦侯の周辺から描いた忠臣蔵外伝の名作『松浦の太鼓』。松浦侯はご存知、肥前松浦と壱岐を治めた平戸藩のお殿様。いわばご当地モノの趣きが忠臣蔵外伝の中にも味わえる趣向。

 

御浜御殿.jpeg

 

 夜の部では新歌舞伎『元禄忠臣蔵』の中でも人気の傑作御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)』と、花見の風景を元禄絵巻きさながらに描く華やかな舞踊『元禄花見踊(げんろくはなみおどり)』をお届け。『元禄花見踊』は、舞踊には珍しい大がかりな舞台装置を用い、一座総出演でショーのようにとにかく観ていて楽しい華やかな舞台。ひと足先に春のお花見をしているような気分になる。

 

また、「二月花形歌舞伎をもっと楽しむ企画」として、2月14日のバレンタインデーには、出演者のサイン入りポスターやチョコレートをプレゼントする「バレンタインプレゼント抽選会」。恒例のトークイベントは初のオンライン開催で2月17日午後8時から「歌舞伎ナイト・オンライン〜年男・幸四郎、仲間と語ってよかろうもん!〜」を開催!さらには劇場内の4箇所に隠れている幸四郎の写真のそばに書いてある文字を繋げて読む日替わりメッセージを見つけよう!4枚の写真と「♯四つ葉の幸四郎」付きでツイートしてくださった語ったの中から抽選でプレゼントも当たる。さらにさらに、幸四郎がイヤホンガイドをジャック!?する企画など、「とにかくこの大変な時期に来ていただいたお客様を楽しませたい」という心意気溢れるイベントが盛りだくさん。

 

イヤホンガイド.jpeg

 

緊急事態宣言の延長が発表され、まだまだ新型コロナウイルス感染拡大が予断を許さない状況ではございますが、博多座では、前後左右一席空きの座席配置、お客様およびスタッフの検温、消毒、マスク着用など各セクションでの対策を徹底のうえ、今公演を実施。

春の足音が少しずつ近づくこの季節、博多座で花形俳優たちのパワーを感じて欲しい。

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら