髑髏城の七人~アオドクロ
髑髏城アオ見てきました。
ネタバレありますので
ご注意ください。

【Story】
戦い、未だ終わらず―――。
新たなる七人の物語が、ここより始まる。
時に天正十八年、戦国の雄―織田信長が逆臣の手にかかり、はや八年。
天下統一は浪速の猿面冠者―豊臣秀吉の手でなされようとしていた。
ただし、唯一関東を除いては。
関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城―――"髑髏城"。

黒甲冑の武装集団"関東髑髏党"の首魁は、
自らを"天魔王"と名乗る仮面の魔人だった。
天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。
そして風雲急を告げる関東荒野に、
奇しき縁にあやつられ集まる者たちがいた。
髑髏党に追われる沙霧(鈴木杏)を
行きがかりから助けた謎の牢人狸穴二郎衛門(ラサール石井)と
玉ころがしの捨之介(市川染五郎)は
"女を隠すには女の中"と色街無界の里へ向かう。

色街では無界屋の極楽太夫(高田聖子)をめぐって
馴染み客の関八州荒武者隊を名乗る荒くれ者たち、
こぶしの忠馬(佐藤アツヒロ)・水無月才蔵(川原和久)
・小田切渡京(粟根まこと)が捨之介と小競り合いを繰り広げていた。

仲裁に入った主人・無界屋蘭兵衛(池内博之)は
昔馴染みの捨之介に気がつく。
そこに沙霧を追う髑髏党の幹部・鋼の鬼龍丸(高杉亘)が
居所を嗅ぎ付け無界屋に襲撃をかける。
騒然となった無界屋に突然現れた天魔王により、
捨之介と蘭兵衛たちの封印された過去が明らかになる。

そして二人の過去を知る謎の刀鍛冶(三宅弘城)とともに
捨之介たちは天魔王に立ち向かうべく髑髏城へと乗り込んでゆく。


【Cast】
玉ころがしの捨之介/天魔王:市川染五郎

沙霧:鈴木杏

無界屋蘭兵衛:池内博之
極楽太夫:高田聖子

カンテツ:三宅弘城

裏切り渡京:粟根まこと
うなずき才蔵:川原和久
とどかず大騒:タイソン大屋
いじられ張太:中野英樹
さかなで崇助:山中崇
なげやり栄吉:安田栄徳
うっかり杉一:杉山圭一
鋼の鬼龍丸:高杉亘
乱の剛厳丸:小村裕次郎
刃の非道丸:川原正嗣

無名:前田悟
無明:村上よし子
無音:山本カナコ

魔母衣衆・龍舌:柴田健児
魔母衣衆・胡蝶:小寺利光
魔母衣衆・玉花:島田裕樹
魔母衣衆・富貴:小椋太郎
魔母衣衆・素心:蝦名孝一

およし:村上よし子
おかな:山本カナコ
おくず:葛貫なおこ
おあや:田畑亜弥
あみゆ:武田みゆき
おみほ:伊藤美帆(現・いとうまゆ)
おりえ:嶌村緒里江
おさや:野澤紗耶

仁平:村木仁

贋鉄斎/服部半蔵:逆木圭一郎
十蔵/巨烈/鉄騎兵/伊賀忍軍:横山一敏
全蔵/豪烈/鉄騎兵/伊賀忍軍:藤家剛
鉄機兵/伊賀忍軍/徳川兵:
竹内康博・中川素州・加藤学・矢部敬三・三住敦洋・佐治康志

狸穴二郎衛門:ラサール石井

こぶしの忠馬:佐藤アツヒロ

+++

髑髏城の七人~アオドクロ~

アカとは違い「派手・アドリブ満載・THE新感線」です。
はじめてみたのは・・・2005年5月15日~5月20日に
キャナルでゲキシネが初上演されたとき。
15日に行ったら、妙にツボにはまってしまい
その後2度も行くといって・・・
結局DVDを購入するというまでハマりました。

劇団☆新感線と松竹が手を組んで生み出した
「Inouekabuki Shochiku-mix」。
その第4弾として2004年秋に上演されたのが
髑髏城の七人~アオドクロ

『髑髏城の七人』は"いのうえ歌舞伎"の代表作。

2004年のドクロイヤー最後の締めくくりの作品らしい派手さ。

先日、アカの感想でも書きましたが・・・
髑髏城の七人~アカドクロは、古田新太主演、
シンプルで骨太な演出。

髑髏城の七人~アオドクロは、市川染五郎主演。
そこに佐藤アツヒロや鈴木 杏ちゃん。
池内博之などのキャストで若いパワーがあふれる作品になってます。

そこに新感線の劇団員のパワーが加わって、
歌や踊りを交えたド派手な舞台。
まさに新感線エンターテイメントでした。

また、アカではシンプルにそぎ落とした部分の
描写が青では細かく描かれていたり・・・
歌やダンスから伝わってくる情景があったり。
アオのほうがアドリブや笑いの要素が強かったり・・・

あと、兄のカマがやばかったり(笑)


こぶしの忠馬の兄が無界にやってきて
田舎に連れ戻そうとしたとき、天魔王たちによって
ちょうど無界大変なことになります。
そのとき、関八州荒武者隊のメンバーたちが
「大兄貴!」と忠馬の兄におにぎりを差し出します。
最初は抵抗を示していた兄。
「おまえらがそうやっておだてるからアイツが調子に乗るんだ」
そういう兄に対して・・・才蔵がいうのです。
「本当は俺があいつを斬るはずだった・・・」と。
忠馬は村で女性をいじめた侍を切り、村を逃げ出したそうです。
「確かにその侍はひどいやつだった。」
「でも仕事は仕事。そいつを切れと命じられて忠馬を追った」
「だけどアイツの生き方をみたら・・・斬れなかった」
「まっすぐで一生懸命で必死で突き進んでいる」
(台詞はニュアンスで)

私はこのシーンが大好きで大号泣なのでした・・・(T_T)

そして、蘭丸(蘭兵衛)が要所要所で落とす
一輪の蘭の花。
それが究極に美しく、はかなく、切なく、意味を持つのです。

美しすぎます。アオドクロ。
アオの染は美しすぎてかっこよすぎて
捨之助ですらかっこよく思います。

たとえば舞台の始まり方も
スクリーンを使って時代をうつしだす。
これもまったく違うやり方で
映像と殺陣と音楽を融合したエンターティメントの
スタートだとわくわくします。

撮影された劇場は日生劇場で
花道が作られているのですが・・・
そこを走っていくときの声が徐々に遠くになっていくのが
きちんと音響に効果がつけられていて。
ゲキシネなのに臨場感があるんです。

アカよりも1つ1つの表情なども
美しく撮影されているように思います。

アカとアオ。
好みは分かれると思いますが・・・
私はアオ派!

忠馬のまっすぐに懸命に汗を流している姿は
何よりもかっこいいし!!!
センスを広げての染五郎さんの殺陣は美しい。

2幕、うつくしさと蘭の花に
何度となくなかされました。
笑っているのに次のシーンでは涙が止まらなくなるのです。
アカと違って刀うちのガンテツも違うアプローチなのですが
それがそれでとっても素晴らしい殺陣で。
思わず「すごーい」と声を上げてしまうほどです。

池内さんの蘭兵衛は蘭丸になった瞬間に
目つきまで変わってしまい
ただ1輪の蘭にだけ願いを託すようにそっと投げたり
おいていくのがすごく深い意味があるような気がして。

髑髏城に出向き、高田聖子さんの極楽太夫と
鈴木杏ちゃんの沙霧が一緒に歌う歌は
とっても意味があるような気がして
歌詞に涙がでました・・・。

あー、実によく泣いたアオでした。
2010年1月18日 16:56  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。