レ・ミゼラブル11/18ソワレ@帝国劇場

8人もキャストの千秋楽でした




マチネの衝撃から立ち直れないまま見たソワレでした。
今日は個人的にプリンシパルデーと名づけた日。
大好きなバルジャン、アンジョルラスでもあったし
明日でMy楽のためアンサンブルさんもかなり見納めなので
しっかりとしっかりと。。


☆(橋本)さとしさんバルジャン
やっぱり誰かの楽だけあって熱いですね~!
ちょっと2階からだけど
オペラをあまり使わずに見てみたんです。
だけど、そのすべてで泣くことができました。。

バルジャン、すっごい勢いで
看守から突き出されていて
ちょっとかわいそうだったぐらいです。

えっと、好きなとこいっぱいありすぎて
困るんですけど・・・
バリケードでジャベに対してとかマリウスに対してとか
気づいたときが凄いいいんです。
はっと気づいてずっと見つめる。
なんだか凄く素敵だなって思います。

あとやっぱりコゼットに優しい♪
マリウスに異様に優しい♪ 大スキなんですね、きっと。


☆阿部ジャベール【千秋楽】
アベール、マチソワお疲れ様でした
マチソワでみたのに飽きなかったし
とってもとっても熱くて。
「見入る」って言葉が見事にハマりました。


吸い込まれるようにその対決やstarsや自殺に
見入ってしまって。。
ずっと「今ジャベみたい~」と思いながら
見ていて自分に反省・・・

☆今井ファンテ
久々だったのにmyラストでした。
凄くはかなげで凄く素敵になっていました。

夢やぶれても ファンテの死も
子を持つ親の強さ、恋する女性の儚さ
死を待つ人間の・・・切なさ。
泣かされました。。

☆真綾エポニーヌ【千秋楽】
on my ownがいつも以上に泣けました。
「・・・愛してる」にこめられたその強さ
恵みの雨でマリウスに出あえたときの嬉しさ
バリケードへと走っていくエポのひたむきさ。

大好きな人には会いたいというのが
すごくすごく分かるから
とってもとっても大好きなエポです。

育マリウス(山崎さん)はいちいち抱きしめたり、頭なでたりするので
その度に一喜一憂。
はっと笑顔になって、だけどコゼットラブなマリウスをみて
しゅんってへこんで。乙女なエポで大好きです。

だから、大好きな人の腕に抱かれて眠ったエポは
きっと幸せでしたよね。。
真綾ちゃんエポは博多楽でも見ていて
私にとっては思い出のエポでした。
真綾ちゃんのエポの最後の死に逝く顔は
穏やかな笑顔で、、涙がとまりませんでした。

☆(山崎)育三郎マリウス【千秋楽】
可愛いマリウスでした
2007年、このマリウスに恋しました。
素敵な声とかっこいいビジュアルに
my best マリウスとなりました。
だけど、今期帝劇でそれだけじゃない!好きなマリウスになりました。

空気よめないダメダメなマリウスだけど
そのほわ~っとした感じがぴったりで。

大好きでした。

cafe songでは号泣です 
声が出そうなぐらいに泣きました。
とっても優しいマリウスです。
天然なのでしょうね、エポを抱きしめたり頭撫でたり
それは優しいが故に人を傷つける結果になってしまうのだよ
って何度も思いましたが。。


☆菊地コゼット【千秋楽】

美香ちゃんも大好きなコゼットです
イメージにぴったり
可憐で可愛いコゼット。
守ってあげたくなる可愛い可愛いコゼットです。

☆(三谷)ろっくさんテナ【千秋楽】

いつも死体に座るのでハラハラしていましたが
引きずったあとの手の下ろし方は
一番優しいテナでした。

酔っ払いさんには冷たいテナでした(笑)
2007年より今のほうがすきかもしれません~

☆田中マダムテナ【千秋楽】

りかさんのマダムテナ1番スキでした。
残念ながら今回はスキな組み合わせで見れませんでしたが・・・
酔っ払いに1番優しいマダムテナです。
ちゃんと追い出したあとに「ばいばい~」してくれるのは
この方だけです。。。 


この人も普通の女性。
ただ時代と環境が「マダムテナルディエ」にさせたのではないかと・・


☆松原アンジョルラス【千秋楽】


2007年 私がレミゼラブルを見るきっかけとなった人の1人です。
レミは2004から見ていたのですが、当時は
岡ジャベのstarsに聞きほれてしまった記憶しかなくて。
2007年、博多座レミがきまったとき
「岡ジャベのstarsが聞きたい」という理由と
「松原さんのフイイ 聖太さんのプルベ 育代さんのかつら屋さん
 が見たい!さとしさんのバルジャンってどうなの?」
と思った私はレミゼに行くことになったのを覚えています。

アンサンブル時代から見ているからこそ
松原アンジョが最初にパリの街で登場した第一声は
とてもとても嬉しくて。涙が出たことを覚えています。

学生との距離がとても近く
真面目で冷静なアンジョなのかと思いきや
ちょっと優しい一面も見えたりと素敵なアンジョでした。

ゴメンナサイ。記憶があいまいなんです・・・
泣きすぎて何も思い出せないんです・・・
ABCでは凄く凄く素敵だった「グランテール!」酒を置け。
が印象的。

バリケードでは
ジャベだと分かったときに銃を構える瞬間や
学生たちの銃を払うしぐさがスキでした。
バルジャンがやってきたときに、
「後ろからうつろ命はない」でバルジャンがうなずくまで
銃を一瞬ひいて渡さないという流れがとてもスキでした。
だって、ジャベにあったあとなんだから
多少は警戒しちゃうよね?

誰よりも銃に必死に弾を込める姿は
フイイ時代と変わらず、とても素敵だったのです。
自ら率先して戦うリーダー・・・
フイイに弾がないといわれたときも
マリウスが打たれたときも
狙撃兵だぞーな感じで モンパ役者が打たれたときも
バリケードを駆け下りる姿はとってもすばやくて
かっこよかったです。
そして、お酒を飲み干すDrink with meは
グランへ向ける目線の冷たさの中に
いろんな優しさも感じました。

「マリウス、少し休め」このせりふで泣いたのは
松原さんのアンジョがはじめてです。
はりつめたバリケードで「優しさ」に安心した瞬間でした

ガブローシュが投げたカバンはこの日
アンジョルラスが伸ばした左手に届きました。

そして、アンジョは落胆したままそのカバンをぎゅっと握り締め
「死のう!僕はら的など恐れはしない!」と叫びました
「たつのだ~仲間よ、世界に自由をー」
その瞬間に高らかとそのカバンをかかげました。
そして彼は、そのカバンをクールフェラック清水さんに渡し
クールがその中から弾を取りだしその弾を銃にこめ
必死に必死に銃を打ち、落ちていきました。

2007年 博多座千秋楽

その当時フイイだった松原さんの伸ばした手に
カバンが届きました。
そしてアンジョの「世界に自由を」でそのカバンを高らかに掲げ
クールフェラック清水さんに渡しました
二人は弾を分け合い、散っていくアンジョの足を必死に
おさえようとしながらフイイは
プルベールを見て、一瞬うなずいて散りました。

その記憶はとても鮮明で
その記憶がすっとそのアンジョの手に届いたカバンを見て
よみがえりました。。


☆そうまくんガブローシュ【千秋楽】

大人ぶったガブでした。
しっかりしている子なので、
自分の意見を持ったガブにぴったりだった気がします。
カバン届く率が凄くて
勢いよくバリケードの向こうへ飛び越えていくカバンに
ガブローシュの生きたい!負けたくない!気持ちを感じました

+++


清水さんのクールフェラックは
いつもチラシの舞い方がキレイで惚れ惚れしました~ 

横田さんジョリはマリウスの恋話を聞くのが可愛かったなー 

近藤さんのコンブフェールは、ガブに優しくて。
あとテナインの帽子クルってのがすきで。
バルジャンがジャベを撃ったフリのあと、
銃をガンガんてやらなくなったのは優しさを感じたなー 

櫻井バベはいっつもこわいなーと思ってました 

藤田さんは囚人の第一声がいつも凄くて鳥肌でしたね。 

野島さんプルベールは相方さん。
あまり見ることができなかったけど、同じ役でも
ここまで違うものに仕上がるものなのだなと
よくわかった気がします。 

赤座さんのモンパはナイフが似合っていてこわかったです~

荒井さんの買い入れ屋さんは「どうする?」がすきでした。 

折井さんは2007年でA班だったのもありフイイと絡みもあったし
結構見てた気がします~。
役の印象じゃなくて申し訳ないのですが
すごく成長したな~と上からで申し訳ないです。 

藤咲さんは、マドレーヌでもいつも強気で美しかった 

歌納さんはバルジャンに優しかった気がします~ 

児玉マダムは兄さんお安くあげるなら~で
お兄さんに超積極的でした。お兄さんいっつも困ってたよね・・・ 

穂積さんの少年は可愛い愛らしい少年で
弾を必死に探すのがすきだったな~ 

稲田さんの少年も可愛かったです。
少年1の姿を追うカッコウが好きだったのです~

2009年11月18日 17:19  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。