レ・ミゼラブル10/24マチネ@帝国劇場

前回の遠征では2階→1階と 見たので
今回は順番的に2階席(笑) 

今期、帝劇3度目のレミにとんできましたー




+++ 

感動に席種は関係ないんだなというのが結論です。

あまりにも感動してしまって
何となくキャスト別に書きづらいのでストーリー順で。

★prologue 1815ツーロン


バルジャンの「泉で乾きを~♪」を聞いたら
私の中でのバルジャンスイッチがONになってしまい(;_;)
バルジャンの話に思えてきた(爆)

バルジャン、司教様のとこではやっぱり銀のコップを3個とも
盗んじゃうし。パンまで鞄に入れちゃうし(笑)
でも蜀台を渡された時におびえるような目で
しっかりと司教様を見つめるその姿に涙が出ました。

そして『独白』・・・いやー、今期の帝劇やっとココで泣けました。
あ、決してこれまでがダメだったとかじゃないんですが
やっぱり私は橋本さとしさんのバルジャンが好き。
この独白では囚人→司教様までの出来事が
走馬灯のように思い浮かぶぐらい、葛藤ともがきが伝わります。
「パン1つの!!!!罪で~」の「パン1つ」という言葉に
とっても力がこもる気がします。
きっとバルジャンにとっては"たった"パン1つだったんだろうなって
「またあの地獄へ・・・」ここも「地獄」という言葉に
凄く力がこもっていて。。 

★Act1 

♪1日の終わりに

でアンサンブルの歌声を聴いたとき
思わず鳥肌がたちました。。
尋常じゃなく感動したんです... 
なんでだろう?さとしさんバルジャンで感化されたかな?
そう思ったのですが、よくよく考えたらこの日のマチネ。
「A班」アンサンブルさんがとても多い日でした。 
※2007博多座は2班にアンサンブルさんがわかれていたのです

ダントツA班に偏った見方をしていたからなのか聞きなれた
声質のハーモニーだというのもあったかもしれません。
あと、贔屓目もだいぶあると思われますが...

鬼気迫る感じ。


♪I Dreamed a Dream

とっても音が早く聞こえました。
ビアさんなので強いファンテなのだけど
帝劇の2階&今期の音響だとそこまで気にならず
歌ウマって感じで。 だけど、だからこそ?
とってもテンポが速くて重みがなかった・・・

♪ラブリィ・レイディ 


ここでの市長の優しさが格段にUPした気がします。
ファンテの「牢に入れられたらあの子は死ぬ~♪」で
市長の表情が牢と子供で反応していて
ジャベがきたことによって一度は顔を隠していたのに
前に出て行くのですよね・・・ 
馬車のときも「助けるものはいないのか!」では
既に帽子も渡してジャケットも脱ごうとしていて
助ける気マンマン... 下敷きの人の手を1度握り
「大丈夫だ」といって助ける優しさに涙です。

岡ジャベは「正義への美徳」が強い。

♪裁き

ここでのバルジャンの葛藤も涙涙でした...
2465さ~~ん↑で張り上げる声は
やっぱりさとしさん!!! 

♪ファンテの死では・・・
この手冷たくなるわ~の前には既にベッドに
座っていて。 暖めよう・・・がとっても優しい。
ファンテを抱きしめていいものか躊躇するのですが
死ぬ間際にしっかりと抱きとめたんですよね。
バルジャンの腕の中で死んだ彼女は幸せだったのかな?

♪対決
「これだけは誓う」とちゃんとファンテに
向かって歌うさとしさんが好きです。

■リトコゼちゃん
一生懸命な感じと、とーっても可愛い歌声と
そして何よりもビクビクとおびえた感じが
とても上手な子でした。

♪テナルディエ・イン

駒田サン×阿知波サン夫婦だったので
歌もお芝居の部分もやりすぎ感もなく
とっても面白くて大満足!!!

♪取引~裏切りのワルツ

「さぁ、もう怖がらないで」のバルジャンが
名古屋よりも数倍やさしいバルジャンになってました。
「名前をおしえて」を聞くたびに以前はちょっと
"知らないおじさんについてっちゃだめ!"とか思ってたけど(笑)
すっごく優しくてあったかくて。コゼットが
ついてった気持ちが分かった気がしました。
ら~ら~♪はファルセットなしだけど
ちょっとしゃがみつつ歩いていて・・・ コゼットが不安にならないよう
一生懸命不器用ながらもがんばるバルジャンに感動。

取引後のくるくるまわしちゃうのも
あははーと2人でお花畑状態で。
それもそれでとっても好き。
「さぁおいで!」も素敵だったし
おろしたあとにニコって笑って頭をなでてあげる優しさに
キュンっと胸が締め付けられました。


♪スターズ

岡さんのスターズはやっぱり好き
オケが薄く(軽く)なったのが残念ですが
それによって伴奏の音が「こうだったのか」と
明確になったのも確かかも?

この時点ではまだまだ自分の信じる
正義の美徳を掲げ、突き進むジャベールなので。
力強く、かつ美しくあって頂きたいのです。
もう既にその概念が覆されかけていると知らずに
前だけを見ていて欲しいのですよね。


♪ABCカフェ

何だろ・・テンションがあがって
でも涙がとまりませんでした。
コンブ→フイイ→クールの流れが勢いもあって。
マリウスの恋話に浮かれて、へらへらしてるプルベールさんを
何もいわずとも強い視線でグっとにらむ原田アンジョ。
それに気づき「うーん」って顔をして笑いをこらえるプルベール。

♪民衆の歌

フイイ→プルベールさんのレッドフラッグのリレーが好きです。
この時のプルベールさん表情は
一瞬驚いたように見えて、だけどその旗を広げたときに
スイッチが入ったかのように・・・まっすぐとキラキラと
輝きだします。とっても嬉しそうで誇らしげ。
とても素直なのだろうなーと思いました。
なんだかこの表情に涙が出て・・・ 
そして最後、プルベールさん→アンジョのレッドフラッグは
とてもキレイに宙を舞い。。 感動。

♪プリュメ街

聖子さんエポ×藤岡マリウス×美香ちゃんコゼット
大満足です!!!コゼット可愛いし♪
歌も凄く3重奏がキレイで。。
こんなにこのシーンで鳥肌たって感動したのは
久しぶりです。 
「彼が求めたらささげてしまうみんな・・・」のエポに
なんだか涙がとまらなくなりました。。
マリウスのバカー!!!って言いたくなっちゃいます(><)

♪one day more

バルジャンの「明日は~♪」が響いた時
どうしても涙がとまらなくなりました。
三角行進もとてもキレイで、みんなキラキラしていて。
レッドフラッグもとてもキレイでした。

★Act2


♪on my own
聖子さんエポは強がってるのにさびしくてさびしくて。
幸せの世界に縁などなーい♪
で涙がとまらなくなりました...

♪バリケード

死んでしまったエポを運ぶとき・・・ 

「撃て!」の時のクールフェラックさんが合図する姿とか
クールとコンブが地図をひろげて話あう姿とか
フイイとプルベールさんが弾をわけあう姿とか。。
グランがガブに毛布かけるのとか、drink with meで
笑顔でいるフイイ、ジョリ、プルベールさんとか。
1つ1つが儚げにすら見えます。
drink with meでは、お酒をすすめられたバルジャンが
お酒を断ったあと「みんなに」というのが好きです。

bring him home 
もぉ今までで1番良かったです(号泣)
バルジャンの気持ち。
マリウスからコゼへの手紙をよんだバルジャンが
申し訳なさもあって本当に彼の命を想った。
そんな大切な歌だからこそ大切に大切に
さとしさんが表現している気がしました...


そうまくんガブは、見るたびに演技が凄くよくなっていて。
ガブが死ぬときには涙がとまらなくなりました・・・
懸命になげた鞄はアンジョとマリウスが同時にキャッチ。
「たつのだ~」と鞄を掲げたアンジョは
ガブの死をどう受け止めたのでしょうか。 

バルジャンがマリウスが生きてることに気づいたあと
さとしさんは学生たちの死体を目にして
落胆の声をあげます・・・  
(これは他バルジャンはやらないのです~)
マリウスだけじゃない、本当に学生たち、その命を
大事に思ってくれるバルジャンがとっても好きなのです。


♪ジャベの自殺
「何もないバルジャンとジャベール」がやっぱり好きです。
何もないはずなのに、自分の美徳が崩れたジャベ。
この構図は何にもかえられない・・・
ジャベの死ぬほどの理由がどこにあるのか。
岡さんの歌うこのフレーズには全てがこめられている気がします。。


♪告白

さとしさんバルジャンの中で
ずっと1番好きなシーンです。

ジャンバルジャンという男が~♪と歌いだしたら
今までの光景が目によみがえっていきます。
そして全てを必死に生きてきた彼が
今想う、コゼットの幸せ。
マリウスに「誰だ?私は・・・」と聞く聞き方が
穏やかで優しくて、彼を信頼していて。
もう覚悟を決めているバルジャンの気持ちが響きました。

♪エピローグ

さとしさんバルジャンは若い・・・
おいた演技でも若い・・・というイメージがありますが
今回はとっても優しいパパ。
確かに他のバルジャンよりも若くは感じるけど
老いた演技も絶対に今期1!!!
「生きて・・・生きてみよう・・・」
コゼットを安心させようと必死に必死に答えるバルジャンに
涙がでました。 そしてマリウスをじっと見つめ
安心して死んでいくバルジャン。。

最後の民衆の歌では、ボロボロです。
「鎖は捨てて皆救われる」 そうだといいな・・・
革命に失敗した学生も、死ぬことを教わらなかったガブも
死ぬことを命の尊さを考えれないぐらい
まっすぐだった彼らが。
最後の最後に大好きな人の腕の中で死ぬことができたエポが。
みんなが・・・・ そう思えるそのフレーズの歌と
学生たちの表情でした。。


+++

前回よりもちょっとマイクのボリュームの件が
修正されていたようです。
耳がなれたのもあるけれど、、
A班が多かった?というのもあるけれど
とっても圧倒されて。とっても涙が・・・。。
そんなレミゼでした。 
「本当に今日はいい!」とおもえたし
こんなに泣いたのも久々でしたー

2009年10月24日 17:10  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。