ブロードウェイミュージカル Avenue Q

 

Avenue Qを観た直後の感想・・・

衝撃的!dashdashdash

 

ある純粋な青年が人生のPurpose(目的)を探し求めていくというストーリー。

Avenue Qという貧乏な下町に引っ越すところから始まり。

そこにはゲイや人種差別、様々な社会的現実がむき出しになって存在している。

 

何がすごいって

ちょっぴりずつ、人間の汚いこころを認めちゃってること!

人種差別なんてみんな少しはあるでしょ!とか。

ホームレス見てると憐れに思えて、自分が優越感に浸れるのよ、とか。

自暴自棄、とまではいかなくて、むしろ優しさを感じるっていうのがまた、いい。

 

いやー、すごいですねー。斬新もいいとこ。

舞台もパペットを使って人間が後ろで操作してるというスタイル。

声優さんというのか、後ろの人が一人でパペット二役やってる場面もあったりして

面白かった。

 

青年は最後に気づく。

自分のことばっかり考えてたけど、

他人のために何かする方がまじ気持ちいい、と。

 

ですよねー。なんだか私に向けて言われたようで (笑)

とにかく、まだドキドキしてます!

また是非、日本に来てほしいです!

2010年12月23日 21:00  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。