「RENT」


銀座・シアタークリエで公演中のロックオペラ、「RENT」。


1980年代のニューヨークが生々しくリアルに描かれる。
生々しいというのは、当時の汚さを露骨に、脚本家ジョナサン・ラーサン本人の言葉を使うと<リアルに>描いていること。

 

つばを吐き路上にうろつくホームレスたち。
薬物に喘ぐ者たち。
堂々と愛し合うレズビアン、ホモセクシュアルたち。
その中でHIVは一つの大きなテーマであり、登場人物のキーパーソンの一人、エンジェルという青年も途中で死を迎え、観客は哀しみに包まれる。

 

これが舞台になると絵になるのが、不思議だ。演出家エリカ・シュミットの腕と俳優たちの闊達な演技ももちろんあるだろう。

 

作品の着想は劇作家ビリー・アロンソンの「貧困や死と隣り合わせの日常」などのキーワードをきっかけに、プッチーニのオペラ、ラ・ボエームの現代化を思いついたところから始まる。
それが1989年で、初演が決まったのが1996年。
 

7年がかりの作品が集大成を迎えた公演初日前夜、ジョナサンは大動脈癌破裂で死亡。

 

彼自身の死がミュージカルを伝説にした、と言うと言い過ぎかもしれないが
彼の早すぎる死を惜しむ気持ちは、この作品がブロードウェイのロングランであることと決して無縁ではないと思う。
 

<自分や周囲の友人たちの<リアル>-売れないアーティスト生活の美学、社会における芸術の重要性、現代アメリカの不寛容、HIV・AIDSの脅威-を「RENT」に結実させた>と語ったジョナサンを忘れないように、そのエッセンスを永遠にするために。


 

ピュリツァー賞、トニー賞最優秀作品賞受賞も果たした。

 

音楽もロックやゴスペル、R&Bと、種類も多く面白い。今回生演奏のバンドがまたライブ感を膨らませた。

 

若者向けといった印象だ。

 

貧困のどん底で生きる若者たちの苦しみはこの作品のテーマ、シュミットが言うところの<決して希望を失わない>ことによって中和される。それは品のないSMダンサーたちのずぶとさ、仲間たちで夢を語る歌、愛を突き通す同性愛者たち、様々なところに散りばめられている。

 

恋人のミミが奇跡的に生き返る最後のシーンで、希望が絶望に勝つというのが、実に清々しい。

2010年10月12日 23:08  カテゴリー: | コメント(2) |

コメント

コメント(2)

RENTいいなー。
本当に大好きな大好きな作品なので
見たかった(T^T)

いろんな人間模様を描いているし
それがそれぞれにとっても
日本人からすると、オーバーなほどに
圧倒されるんだけど“現実”つきつけられて
さらになんだかちゃんと人生を向き合う勇気をもらえる気がする。


ところで、もしかしてMさんと観劇されました??♪

Mさんいたよー!笑

RENTはいろいろ考えさせられる。アメリカの雰囲気にも浸れて、楽しいっす
東京くるの待ってるよー!

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。