2010年4月
劇団四季 アイーダ

4月15日(木)18:30- 電通四季劇場にて

 

Elton John & Tim Ricespadeアイーダspade

 

ストーリー。
ラダメスという色男とアイーダというセクシー女の恋愛物語。
ラダメスの国はアイーダの祖国を侵略している、敵同士→禁断の恋。

 

ラダメスは愛してもいない女、アムネリスとの政略結婚を強いられるが
ラダメスの心はアイーダに奪われている・・・。

そして最後に待ち受ける悲劇

 

原作オペラのアイーダから現代版のアイーダへ、劇団四季はrecreateした。

アムネリスのファッションショーシーンなどを挟んだりして、
今の女性の心理をうまく掴んだと思う。

観客の多くが最後まで飽きずに舞台を見ていて、そして涙を流してた

 


ちなみにキャストは阿久津陽一郎と濱田めぐみのペアでしたheart04

阿久津さんは惜しみなく肉体美を見せてくれます。

濱田めぐみは甘い声や深い声、自在に操って魅せてくれた。

泣ける。笑える。

 


考えてみれば、昔に作られた舞台というのは、その時代のその場所の
観客の生活や考え方に密着している。

 

普遍的なテーマ、例えば男女の愛、人種差別、
そういったものは、時を超えても変わらない。

 

それをどう、現代に、受け入れてもらい、語り継いでいくか。

 

一つの成功例を見た気がした。


=====

アイーダの公演情報など詳細:  http://www.shiki.gr.jp/applause/aida/

2010年4月17日 23:34  カテゴリー: | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。