ブロードウェイ・ミュージカル 「キャバレー」
2月20日(土) 18:00~ 北九州芸術劇場


**

藤原紀香が見たくて...
 というのもあるけれど、本格的なブロードウェイの匂いがして行ってみました。

もち、満席。

で、、

ブラボー!藤原紀香、惜しむところなく
セクシーなダンス&歌を披露!!声もすごい出て素敵。

諸星くんのパフォーマンスにも驚いた。NY在住の彼。
生半可ではないエンターテイナーとしての生き様を見た。

曲も生のオーケストラだったので生々しい立体感があって、
舞台の質を上げていたと思う。


●キャバレーは、偏見、人種差別、いわゆる「普遍的なテーマ」が
  いくつか描かれている作品。

 ―バイセクシュアルに描かれているクリフォード・ブラッドショー(阿部力)。

 ―ドイツのナチス時代、そしてユダヤ人迫害。

 ―宿の女主任フロイライン・シュナイダー(杜けあき)と果物屋を営む
  老人ヘル・シュルツ(木場勝己)の、老人同士の恋。

 ―ベルリン女とアメリカ男の、国境を越えた恋。


 皮肉というべきか、人間性の中でも最も汚くて恥ずかしくて
避けられないエロス欲を商売にしているキャバレーが唯一のサンクション。

性別も宗教も年齢も関係ない。ただ官能に溺れる。許される空間。

 ベルリンのキャバレー、キット・カット・クラブで働くヒロインの
サリー・ボウルズ(藤原紀香)とクリフはここで出会い、恋をしていく。


●人生キャバレー

 キャバレーのMC(諸星和己)が、ステッキを振いながら、
 薄気味悪い化粧顔にアンバランスな笑顔でこう言う、

 「キャバレーには悩み事なんて存在しません。キャバレーじゃ人生はただただ美しい。」

 人生が、キャバレーにひっくるめられている。
 サリーが言う。「人生はキャバレー。」

 ナチスと今の時代とではだいぶ事情が違うし、ドイツという舞台と日本も、もちろん文化が違う。
 でも、納得のいかない社会の不条理は、いつでもどこでも、必ずある。

 こういう作品を世の中に出し続けていくことで、
    社会の不条理に目を向けること、忘れないこと、
           血を流し込んでいくこと、が、大事なのかなと。

 そうすることで、石のように硬くて変わらなくて
    今周りの人々を絶望や失望に落し込んでいる何かに、

 光があてられ、
    少しずつ柔らかくなって溶けていって、
       見失っていた希望や糸口が見えてくる―

 のでは、ないかなと。

 そんなわけで、良かった!! 
 今回福岡入りは2日間だけだったので、また来て再上演してほしい!!
 HP: http://2010cabaret.jp/index2.html

●キャスト

 脚本:ジョー・マステロフ
 作曲:ジョン・カンダー
 作詞:フレッド・エブ
 修辞・訳詞・演出:小池修一郎

 サリー・ボウルズ:藤原紀香
 Emcee:諸星和己
 クリフォード・ブラッドショー:阿部 力
 シュナイダー夫人:杜けあき
 コスト:高嶺ふぶき
 エルンスト:戸井勝海
 シュルツ:木場勝己
2010年2月21日 13:46  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。