2009年11月
劇団桟敷童子 「海獣」
「海獣」11月22日(土)13:00~ @西鉄ホール


東憲司さん演出の劇はエルスール以来、2回目。シリアスな劇でした~。

前回は野球の西鉄ライオンズが栄えてた時代で
 今回は「尊王攘夷」と言っていた幕末開花の時代、港町の横浜が舞台です。

昭和後半生まれの私にとっては恥ずかしながら
 馴染みの薄いというか、教科書とかテレビで聞いたことあるかな...といった程度です。

でもこうして劇にしてみると、ぐぐっと身近に感じますね。

というか、私は結構、泣けてしまいました(!)

外国人に身を売って稼ぐ...そんな定めを持った下町の女たち。
その定めを宣告された彼女たちは命を絶つという...。

悲劇です (T_T) 

...が、そんな中でも元気に負けずと生きようとする人たちも
  なんとか描かれていて、客席から笑い声があがることもありました。


それにしても劇団桟敷童子の皆さんの熱演、よかったです。

動きのある海辺の荒波や、紙吹雪などの美術仕掛けは見もの!
西鉄ホールの舞台をフルに活かした「動」の迫力がありました。

福岡公演は11月22日と11月23日だけなんですね。
これから東京と新潟公演も予定しているそうです。
詳細はHPで。
劇団桟敷童子HP: http://www8.plala.or.jp/s-douji/



***
11月22日「海獣」キャスト(当日のパンフより)

作:サジキドウジ
演出:東憲司
美術:塵芥

海緒...板垣桃子
海鼠の留吉...稲葉能敬
お島...鈴木めぐみ
波婆...川原洋子
丑松...原口健太郎
お春...新井結香
竹造...桑原勝行
豚芳...外山博美

遊郭・玉鈴楼の女主人 富士本...山本あさみ
女衒の大根梅次郎...小野瀬弥彦

霧音...椎名りお
志乃...中井理恵
都留...ヨネクラカオリ(劇団阿佐谷南南京小僧)
加代...大手忍

矢内瓢兵衛...深津紀暁
大穴寅吉...古味哲之甫
卯ノ助...井上昌徳
浪人 松尾彦三郎...池下重大
御札売り 海ノ獣鯨魂...もりちえ
2009年11月22日 13:44  カテゴリー: | コメント(0) |
博多座新春公演 女将の花道 -笑売繁盛物語-
博多座新春公演 女将の花道 -笑売繁盛物語-
1月16日 11:00~


 小学校を改造して建てられた、九州の山奥にある日の出温泉旅館。
 ひょんとしたきっかけで、大阪で絵画バーを経営してた真知子が、その宿の女将になることに。

 女将はしなやかで、面白くて、天然ボケもちょっと入っている。そして人情味あふれる、暖かい人。

 女将がつけた、宿のキャッチコピー:海の幸、山の幸、人の幸。
 宿には様々な人が訪れる。
 借金に追われる者や、離婚の危機に直面している若い夫婦。
 そんな人たちに女将は、元気を与え、生きることの素晴らしさを教えてくれる。

 中にはホモなんかも来たりして...なーんて、コミカルなテーストも
 ストーリー中にたっぷりと織り込まれていて、劇場は終始笑いが絶えなかった。

 女将が語る夢は、老人ホームをつくること。
 もう年寄りだからとかなんだとか、そんな枠はとっぱらい、
 なんでもできる、楽しいホームだそうだ。

 いい話! 女将に会いにいきたい人は、博多座まで。1月27日までやってます。
 

◆キャスト
 浜 木綿子
 左 とん平
 加藤 茶
 風間 トオル
 匠 ひびき
 西川 峰子
2009年11月16日 13:45  カテゴリー: | コメント(0) |
北島三郎特別公演@博多座
2009年11月7日(土) 北島三郎特別公演 @ 博多座



お天気日和の土曜日、行って参りましたさぶちゃん特別公演@博多座。

周りも年配の方が多かったですが、
親子とか若い女性たちとかもちょこちょこ見かけました。

見事に満席。


●さぶちゃんパワー

 それまで私の中のさぶちゃんと言えば
 
 「紅白歌合戦の人」。


 その他は年代のギャップあるし
 なんとなく演歌な世界で遠い感じだったのですが、、


 ...行ってみるもんですね。

 歌に感動!!会場かなり熱狂!!

 パワーもらっちゃった私がいました! 



 ていうか舞台がふつーに派手というか、すごい迫力です。
 下手な6500円的ミュージカル見るより、ずっと見ごたえありました。

 おすすめはパンフにも載ってる巨大七福神。
 ほんと。巨大。

 不景気な世の中だから縁起のいいものを選びました、とさぶちゃん。

 あ~~祭りだ祭りだ♪  ほんとお祭り騒ぎみたいでした。
 観客からかけ声とか「さぶちゃ~ん」と熱いコールも見られました。

 ところでさぶちゃんトークで、下積み時代の話をしてました。
 3曲で100円だったらしいです。なんどもくじけそうになりました。と。

さぶちゃんでも、そんな時代があったんですね。


●演目「木曽恋しぐれ」

 ちなみに第一幕は原譲二さん作・演出の木曽恋しぐれという演劇。
 いやこれふつーに泣けますっっ!!下町人情っていうんですかね、これ。

 水戸黄門とかぶるようなそこらへんの時代の話です。でも分かりやすい!


●えーっと

 国民栄誉賞の森光子さん。放浪記公演→2000回。

 さぶちゃん。来年3月の御園座@名古屋の千秋楽→4000回目の座長公演。

 数じゃないけど、やっぱすごいよね。ロングランだよね。

 これからも歌い続けてほしいです!がんばれ、さぶちゃん!



●博多座公演 11月30日まで。

 http://www.hakataza.co.jp/
 


※さぶちゃんラーメンって美味しいのかな。。
2009年11月 8日 13:44  カテゴリー: | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ステファニー★プロフィール
☆・。.ステファニーについて.。・。☆

プロフィール:
蟹座♀・A型・出身千葉県

漂流歴: 
ルーマニア(洞窟が好きで)
ケニア(マサイ族に会うため)
インド(マザーテレサ憧れ)

職業: 
メーカーP社勤務、普通なOL。

裏業: 
劇ナビスタッフ、執筆家。

言葉: 
辛くて悲しい別れを
美しい思い出に変えてくれる
力が歌という芸術にはあるのです。
↑↑美輪明宏さんの
  「愛と美の法則」より♪♪

※「毛皮のマリー」を見て
  舞台にハマりました。

ジャンル:
演劇/芝居、
ミュージカル、
能、
歌舞伎、
クラシック鑑賞など
幅広いジャンルが好きです。

最近はオペラに興味ありです。
ビデオですがヴェルディの
アイーダを見てぐっときました。

目的:

  『宝塚なんか見たことない…
 いや俺、そういうタイプじゃないから…
 舞台?何それ、いくらするの?…』

そういう人たちを
何人見てきたことでしょう。
そして何度その壁を
ぶち破ってきたことでしょう。
 
舞台は皆に開かれた扉、

何もオタクじゃなくたって、

その道ウン十年・ツー的な
批評家じゃなくたって。

思ってる以上に
身近なところに
あるものなんじゃないかなって、

少なくとも

私はそう思ってます。

このブログを通じて
巡り合った方々に、
こちらの世界へご招待
できたらいいなと。

どうぞよろしくお願いします。

興味があれば足を運んでいます。