劇ナビムービー
『博多座文楽公演』記者会見での迫力ある人形の試演。

 


『博多座文楽公演』
記者会見での
迫力ある人形の試演。

 

無形文化遺産に登録されている「文楽」が12月22日23日に博多座で上演されます。
文楽は、物語やセリフを語る「太夫」、伴奏する「三味線」、人形を操る「人形遣い」の三位一体で演じられる、世界で唯一の芸能です。多くの歌舞伎の演目は、人形浄瑠璃をもとに作られています。作品は、江戸時代より以前の設定で描かれる「時代物」と、江戸時代の庶民の暮らしを描いた「世話物」があります。

公演に先立って行われた記者会見で、人形遣いの吉田玉女さんが、試演を行いました。実際には、語りと三味線とが入りますが、『絵本太功記』の武智光秀の勇ましい動きを三人の遣い手によって見事に披露しました。

『博多座文楽公演』
【昼の部】
「絵本太功記(えほんたいこうき)」 夕顔棚の段・尼ヶ崎の段
「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」 酒屋の段

【夜の部】
「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)」 火の見櫓の段
「傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)」 新口村の段
「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」 阿古屋琴責の段

■公演期間 平成24年12月22日(土)・23日(日)
■観劇券発売日  好評発売中
■観劇料 A席6,800円/特B席5,500円/B席2,000円
■問い合わせ先  博多座電話予約センター092-263-5555(午前10時~午後6時)

【2017年4月28日】

前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら