ロミオとジュリエット~西本智実指揮「宿命」~

あこがれの西本智実さん指揮

九州交響楽団(九響)演奏のロミオとジュリエットへ!

 

オケの後ろに高い台があり

そこでバレエダンサーが演技をしながら

両側に字幕が流れるという新しい試み。

ロミオとジュリエットは、博多座で宝塚に見入ったおかげで

良い予習となってて。

もうそれはそれは字幕なしで「あぁ、このシーンね」

「あぁ。こういうこといってたな」なんて思えました。

ポリゾン幕(背景をうつす幕)がないにもかかわらず

そこには窓の格子や雲、木々の揺らぎも表現され

照明はまたとてもきれいで。。

そしてロミオとジュリエットは白

ティボルト側は赤、マーキューシオは青系統と

色も分かりやすく。。

乳母と神父にはやはり泣かされ…

 

西本さんのイメージは私の中ではあこがれのかっこいい女性。

だけど、思っていた以上にタクトさばきがしなやかで

思っていた以上に繊細に音を操る方で…

ぐいぐい引きずり込まれ

ダンサーさんを見ていない時間でも

西本さんだけですべてを表現されているかのようでした…

 

字幕の台詞はほぼ観ていません。

ただ、ナイチンゲールだとかひばりだとか

ちらっと目に入る言葉は

もぉ、星組を思い出す思いだす(涙)

ロミジュリ@宝塚のcdとdvdを早く買わねば!と思ったと同時に

西本さんのdvdも購入するしか

ないぐらい

やっぱり素敵だと思ってしまいました。

 

ミュージカルのハードリピーターになってから

生オケの演奏を聴くことが増えてから

指揮者で音がそして物語の色が変わることに

気付かされました。。。

それ以来、私はコンダクターというものに対して

とっても敬意を払っています。

中でも西本さんは同性としてあこがれであり、本当に大好きな方。

 

大好きなロミジュリの音楽が

こうも壮大に

だけど繊細に

時に大胆に、でもとても切なく。切なく。

死に絶える二人なのに切ないメロディなのに

とても穏やかに表現されていらっしゃいました…

 

帰って、ノスタルジーを聴いたのは言うまでもありません。

2010年9月 7日 14:36  カテゴリー: オーケストラ | コメント(2) |
福岡・九州地域演劇祭連続上演プレビュー公演「春、夜中の暗号」「よかっちゃん」9/4テアトルはこざき

2作連続上演で90分・・

このどうにもこうにも気にしなくちゃいけないじゃないかっ!

な作品を見てきました。

9/4 テアトルはこざき@プレビュー公演

 

 

『春、夜中の暗号』『よかっちゃん』連続上演

想像の余白を多く残しながら、観るものをその深い劇世界へといざなう、在福の劇作家宮園瑠衣子作品を2本連続上演。

 

 

『春、夜中の暗号』

 

Story

 

男の住む部屋には一年前から女の姿があった。

二人で暮らすには狭すぎるアパート。

平穏に見える二人の生活だが、ある日、かつての同級生が部屋を訪れ・・・。

あと数時間で四月を迎える夜の物語。

 

 

Cast

 

男:どん太郎(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

 

女:中村公美(グレコローマンスタイル/CAPRI)
 

ネギシ:吉浦彰彦(劇団HallBrothers)

 

 

******

 

なぞの男と女。

 

何も語ろうとしない、不思議な空気間。

 

この2人ってどういう関係なのだろうか?

 

そう思ったときにネギシが現れる。

 

彼によって、彼らの関係はかき回され次第にいろんなことが明らかになっていく。

 

不器用な男と女。

 

その二人の物語が何ともいえない面白さだった。

 

口であえて語らない、あえて本に書かない。

 

そこに何かの物語がある。見えないところにある物語を見せる

 

それはたやすくないはずで、でもそれをやった3人の役者陣には

 

とてもとても心をうばわれた。

 

気づいたら、見入っていた・・・

 

 

きっと不器用なんだろうなって思ったのです。彼女たち2人をみて。

 

最後のシーンで男がとった行動と女の言葉に・・・

 

だけど、人間って誰もがきっと不器用で

 

そこを隠そうとして生きている人が多くて・・・

 

ずっしりと、じーんと染み渡りました。

 

心の中に深く深く刻まれました。

 

浅い場所じゃなくて

 

とてもとても深い場所で。

 

いってらっしゃい。

 

彼の背中と

 

おにぎりを食べる姿に

 

涙がこぼれそうになりました・・・

 

 

 

 

 


 

そんな雰囲気の中。

 

次は客席参加の話が始まります

 

みんなでせみの鳴き声の練習から(笑)

 

 

『よかっちゃん』

 

Story

 

二人は、今までにない熱を感じていた。

蒸し暑さのせいか、苛立つ香里とその機嫌を取る隆。

うるさく鳴り響く蝉と止まらない汗、そして休業した居酒屋「よしおか」。

うだるような夏の日差しも、二人の失望をより一層大きくさせていた。

 

 

Cast

 

香里:ぽち(非・売れ線系ビーナス)


隆:旋風三十郎(演劇集団つむじ)


百合子:酒瀬川真世(che carino!/che carina!)
 

平田:山口浩二(劇団轍)
 

女:中村雪絵(劇団ぎゃ。)
 

コロス:岡本直樹
 

コロス:権藤拓
 

 

******

 

 

とにかく面白いのです。

 

客席参加型、屋根やらされました(笑)

 

でも楽しかった。

 

せみの鳴き声も屋根も

 

一体型っていうのは面白い。

 

ずっしりと漂った空気が一転した・・・

 

でも彼らはせみの泣き声を指揮するときと

 

役でいるときにはまったく違う顔をしていた。

 

そこでまたさらに「すごい」と思った・・・

 

どうなるんだ・・・と笑いながらみていたら

 

最後の結末に衝撃を受けた。

 

あまりの衝撃に劇場を出て段差でこけた(笑)

 

まだその空気から抜けきることができていなかった・・・らしいです(^^;

 

 

 

笑いがある中に「見えない何か」を見せ、空気をかもし出す

 

 

それはきっと力量が必要なのだと思います。

 

それをなしえたのは

 

役者であり演出家でありスタッフであり・・・

 

きっとお客さんの雰囲気によっても変わるのだろうなと思うと

 

本公演も見たくなりました。

 

 

最後に鳥肌がたち、

 

カッチーニのアベ・マリアが流れたときには

 

思わずウルっとくるかと思いました。

 

 

ちなみに。同じアベマリアでも違うものだったら

 

雰囲気変わってたと思います。

 

あたし、個人的にカッチーニのアベマリアが好きなので

 

なんかストンって落ちてきた感じ

 

 


 

総括note

 

見てよかった!

 

見れて良かった!!!

 

きっとテアトルよりも大きなぽんプラザへいくと

 

またぐっと変わるのでしょうね。

 

芝居の幅も、舞台のセットの距離感もいろんなものが。

 

箱が違えば芝居も変わる。

 

これは幾度となく、客席で経験してきたこと。

 

 

うーん、やっぱり見たいです!本公演!!

 

で、ガラパやっぱ好き!ドンさん素敵っ!!

ぽちさん、やっぱ素敵~っ♪

で、博多弁のお芝居はやっぱりぐっと臨場感というのか

馴染みが出ますね、、、

なんかそこに描かれる人間にリアルさがまして

生きている姿に生きていると実感します。

 

 

演者は役者は演技をしているのだけど

 

そこの空間に時代に場所に

 

生きている

 

と私はやっぱり思います。

2010年9月 5日 01:01  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
ヨーロッパ企画「サーフィンUSB」8/29ももちパレス

ヨーロッパ企画 第29回公演

「サーフィンUSB」

 

Cast

石田剛太

酒井善史

角田貴志

諏訪雅

土佐和成

中川春樹

永野宗典

西村直子

本多力

山脇唯

 

front_tokyo_olm.gif

 

「波」、とくに海の波にたいへん興味がありまして、

それは決まった形を持たず、いうなれば海面の「うねり」であり、

上下運動の「伝わり」であり、二度と起こらない「現象」であるという。

とてもオボロゲな物事であるにも関わらず、サーファーの世界においては、逐一それらに「チューブ」とか「グーフィーブレイク」とかご大層な名前が付いており、さらには「チューブの中に入ると周りの音が聞こえなくなって、まるで時間が止まったような、母親の胎内に戻ったような気分になるんだ」みたいな物語まで纏っており、あまつさえ、そうした物語に魅了されて一生を捧げる人までいる、というのは、ちょっとただ事ではないな、と。オボロゲなものに人生のけっこうな体重を預けるというサーファーの生き方は、それこそサーフィンそのものに負けず劣らずスポーティーなことだな、と感じると同時に、このオボロゲなくせに人を惹きつけてやまない「波」というものの正体を、芝居を通じて突き止めてやりたいな、と思いました。

本来ならばサーフィンを通じて暴くのが理想なのですが、

いかんせんサーフィンできないので今年の夏はこんな風です。

 

 

未来の話…水没した都会・東京(?)

その中でも秋葉原だけはドームに覆われ、

水害から免れていた。

水害から7年。

そこに集う人たちはサーフィンをしながら

波と共に過ごしている。

そこで巻き起こる会話劇…

どたばた喜劇…

サーフィンUSB。

 

*+*+*+*+*+

まずはステージの作りが面白かった!

何よりもっ!!

なんと!なんと!な、な、なんと!!!

ステージの中がいわば水槽みたいになっていて

サーフィンしにいってきますと

ビルから飛び込むと

ぬれてあがってくる。

そこには人魚がいるし

秋葉原のIT技術で疑似サーフィンを体験できたりするとか。

さらにさらに疑似サーフィンは疑似サーフィンでも

DL数によって自分が評価されているかのように感じた彼らは

躍起になる。でもいつか…そんなことはどうでもよくなり

人は自然という波と戦うのだ・・。

 

伝説のサーファーだと言われた人は

実はサーフィンなんかできなくて(笑)

 

やっぱりオチが面白い!

そして何よりも、やっぱりくだらない会話劇。

(褒めてます)

 

もやもやっとしたものとか

ううううーっとなっているものとか

なんだか吹き飛ばすとまではいかないけど

ちょっと忘れられる素敵な時間。

ヨロキカ、やっぱ好き!

2010年9月 2日 17:05  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
福岡・九州演劇祭「夏の夜の夢」8/27ソワレ@ぽんプラザホール

福岡は拠点に活動する21名の役者。

普段は異なる劇団に所属している役者が集結したこの企画。

シェイクスピア原作「夏の夜の夢」

現代風に翻案:川口大樹さん、演出:後藤香さんにより

わかりやすい祝祭劇が開催されました。

 

Story

アテネの森の奥深く、妖精たちの住むところ。

駆け落ちを決意した一組の男女とそれを追う男女二人が迷いこんだその森では、

妖精の王と女王がケンカの真っ最中。

いたずら好きの妖精パックは、王の命令で女王に「惚れ薬」を使ったいたずらを

仕掛けることに…。

一方、アテネの森の職人たちは、王の結婚式で披露するお芝居の稽古に一生懸命。

妖精パックのいたずらで、森の中の恋人たちの関係は思いもよらぬ方向へ?!

祝祭性にあふれ、夢のように不思議な世界を行き来する、一夜の恋の大騒動。

 

Cast

ハーミア・・・多田香織(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

ライサンダー・・・林雄大 (アクティブハカタ、劇団無限)

ディミートリアス・・・大澤鉄平(劇団HallBrothers)

ヘレナ…原岡利絵子(劇団ショーマンシップ)

イージアス・・・鈴木新平(九州小劇場)

シ―シアス・・・秋葉王我(劇団えのき岳遊劇隊)

ヒポリタ・・・坪内陽子

フィロストレート・・・川口大介

ボトム(織工・ピラマス)・・・笹本順子(The Jugons)

クインス(大工・シスビー父)…手島曜(14+)

フルート(オルガンふいご修理屋・シスビ―)・・・渡辺一心(劇団PA!ZOO!)

スターヴリング(仕立屋・シスビ―母・月)・・・原大介

スナウト(かけ屋・ピラマス父・石垣)…中原智香(劇団ぎゃ。)

スナッグ(指物師・ライオン)...小沢健次(劇団風三等星)

パック…杉山英美(ギンギラ大洋’S)

オ―べロン…彰田新平

タイタ―ニア…濱崎留衣(ダイガ―ジェットフィスト)

豆の花・・鶴田昇吾(演劇創作館椿桜)

蜘蛛の巣…峰尾かおり(劇団マニアック先生シアター)

蛾の羽根…織部僚太郎(九州ビジュアルアーツ声優学科)

芥子の種…山下キスコ(劇団カミシモ)

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 

 

原作 ウィリアム・シェイクスピア

翻案 川口大樹(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

演出 後藤香


シェイクスピアといえば…“難しい”

だけど、今回はそのイメージを払拭する作品でした!!

世界感、空間がとても幻想的。

一本締めならぬ、「一本はじめ」ではじまる夢の世界

そこはすっかりアテネです。

王女ヒポリタの上品で何か人を引き付け離さぬその魅力。

不思議な空気感と何ともいえない雰囲気。

そこにいる誰もが、彼女に吸い込まれてしまうのではないかと思うほど…

難しくないシェイクスピア。

だけど決して安易な訳ではなく、そこには深みも日本語の美しさも

そしてシェイクスピアの世界の美しさも残っている。

城も森もすべてを再現した空間。

演劇ってきっとこういうものだ!と思わせてくれた時間。

祝祭劇というだけあってのハッピーエンド。

だからこそ、少し涙がこぼれたのはなぜでしょう。

いたずらだったり、わがままだったり、ケンカだったり…

いろんなことが起きた一夜の物語。

だけど騒動は朝には収まり王たちは結婚の日を迎えます。

まるで夢だったかのような一夜の騒動。

その目を覚ました瞬間に舞台がすっと暗転するとき…

恋人たちの表情は、いつになく穏やかでした。

そして結婚のために劇をやろうと頑張る職人たち。

彼らのはちゃめちゃな稽古を観てほほえましくおもう王と王女。

彼らの一生懸命さに誰もが心打たれたのではないでしょうか…

 

「幸福はみなで分かち合うものだ。」

 

王の言葉はずっしりと心響きました。

1つ1つの言葉は心に響く言葉で

さすがは言葉を巧みに操るだけあるなと…。

 

演劇って夢なんですよ。きっと…

彼らが最後に言うのです。

すべてのお芝居が終わったあとに

夢を観て頂けたら幸せですと…

 

一夜の夢

私たち観客はその夢を求めて劇場に集います。

日常の嫌なことも苦しさも

なにもかも忘れ、1つの世界に

知らない世界に連れて行ってくれる。

どこでもドアみたいなものが私にとっての演劇

この祝祭劇が本当に心に響いたのは

役者が役者として世界を崩さずにいてくれたこと

そしてこの演劇に対してみんな本気でいたこと。

一本締めで暗転すると、そこはセットがあるだけの劇場…現実でした

 

夢か幻と言われば

本当にそうだと思うかもしれないぐらいに…

 

さて、次はどんな夢を観れるでしょう?

福岡の演劇はまだまだ成長していくはずだと思います。

彼らがいる限り。

これからも、もっともっともっともっと

地元を活性化していくことも大切なことじゃないかなって思います。

 

夏の夜の夢

リピートしたい作品となりました。

行ってみようかな…

2010年8月30日 16:13  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
SMAP LIVEツアー2010 We are SMAP!@8/22Yahooドーム

SMAPのLIVEへ行ってきました!

これはLIVEというよりもエンターテインメント。

ショーに近い。

面白い映像あり、さまざまな演出あり。

地球がテーマ。

ペンライトも地球儀です♪

ということで、メドレー中にはサンバ隊やチャイナドレスetc…

世界を表現したものも数多く。。。

 

嬉しかったのは懐かしい歌が聞けたこと。

一昨年も、超がつくほどマニアックな古い歌を歌っていて

かなりテンションUPしたのですが(笑)

 

今回も大好きな「オレンジ」や「Freebird」なんかも聞けて。

オレンジは大好きだけど、とっても切なくなります。

曲を聴くと想いでがよみがえるといいますが

あの曲を聴いてた頃、いろんな辛いことがあったな~

なんて今は笑えるけど…少し切なくて胸を締め付けられて

涙がでてしまいました。

 

そしてオリジナルスマイル・君色想いはもう王道!

昔、アニメ「姫ちゃんのリボン」が大好きで。

あの世代のあの時間帯の曲です(アバウト~笑)

 

笑いあり

ぐっだぐだだけど楽しいMCあり

がっつり4時間!

満喫しました☆

お席もよいお席で「はぁ~オーラあるなぁ」なんて

思いながら観ていました。

ダンスも演出も一種のショーです。

非常に面白かったです!!

 

君はきみだよ♪とか

懐かしくて嬉しくて、きゅんきゅんしましたっheart02

「短い髪」という曲。

いなくなった恋人(もしかしたら亡くなったのかな?)を想う歌です。

草彅くんのピアノで慎吾くんと歌います

切ないなーとぐっと心をつかまれました。

モニターに歌詞が映し出されるんです

だから…余計に言葉が心に重く響いたのかもしれません!

 

 

セットリスト

01.This is Love
02.SWING

(挨拶)
03.SHAKE
04.がんばりましょう
05.Dear Woman
06.僕の素晴らしい人生
07.セロリ
08.君はきみだよ
09.帰ってきたヨッパライ(草彅)
10.バンバンバカンス
11.世界にひとつだけの花


~ MC ~


12.We are SMAP -FunkyLude-
13.Memory ~June~(中居)
14.グラマラス
15.そっときゅっと
16.Trust
17.ダイナマイト
18.GAIAにおねがい
19.Five Respect 2010
20.FEEL IT
21.No Way Out(香取)
22.Weare SMAP -Bounce Lude-
23.愛や恋や(稲垣)
24.ひなげし
25.Cry for the Smile
26.らいおんハート
27.短い髪(草彅・香取)
28.Magic Time
29.オレンジ
30.Love & Peace Inside?
31.君のままで・・・ (木村)
32.SMAPのボジティブダンス
33.Going Over
34.$10
35.青いイナズマ
36.Let it be
37.We are SMAP

【アンコール】
 

38.Secret Summer
39.オリジナルスマイル
40.夜空のムコウ
41.スーパー☆スター(お客さんあげ)
42.KANSHAして
43.ありがとう
44.This is Love
 


【Wアンコール】
 

45.freebird
46.君色思い

2010年8月24日 18:23  カテゴリー: LIVE | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。