「Believer★」9/19福岡市民会館

福岡市民会館「ビリーバー」行ってきました!

 

Story

神様が見守る中―
小惑星が近付き、地球に危機がせまる。
世界各地の天体観測所では小惑星に関するレポートが続く。
そんな中、アメリカのとある観測所では天文学者ハワードが息子のスティーブンと一緒に小惑星を見守っていた。
しかし夜空を見上げたハワードが目にしたもの―それは、“八頭のトナカイと赤い服を着た男”だった。

 

ハワードはサンタクロースの存在を信じ、信じることの大切さを息子に語り続ける。
しかし9歳のスティーブンにとって、サンタクロースのプレゼントは両親が用意してくれるものと思い始める年頃

 

スティーブン「一晩で世界中の子供達の家を回るんだよ。そんなの信じられないよ。」
ハワード「科学的に説明できるものじゃないんだ。奇跡なんだよ。でも宇宙を見てごらん。
地球が存在していることのほうが、サンタが存在することよりもずっと不思議だ。」
スティーブン「でも…」

 

厳格で罰を与える冷酷な神様より、温和で優しく子供たちをいい子にさせるサンタクロースを信じたい―。
ハワードのサンタクロースに対する強い想いは、最愛の妻モリ―ンでさえ理解することが出来ず
モリ―ンの父親、学校の先生、精神科医…いつしか彼が想像する以上に周囲の人々へ波紋を広げていく・…

 

Cast

ハワード:勝村政信

スティーブン:風間俊介

モリ―ン:草刈民代

サンタ:川平慈英

 

作:リー・カルチェイム

演出・上演台本:鈴木勝秀

 


 

 

これは演出家、鈴木氏の言葉です。

私は、鈴木氏の演出する世界が大好きで大好きで。。

 

照明とかセットとか、作り出す世界でグッと…

そこにその空気匂いが漂うのです。そんな気が私にはするのです…

 

見えないもの、そこで生きる彼らにしか見えていないもの

それをかんじとれて、そこで生きる彼らが感じている温度を伝えてもらえる

 

そんな演出家だと私は思っています。

 

ビリーバーはサンタクロースを信じようとする男の話

信じるのではなく、信じようとする=信じることを決意する

そんな男の話です。。

 

 

 

信じる心を捨てて大人になるって、

そんなにいいことじゃない。

パパを信じろ。  ―ハワード―

 

 

息子のスティーブンはサンタはいないんだよ!

と必死にパパに訴えます。

 

信じれない、信じたくないそんな現実が次々に分かるようになる年齢。

それでも「信じる」って大切だと告げるのです。

 

風間俊介くんが演じるスティーブンは9歳の役。

見えるから舞台ってのは不思議で、必死に大人と子供の間で葛藤する

スティーブンがとてもとても心を締め付けました。

 

子供には見えない、だけどそれがスティーブンなのですね。きっと。

 

でも、パパがなくなってしまうのです。

彼は、パパに対してサンタを信じるなんて恥ずかしいよ。

僕は友達にも恥ずかしいおもいをしてるんだよ!と言います…

 

でもそんなハワードが亡くなったあとの彼は後悔しているように見えました

そして信じていくのじゃないかな?なんて思いました…。

 

草刈さんはモリ―ンと別に学校の先生も演じています。

地球が破壊されるかもしれない…なのにサンタの話ばかりする旦那に

だったら愛し合いたいじゃない!と必死に告げる彼女。

でも彼女もまた何かを信じていたかったのじゃないかな…と。

 

 

物事を疑ってかかるにはまだ早すぎる。

メリークリスマス!―サンタ―

 

川平さんは、サンタとかおじいちゃんとか精神科医とかあやしい店員とか占い師とか(笑)

大統領とか七変化です。。。

 

おじいちゃんのひげがとれちゃって、何度も風間くんがつけなおして

 

草刈さんもつけ直して、最終的には勝村さんにおでこにつけられていました。

 

サンタがひげなしだったときにスティーブンが「サンタなのに髭がないじゃない!」っていった

 

このサンタは「さっき取れたんだよ」ですって。

 

ほぼ勝村さんと川平さんのアドリブ合戦でしたww

 

 

9.11のあと、すべてが信じられない中で

サンタを信じようとするハワード。

 

理屈抜きにして、あの事件のあとすべての人が何かを信じれなくなったと思うんです。

 

この9.11を出さないまでも…それがベースにある作品っていうのは

何作か見ていますが

9.11.今でも「今日か…」なんてふと思うと悲痛な気持ちになります。

 

今回スズカツさんは、通し稽古ではなく細かく場当たり稽古をしたそうです(パンフより)

 

 

セットはシンプルな黒のボックスのみ。

 

 

それがセリフ1つでリビングになったり北極になったり。

 

子供のままごと?みたいな感じのセットなのに

そこにやっぱり温度やにおいを感じられる…

 

4人の出演者。そして1台のピアノの生演奏…

 

最後にはホロっと泣ける舞台。。。

 

やっぱり出来ればもう少し小さい箱で観たかったけど

なんだか、今年はサンタを信じられる気がして仕方がないのです…。

2010年9月21日 14:39  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
吉田兄弟~三味線だけの世界~@9/13アクロス福岡

0.OPENING

1.恋し

2.いぶき

3.Panorama

4.dual

5.津軽小原節

6.津軽三下り

7.月光

8.The National Anthem

9.伝えられゆく道

10.蒼月

11.百花繚乱

12.鼓動

13.朧月夜

14.津軽じょんがら節

EC モダン

 


吉田兄弟が三味線だけで魅せた世界。

兄はしさを、弟はかっこよさ

それぞれの個性カラーで伝えようとしている気がしました。

そしてECのモダン

それまではマイクを使い

背景に映像を交えながら様々な「世界」を表現していた彼らが

たった2丁だけの三味線で

原点であるモダンを演奏しました。

 

「これが吉田兄弟だ!」

そう言われている気がしましたweep

 

 

朧月夜では

会場中の方々が口ずさむ中

二人が優しく美しいメロディを奏でます。

次第に歌う人数が増え、次第に会場が1つになり…

そこには美しい月夜が見えました。

 

数日前に

宗像で観た壮大な星空をふと思い出しました。

 

 

三味線というものは決して敷居が高いものではなく

決して民謡というものは古いものではない。

これから先も誇らしく伝えていける

かっこいい「和」の世界である。。。

 

彼らから伝わってきた全身全霊のこもった

心からしびれました。

何よりも楽しいと思っているのが伝わりました。

2010年9月15日 15:51  カテゴリー: LIVE | コメント(2) |
GalaRibbon@MUNAKATA9/12アクシス玄海

大好きなGalaRibbon。

そして素敵な男性ゲスト2名での念願のGalaRibbon福岡公演!

2日間だけの豪華な時間を2日間とも堪能してきました!

いよいよ2日目。

GalaRibbonとてもかいのです。

だから私はGalaRibbonのLIVEが大好きです!!!!

 

 

【GalaRibbon】

 

池谷祐子:東宝身湯ージカルアカデミー一期生、アドヴァンスコース卒業。明治座「女ねずみ小僧」で初舞台を踏み、帝国劇場・博多座「ミス・サイゴン」ジジ役、「ブラッドブラザーズ」などに出演。今後は「モーツァルト!」「レ・ミゼラブル」に出演予定。

 

岡村さやか:都立大学在学中に東宝ミュージカルアカデミー一期生として入学。アドヴァンスコース卒業。「レ・ミゼラブル」少年2役、「コエラカントゥス」などに出演。今後はLIVE「unusual!」「オリーブ」「Into the woods」に出演予定。

 

本井亜弥:舞台芸術学院ミュージカル部本科を経て、東宝ミュージカルアカデミー第一期生に、アドヴァンスコース卒業。「ひめゆり」「マルグリット」「パイレート・クイーン」などに出演。今後は「unsual」「マルグリット」に出演予定。

 

この3人が出逢って、それぞれがミュージカル・ストレートプレイと活躍する一方2008年より「GalaRibbon」としてオリジナル音楽劇やミュージカルナンバーを中心としたライブコンサートをおこなっている。心に残る舞台づくりを目指し、観客と瞬間を共有できる表現・企画に挑戦している3人組。

 

 

【Special Gustes】

 

上野聖太:砂岡事務所所属。「ボーイフロムオズ」トリック役「テネシーワルツ」「GRAND HOTEL」「レ・ミゼラブル」プルベール役「ミス・サイゴン」「私のこの目で」「星降る夜に踊る恋バナ」など様々な舞台で活躍。今後は「オリーブ」「回転木馬」それぞれに主演予定。

 

港幸樹:劇団四季にて「ライオンキング」「オペラ座の怪人」退団後「レ・ミゼラブル」司教役「ミス・サイゴン」などに出演。今後は「モーツァルト!」に出演予定。

 

【Players】

 

酒井和子:ピアノ  山田はるな:ドラム

 

 


 

これはLIVEではありません。コンサートでもありません。

1つの完成されたSHOWです。

そして昨日より今日…それが増していくのが凄いのです…。。。

 

照明も幕を使った背景も

すべてがその世界を醸し出す。

1曲1曲は別の作品なのに…

その世界を崩さずにだけど1つの新しい世界になっている。

いってみればソンダンのようなもの。

だけど私はGalaRibbonが大好き!!!

女性らしく何度も衣装チェンジしたり雰囲気に合わせたり。

心遣いも素敵!!!

だから大好き!!!なのです。

 

やっぱりGalaRibbonといえばOP前のジェニエルドッツ(Cats)

これにあわせて携帯OFFとかのお願いを歌います。鳥肌…heart01

これ毎回、生ですよw

 

一部

 

 

・That'’s Entertainment(バンド・ワゴン)

 

・ショウより素敵な商売はない(アニーよ銃を取れ)

 

⇒2曲続けて。

客席より登場の3人。もうね、ハーモニーがまず素晴らしい!

誰がソプラノだとか誰がどのパートとか誰がどの声じゃないんです。

全員がいろんな声を使い分け、いろんな表現ができる

いっきにGalaRibbonの世界へ引き込まれます。

 

・映画ミュージカルメドレー

エーデルワイスで泣いたのははじめてです…(涙)

 

・TheSingin in the rain(雨に唄えば) 上野聖太

フェンディの傘だったらしいですよ(笑)

前日よりも幅が増していたというか…

なんかぐっと背景が見えてきました。

彼のもつ世界が劇場中に伝わり、

雨が降っている気がしました・・

雨の匂いも雨の音も聞こえてきました…

 

雨の日が好きになれるかも?とすら思いました…

 

・Man of La Mancha(ラ・マンチャの男) 港幸樹

もうアニソンにしか聞こえない…(褒めてます)

 

・星に願いを(ピノキオ) GalaRibbon

3人のハーモニーに鳥肌がたちました・・・

 

・Part of your world(リトル・マーメイド) 岡村さやか

変わりたい!変えたい!

わからないながらに…

涙が出ますよね。。。

 

・Color of the Wind(ポカホンタス) 池谷祐子

なんだかジャングルの森の中の匂いがしました。

そこを何か動物が走り、滝があり…

映画でみたポカホンタスの世界が見えてきました・・・

 

・Shadowland (ライオンキング) 本井亜弥 コーラス(岡村さやか・上野聖太・港幸樹 コーラス/ラフィキ池谷祐子)

前日よりはるかにはるかにはるかにパワーアップしていたのです

あやさんの声もコーラスの厚みも。

心のこもった魂のうたと、人の声の厚みと 人間の素晴らしさ に

圧倒されました。。。

 

・恋メドレー

 

+夢で逢えたら

笑顔になれちゃうのはなぜでしょうか?♪

+ダイヤモンド

女の子の気持ちまんま!

だってこんな名曲ないですよ!!!

+ひだまりの詩

会えなくなった人を思い出してしまう歌…

歌には思い出があるんですよね。

+晴れたらいいね

明るいのに涙が出るってなぜかありますよね♪

+逢いたくて今

でやっぱり大沢たかお主演のドラマ「JIN」の主題歌」でMISIAのこの曲

名曲です。。。

ボロボロ。なんでこんなにボロボロになるまで涙がでるのか

その理由はわかりません。。

だけどGalaRibbonが歌うこころからのおもいに涙が出るんです…

 

 

二部

 

・お楽しみ(短編3本)

オフBWミュージカルの3作品です。ラブコメディでものすごく面白い!

でもこれは、シークレットなんですって♪

 

・So IN Love(キス・ミー・ケイト) 池谷祐子 港幸樹

私も大好きなミュージカルです。

大人の歌を大人の二人がしっとりときかせてくれました♪

 

・Me&MyGirl (ミー&マイガール) 岡村さやか 上野聖太

前日よりも楽しさアップでした!!

サリー大好き!ってのが伝わる感じで♪♪

私大好きです!!タップじゃなかったけど

それでもね、こんなに踊るお二人はじめてみたし

本当に本当にランベスタウンにいそうなお二人でしたよ!

 

・Memory(キャッツ) 本井亜弥

ここからは怒涛のミュージカル曲メドレー

酒井さんのピアノの伴奏にあわせて

それぞれが作品と曲の紹介をします。そして、曲へとはいるので

作品の世界に別々の作品なのにすっと入ることができるのです。

お願い私に触って

この一言で涙線が崩壊しました…

 

・Defying Gravity(ウィキッド) 池谷祐子

エルファバが大好きな人のために

自分が悪ものになることを決意したとき

彼女は何を想ったのか…

この日、池谷さんに教えてもらえた気がしました。

 

・The Phantom Of the Opera(オペラ座の怪人) 本井亜弥 港幸樹

すっと後ろからあやさんを抱きとめる港さんのファントムが

あやしくてあやしくて…

どこかにいってしまいそうな、消えそうなクリスティーヌに涙です。。

 

・I’m changing (ドリームガールズ) 岡村さやか

エフィのナンバー。

この歌って今からやり直そうとするときに

かわるからと心をこめて歌う歌…

どうしてもどうしても一歩進みたいという気持ちが

ずさっと突き刺さるのです…

 

・At The Ballet(コーラスライン) GalaRibbon

彼女たちは別々の出会いで舞台に出逢いました

そして東宝ミュージカルアカデミーで出逢いました。

でも舞台へ対する想いは1つ。

きっと一緒だと思うのです。バレエがメインじゃなかったとしても…

だからこの歌で泣けるのかな…

 

・It’s Your Wedding Day(ウェディング・シンガー) 5人

さぁ君が主役!って井上芳雄さんも歌われていますが…

本当に大好きな歌です。Happyな気持ちになれます!!!

 

・Look at Me(イーストウィックの魔女たち)

3人のためのうたなんじゃないかな?って思います。

GalaRibbon3人で歌うのですが

イーストウィックも3人の話。

3人の女性が3人の女性の歌で、、、

だからこそ、出逢えてよかったと歌う3人には3人の歌なんだろうなと思います。

 

 

アンコール。

ここで、あやさんの所属していた宗像の少年少女劇団の子たちから

花束が贈られました。

一人つづ挨拶をしました。

みんなの想いに涙がとまらなくなりました。。

 

I LOVE YOU YOU'RE PERFECT NOW CHNAGE(I LOVE YOU YOU'RE PERFECT NOW CHNAGE)

さ、ここにまた帰る。

その歌詞からはじまるこの歌。

帰ってきて欲しい・・・心からそう思いました

楽しい歌だから絶対に泣きたくない!そう思ったのに

心は優しい優しい暖かい涙で溢れていました。。

2010年9月14日 14:42  カテゴリー: LIVE | コメント(0) |
GalaRibbon@MUNAKATA★9/11アクシス玄海

大好きなGalaRibbon。

そして素敵な男性ゲスト2名での念願のGalaRibbon福岡公演!

2日間だけの豪華な時間を2日間とも堪能してきました!

まずは1日目から。。。

 

【GalaRibbon】

池谷祐子:東宝身湯ージカルアカデミー一期生、アドヴァンスコース卒業。明治座「女ねずみ小僧」で初舞台を踏み、帝国劇場・博多座「ミス・サイゴン」ジジ役、「ブラッドブラザーズ」などに出演。今後は「モーツァルト!」「レ・ミゼラブル」に出演予定。

岡村さやか:都立大学在学中に東宝ミュージカルアカデミー一期生として入学。アドヴァンスコース卒業。「レ・ミゼラブル」少年2役、「コエラカントゥス」などに出演。今後はLIVE「unusual!」「オリーブ」「Into the woods」に出演予定。

本井亜弥:舞台芸術学院ミュージカル部本科を経て、東宝ミュージカルアカデミー第一期生に、アドヴァンスコース卒業。「ひめゆり」「マルグリット」「パイレート・クイーン」などに出演。今後は「unsual」「マルグリット」に出演予定。

この3人が出逢って、それぞれがミュージカル・ストレートプレイと活躍する一方2008年より「GalaRibbon」としてオリジナル音楽劇やミュージカルナンバーを中心としたライブコンサートをおこなっている。心に残る舞台づくりを目指し、観客と瞬間を共有できる表現・企画に挑戦している3人組。

【Special Gustes】

上野聖太:砂岡事務所所属。「ボーイフロムオズ」トリック役「テネシーワルツ」「GRAND HOTEL」「レ・ミゼラブル」プルベール役「ミス・サイゴン」「私のこの目で」「星降る夜に踊る恋バナ」など様々な舞台で活躍。今後は「オリーブ」「回転木馬」それぞれに主演予定。

港幸樹:劇団四季にて「ライオンキング」「オペラ座の怪人」退団後「レ・ミゼラブル」司教役「ミス・サイゴン」などに出演。今後は「モーツァルト!」に出演予定。

【Players】

酒井和子:ピアノ  山田はるな:ドラム

 


これはLIVEではありません。コンサートでもありません。

1つの完成されたSHOWです。

 

やっぱりGalaRibbonといえばOP前のジェニエルドッツ(Cats)

これにあわせて携帯OFFとかのお願いを歌います。鳥肌…heart01

 

一部

・That'’s Entertainment(バンド・ワゴン)

・ショウより素敵な商売はない(アニーよ銃を取れ)

⇒2曲続けて。

客席より登場の3人。もうね、ハーモニーがまず素晴らしい!

誰がソプラノだとか誰がどのパートとか誰がどの声じゃないんです。

全員がいろんな声を使い分け、いろんな表現ができる

いっきにGalaRibbonの世界へ引き込まれます。

・映画ミュージカルメドレー

いろんな音楽が聴けました♪途中のりのりで手拍子したり♪

楽しかった~!!!

・TheSingin in the rain(雨に唄えば) 上野聖太

傘を持って、ハットをかぶって演出つきで。

まるで作品の世界に引き込まれたかのように

雨の匂いを感じました、、

途中ですれ違う池谷さん。不思議そうな彼女に見られて

傘をさすしぐさもまた良かった。難しい曲ですが

今の彼には歌える!そう思っていましたよ♪

・Man of La Mancha(ラ・マンチャの男) 港幸樹

ヒーローソングと自身が仰るように

すごいアニソンのようでした…(いや、百年蔵ライブがよみがえっただけです…笑)

どんな声も操れる港さん、素晴らしい!

・星に願いを(ピノキオ)

3人のハーモニーに鳥肌がたちました・・・

・Part of your world(リトル・マーメイド) 岡村さやか

気付けば底は海の底。

そこにいるのは岡村さやかさんではなく

人間の世界に夢を抱くアリエルでした。

涙が勝手にこぼれてきました…

・Color of the Wind(ポカホンタス) 池谷祐子

ポカホンタス大好きなんです!名前忘れたけどあのアライグマみたいなのが大好きで

幼いころ、何度も映画館に行き、DVDまで買ってもらった記憶が…!!!

でもメジャーじゃないので、あまり聴く機会がなかったんです。

そしたらなんと大好きなポカホンタスを大好きなGalaRibbonがっ!!

涙があふれんばかりに…。

いっきに森の中。さっきまでそこは海の底だったのに。。。

・Shadowland (ライオンキング) 本井亜弥 コーラス(岡村さやか・上野聖太・港幸樹 コーラス/ラフィキ池谷祐子)

私、シャドウランドでこんなに泣いたのはじめてです。

確かに劇団四季 ソング&ダンス 55ステップスで涙がほろっときたことはありました。

でも、嗚咽するかと思うぐらいにボロボロと涙をぬぐうのも忘れて

(いや、正しくは小さな子をひざにのっけていたのでぬぐえなかったのですが)

涙がとめどなくながれました。

まず、第一に本井さんが福岡出身であるということ。

これはとっても大きな意味があります。宗像出身の彼女の凱旋ライブ。

そこで歌う旅立ちの歌… ふるさとを離れる彼女の気持ち、、、

尚更、地方住まいだからこそわかる気がして

そして男性の入るコーラス。上野さんの手の動き。。。

気持ちが伝わってくるんです。コーラスなのに。男性の声で深みも増すんです…

意味わかんない。私、この日を境にこの歌が大好きになりました。

55の記憶なんて飛んで行きました…(w)

・究極の男(イーストウィックの魔女たち)

サントラ欲しくなってたんですよ。前回みたGalaRibbonさんから。

で、また歌ってくださって嬉しかったー!

女3人が飲みながら、理想の男を語り合う歌。。女子会です。

はい(^^)うんうんってうなずきながらきけます。

そして・・・1部最後は

・恋メドレー

+夢で逢えたら

美しいハーモニー!

+ダイヤモンド

のりのりで手拍子です。むしろ立ちたかった(笑)

大好きな歌です!!!

+ひだまりの詩

最近はあまり聞きませんが、名曲ですね。涙がほろっと…

+晴れたらいいね

ドリカム大好きー!なので、こちらものりのりで手拍子♪

+逢いたくて今

大沢たかお主演のドラマ「JIN」の主題歌」でMISIAの歌です。

大好きな歌で私がはじめていったGalaRibbonのライブでも歌っていた曲です。

涙があふれてきました。女性ならばだれしもが共感するかしょがあるのではないでしょうか。

あなたの見たすべてを感じていたくて…

その歌詞が1番好きなんです。。。

心に染み渡りました。とてもとても深いところで、何かが音を立てて崩れて

気付いたらボロボロになってました。

 

二部

・お楽しみ(短編3本)

オフBWミュージカルの3作品です。ラブコメディでものすごく面白い!

でもこれは、シークレットなんですって♪

・So IN Love(キス・ミー・ケイト) 池谷祐子 港幸樹

私も大好きなミュージカルです。

大人の歌を大人の二人がしっとりときかせてくれました♪

・Me&MyGirl (ミー&マイガール) 岡村さやか 上野聖太

ダンス付き!二人で楽しくバカップル!!

岡村さんはしっとりした曲もパワフルな曲もこういった楽しい曲も

なんでもしっくりきます。

聖太さんは、それこそこういう楽しい曲がぴったりです!

いつか、やって欲しいなーなんて思えるお二。

長いテーブルで二人が遊んでる様子が見えてくるようでした…

・Memory(キャッツ) 本井亜弥

ここからは怒涛のミュージカル曲メドレー

酒井さんのピアノの伴奏にあわせて

それぞれが作品と曲の紹介をします。そして、曲へとはいるので

作品の世界に別々の作品なのにすっと入ることができるのです。

一匹の年老いた猫…そう聖太さんの声で紹介されたキャッツとグリザベラ

真黒のロングドレスで本井さんの歌う歌は・・・心のこもった叫びでした。

私が本井さんが大好きなのは「魂」がこもった歌だからです

届けようとしてくれるからなんです・・・

・Defying Gravity(ウィキッド) 池谷祐子

なぜエルファバは悪い魔女になったのか…

知っているウィキッドですが、もうねもうね池谷さん素敵でしたー

もちろん濱田めぐみさんがスバラしいことなんて

分かってますよ。でも池谷さんのうたにはやっぱり心がありました…

涙が……

・The Phantom Of the Opera(オペラ座の怪人) 本井亜弥 港幸樹

百年蔵ライブでも聴いたオペラ座。。。

さらに進化していました。導かれるように歌うクリスティーヌ

あやしく悲しいファントム。。

・I’m changing (ドリームガールズ) 岡村さやか

エフィのナンバーですね。

悲しい悲しいでも自分に気付いたエフィの私は変わるという決意の歌

夢と希望の裏に隠された挫折…

なぜでしょうか。。岡村さんの声に私はひきこまれていました。

・At The Ballet(コーラスライン) GalaRibbon

号泣… コーラスラインといえば思い出すのは

いつも悲痛な気持ちで通ったシティ劇場。

だけど、そんなこと途中で消えました、、、

1人1人がライブなはずなのに 生きていました…

・It’s Your Wedding Day(ウェディング・シンガー) 5人

 大好きな大好きな曲、大好きな大好きな演目。

もう楽しそうに歌う5人から目が離せなくて…

祝福 祝祭の意味をもつ「Gala」ここにきてその意味を

じっくりかみしめました!!!もちろん楽しみました(^^)

・Look at Me(イーストウィックの魔女たち)

ここからはじまる

ここからもう一度始める

そんな歌詞。

あやさんの凱旋公演。

地元で歌うというその絶大な意味。

旅立って、戻ってきて、そしてここからもう一度スタートするのですね

涙目になる3人に、そのココロからの歌に

涙がとまることはありませんでした。

で、イーストウィックのサントラが欲しいです(笑)

 

EC

I LOVE YOU YOU'RE PERFECT NOW CHNAGE(I LOVE YOU YOU'RE PERFECT NOW CHNAGE)

前回も聴いただーいすきな曲♪

愛を届けてくれる曲。

これもさぁ変わりましょう!さぁはじめましょう!

さぁここからが始まりです!って曲

楽しくて楽しくて素敵な時間は終わるけど

きっとここでパワーを貰って始められる!そんな時間なんですね!!!!

きっと。。

2010年9月14日 13:31  カテゴリー: LIVE | コメント(0) |
北島三郎特別公演@9月5日博多座

毎年恒例のさぶちゃんin博多座。

 

1部はお芝居。

オープニング芝居のあとに

映像が流れ、主題歌、出演者が映し出される様は

映画見てるかのようでした!

義理人情に熱い男を演じる北島三郎氏。

その人情に人々が惹きつけられる様子は

まるで北島三郎という人に観客がひきつけられる様そのものの気がして…

 

2部はお待ちかねの歌。

ペンライトをもったご年配の方々

私のおじいちゃん、おばあちゃん世代の方々が

一生懸命に歌ったり振ったり。

心から楽しまれていて。

どんどんと歌っていく北島さんに

すごいと思っていました。

そしてTAO!とダンサー!!めちゃくちゃかっこよかった!!!

TAOにくぎ付けでした!

最後の祭りは「白いトラ!!!」

これがまた素晴らしかった♪

 

きっと、人を引き付ける人には

それなりの魅力があるのです。

それを持っている「北島三郎」という人は

きっときっとこれからも人をひきつけ

そして離さないのでしょうね。

2010年9月 9日 18:15  カテゴリー: 博多座 | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。