スタッフ・ベンダ・ビリリJAPANツアー2010inアクロス福岡10/13

http://gekinavi.jp/theater/2010/09/japan-tour-2010.html

 

スタッフ・ベンダ・ビリリ。

小児麻痺で下半身不随となった車椅子ミュージシャンによるバンドです。

手動の三輪車型の車椅子に乗る4人のシンガー兼ギタリストたちを中心に、

松葉杖のシンガー、メンバーに拾われたストリート・チルドレンなど、

8人のミュージシャンから編成されています。

"ベンダ・ビリリ”とは「外見を剥ぎとれ」という意味で、

つまり「内面(の精神)を見よ」ということ。

外見は不自由でも精神は最大に自由なんだ」と語っているのです。

こんな"哲学的"バンド名を自分たちで付けて、日々路上で演奏し、段ボールで生活をしていました。
 


こんな“アクロス福岡見たことない!!

途中までは体を揺らしリズムをとりながらも、座って見ていた客席が

一瞬にしてほぼ総立ちの状態になった途端

そこはシャンデリアのあるホールではなく…一瞬にしてライブ会場。

もうZEPPかと思うほどの、いえクラブといっても間違いないぐらいの・・・

 

音楽は国境を越える

 

なんてよく言ったものです。

洋楽は聴いていて、英語だから何となく理解できる・・

けど、他の国の音楽って言葉を理解するのではなくて雰囲気が好きとか

オペラだって、自分が歌ったことがある歌は意味を理解してるけど

それ以外は「この方の声が好き」とか「好きな曲」とか

そういう意味で・・・でも本当に私はその言葉を理解していなかったんだと思います。

 

ほんとに音楽は国境を越える

 

これを体感した気がします。

バックスクリーンにメインの歌詞は翻訳されて

映し出されるのですが

途中からそんなのどうでもよくなったんです。

 

とても素敵な歌詞が沢山あるんですよ。

だけど、そんなんどうでもよくなるんです。

とにかくその場にある音楽の雰囲気に魅了されます。

 

一つ、何という歌は忘れてしまったのですが

 

太陽は誰の上にでも照る

 

という歌詞がすごく胸に突き刺さりました。

 

正直に言いますと…

 

私は、車椅子だから、貧困の国から立ちあがった彼らだから

という売り文句がきらいです。

彼らのハーモニーは素晴らしく、彼らの演奏は本当に素晴らしく

ロシェの手作り楽器は素敵な音を奏でます。

彼らのパフォーマーとしての力量は確かなものです。

車いすの彼らが演奏しているから凄いのんじゃないんです。

ただ、

彼らが見てきた世界は

私たちが知らないものばかり。

だから、彼らの歌から学ぶもの、彼らの歌が訴えているもの

彼らの現状そのものの歌詞には…考えるべき点が多くあります。

けれど、彼らが車椅子だから何でしょう?

ここまでたどり着くのに人の何倍も大変だったかもしれません。

幾重もの苦労を重ねたかもしれません。

けれど、あのアクロス福岡をまるでクラブのようにかえてしまった

彼らのパワフルな音楽、アフリカのコンゴの楽しい楽しい音楽

ノリの良い音楽。

それは彼らが車椅子だからですか?絶対に違う。

昨日、あの場で立ちあがった人たちは

あの音楽とあの空間でベンダ・ビリリと何かを共有したかったんです

きっと・・・

 

 

トンカラ(段ボール)という歌があります。

 

人間に「再起不能」なんてことは絶対ない
お前にもチャンスが予告なしに訪れる可能性もある
人生に「遅すぎる」なんてことは絶対ない
いつの日かオレもひと花咲かせるから

 

彼らが歌う歌は彼らが見てきた現実です。

だからこそ心がこもっています。

けど、それを越える音楽の力も本当のハーモニーも持っています。

 

10月30日、彼らのドキュメンタリー映画が上映されます。

西鉄ホールです。

なんて自分が贅沢で、なんて自分が小さなことに悩みながら

くよくよと生きているんだろうと思います。

きっと、彼らは私たちが思い描くよりはるか彼方に夢を描き

私が見るよりも壮大な夢を見ているのです。

彼らからしてみると、

私はただの井の中の蛙なのかもしれません。

 

 

もっともっと

世界を知りたいと思いました。

 

そして、彼らの音楽に出逢えたことを

幸運に思いました。

 

絶対に彼らを好きになれます。

心から彼らが音楽を愛しているのが分かるから…。

 

スタッフ・ベンダ・ビリリ。

男の中の男です。

すっごくすっごくかっこいい!!!

本当にそう思いました。

 

心から楽しかったー!!!!

ベンダ・ビリリに感謝です。

そして彼らに出逢うことができたこと、本当にこのきっかけを

くださったいろんな方に感謝です!!!!

2010年10月14日 14:01  カテゴリー: LIVE | コメント(0) |
シティ劇場再スタートと...

観劇日記ではないのですが…

 

シティ劇場リニューアル(?)OPENが決定!

 

まずはサトエリこと佐藤えりこさんとV6長野博さんの「りんご」

11/29・30にシティ劇場!!!

 

先日の井上芳雄さんコンサートにてチラシを入手してきましたshine

5144036_632113972_82large.jpgのサムネール画像

 5144036_632113964_48large.jpg

 

 

そして、2月にはKAAT(神奈川芸術劇場)オープニングプログラムになっている

V6森田剛氏主演の金閣寺。大東俊介くん・高岡蒼甫くんらが出演です♪

 

ワ―イ!ワ―イ!って感じですが

そんな井上芳雄さんは、、12月26日に

通われていた、ダンススクールのイベントに出演されるそうです。

 5144036_632150624_44large.jpg

これ、劇団四季を退団した谷内愛さんも出演♪

ちょっと行こうかななんて思っていたりします。

 

そして、シティ劇場・井上芳雄さんのリーディングとかぶってるのですが

平田愛咲ちゃん。レ・ミゼラブルでエポニーヌ役に決定している彼女

(屋根の上のヴァイオリン弾きではチャヴァ役をやっていました)

とそのお母様の公演があります。

 5144036_632150634_16large.jpg

 5144036_632150627_15large.jpg

 

愛咲ちゃんは・・・私は最初にお母様と

一緒に共演したコンサートから応援しているので♪

もちろん見に行く予定です☆

なんだか年末から忙しくなりそうです~

2010年10月 5日 12:39  カテゴリー: LIVE ミュージカル | コメント(0) |
泉見洋平LIVE@MUSIC CITY TENJIN inソラリアプラザ

「ミス・サイゴン」トゥイ役、「レ・ミゼラブル」マリウス役、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」アルフレート役。

そして先日はドラマ「ハンチョウ」(佐々木蔵之介さん主演)の最終話にて大滝秀治さんらと共演した泉見洋平さん。

アーティストとしても活躍中の彼のライブへ行ってきました♪フリーライブでございます。。

 

「セットリスト」

1.カーニバル

2.いまさらアイ・ラブ・ユー

3.シアワセはありますか

4.深紅ーくれないー

5.卒業

泉見さんご自身が昭和歌謡がお好きな影響もあるのでしょうか?

 

どことなくかしさ耳馴染みのいいにふっとの琴線に触れる歌詞。

 

OPのカーニバルのはノリの良いナンバーです。

椅子がない状態なので、スタンディングでみんな盛り上がっていました。

そして新曲2曲。

「シアワセはありますか」

私、この曲でなぜかポロポロと涙がこぼれてきました・・・。

歌う前に泉見さんが「みなさんもきっとどこかに幸せを置き忘れてきたとか

なんだかあの頃シアワセだったとか思い出す瞬間はないですか?」

みたいなことを言ったんですね。

そういうのを思い出すのもいいんじゃないでしょうか?って。。。

バラード調の曲、熱唱する泉見さん。

少し、TDV「サラへ」を歌うアルフレートと重なったのかもしれません…

いや、単純に染み渡るこころにずしっとくる歌でした。。

「くれない」はおなじみナンバー。

何度かしか泉見さんのオリジナル曲をアーティストとしての姿を見ていない私も

知っている「あぁぁ!!!」ってナンバー♪

そして最後は卒業。

何か心に決めたものがある人

絶対にどんな人の心にも響く歌…。。

それが、まっすぐまっすぐに届きました。。

汗だくの泉見さん。(汗っかきで有名です…)

熱唱してくださった歌はどれもとってもとっても素敵でした!!

そしてキラキラとしたオーラをまとってくださっていました!!!

2010年10月 4日 15:11  カテゴリー: LIVE | コメント(0) |
井上芳雄10周年記念コンサート9/28福岡サンパレス千秋楽!!

 

ミュージカル界のプリンスこと井上芳雄さん。

そんな彼の10周年記念コンサート。

全国ツアーの千秋楽はやっぱりふるさと福岡!!

そんな彼のコンサートへ行ってきました!!!

 

DVC00113.jpg

 

1部 ミュージカルショー ―光と影― 

構成・演出 小池修一郎 音楽監督 島 健

Welcome to the Theatre(アプローズ)

ようこそ劇場へ~♪絶対そうだろうなと思ったらそうでした♪

舞台は開演30分前の楽屋…

ファンレターを読む芳雄くんとその影のダンサー2人(芳雄さんのマスクで)

影を逃れて(モーツァルト!)

アレンジ風で。。二人の自分に追われる彼…

葛藤している様子をダンスと演技で影の部分も見せてくれます。

Casualty of love(ウェディングシンガー)

WSをご覧になった方はご存知のあの青ジャケットで!

ギターもって客席で「馬鹿いってんじゃねぇー」とがなりたてます。

4月には福岡でも…と発表がありましたが

やっぱりご覧になってない方が多い地方だからでしょう。。

「何だ?」って空気でした… あたしは爆笑でしたw

Grow Old with You(ウェディングシンガー)

同じWSの曲ですがこちらはギターで歳をとっても白髪になっても

一緒にいたいねって穏やかなうた。

心にすーっと染み渡る大好きな恋愛ソングです。

ジュ ヴォイ べ/ The wedding(ミスサイゴン)

爆音とともに2人のダンサーが銃を持って登場。

爆撃から逃れようと必死に逃げまどいます。

後ろには爆撃機がどんどん映し出され

いえ、その前に一瞬ヘリのような音がした瞬間に…

キタ―!!!と確信(笑)涙がではじめたらこの歌です…一瞬にして

2009年博多座へ心がタイムスリップしてしまいました。

神よ何故?(ミス・サイゴン)

WHY GOD WHY…今まで聞いたWGWの中で一番涙がでました。

芳雄さんの衣装はクリスで…

そこにいるのは井上芳雄ではなくてクリス。。。

私にはあのボロボロの建物と

彼にすがりつくベトナム人が走馬灯のように見えてきて…

溢れんばかりの涙を止めるのに必死でした。

表現の幅が広がったというと上から目線になってしまうかもしれませんが…

とてもとても深く深くすごく素晴らしいWGW。。。心に響きました。

I will Wait For You(シェルブールの雨傘)

私は井上芳雄Verのギイは観ていないのですが

その前に坂本昌行さんがやられたときに観たシェルを思い出しました。

自転車で雨のなか走るあの風景

独特の音楽。素晴らしい音楽。。

そこに井上さんの色がプラスされてそれはそれはもう…

戦争にいかなくてはいけない、召集令状がきた。

恋人に君は待っていてくれるだろうか?とそう歌う歌です。

切なくいつもこの曲には心を痛めます。。

ミー&マイガール(ミー&マイガール)

タップ板がキタ瞬間…キタ―!って

大好きミーマイ。サリーは?と思ったら風船でした♪

大好きなんです、ずば抜けて明るくなれるミーマイ!!

街頭の下で(ミー&マイガール)

これもミーマイですが、これは彼女をひたすら待つ男性の歌。

とても素敵なメロディと優しい優しい歌です。

そして愛がたっぷりな歌です♪

明日への階段(ルドルフ)

大好きな明日への階段!

大好きなルドルフ!帝劇にタイムスリップ!

選挙演説みたいな歌ですが…当時この作品でこの歌を聴いたときよりも

1つ1つの言葉にこもる魂みたいなもの

言霊というのでしょうか?それがすごく熱く感じました。

闇が広がる(エリザベート)

巷で噂の一人闇広。

これだけはネタバレを聴くまいと我慢…

なんとトートはまるでPS3か?というような映像の芳雄トート。

ちょっと石丸幹二さん風。

映像はゲームにできそうな感じのあやしいのに

そこに芳雄ルドルフ。彼の原点です…

誰のどんなルドルフも素晴らしいのですが

やっぱり原点は凄いです。。

僕こそ音楽(モーツァルト!)

M!でもっとも大好きな歌。。。

これを歌い終わると鏡前に戻ります。。

開演5分前。。

そう、そして1部の幕は下ります…。

 

2部

スペシャルコンサート

Man in the Mirror (マイケル・ジャクソン)

私も大好きな歌です。世界を変えたいなら、何かを変えたいなら

まずは鏡の中の彼からかえなくちゃ。つまり自分からかえていこうよ!って歌。

とっても前向きで明るくて、背中を押してくれるのです。。

I love You(尾崎豊)

アレンジがバラードだったんですが

すごく艶っぽいI love Youでした…♪素敵~

愛しかないとき

夜の通行人に捧ぐ

シャンソン2曲です。

とっても素敵な歌詞。愛しかない時は

愛しかなくてもそれでいい。

二人ならば…そんな歌でした。感動。そういう恋ってなかなかできないもんですからね。

Come Fly with Me

JAZZです。のりのりの。とっても楽しくなる

フランクシナトラの曲なのですが、私

THE BOY FROM OZ、NEVER GONNA DANCEというミュージカルに出逢ってから

フランクシナトラが大好きになったんです。

この2つの作品で名前を聴いて

興味があって聴いてみたら凄く素敵で。

古いのに色あせていないというか…芳雄さん超はりきってました!

JAZZ2曲目。うってかわってバラード。

Cry Me a River

河のように泣きなさいって歌。

男性に向けて女性が歌う・・・

あー、たまにはそれぐらい強くなりたいものですね(笑)

君の瞳の恋してる

英語Verでしたが、ダンサーさんとの最後の共演ということで。

そして、客席まで芳雄さんがーっ!!!

えと、ピンクのほうのダンサーさんのダンスが好きでした♪

ゲストコーナー

ゲストはクミコさん。

まずはお二人で

車輪

これはラブレターズで三木たかし氏が書き下ろしてくださった曲だそうです。

すっごく素敵なうたでした。

そしてクミコさんのソロで

祈り

広島の折り鶴をもっと少女のお話。

大切な大切なことを語り継いでいかなくてはいけないと

心のそこから思いました…

震えました。。平和って凄いことなのだと思いました。

No more(イントゥ・ザ・ウッズ)

Being Alive(カンパニー)

この2曲をメドレーで。ミュージカル界の大御所でもある

ソンド・ハイムのナンバーです。

Being Ailveは私も大好きです。

芳雄さんの楽曲解説でまた涙涙でした。

傷つけられたい、かまってほしい、でもほっといてほしい。

そんなわがままな曲です。だけど…

それが生きている。だから私と関わってほしいと…

人は一人では生きていけません。

辛いことも楽しいこともいろんな経験をして

きっと彼もそこに立っているのです。。

そんな風に思いました、そしたら私は涙があふれていました…

独房ソング(組曲虐殺)

井上ひさしさんの遺作となった曲で

蟹工船などを書かれている、小林多喜二さんの評伝劇のようなものです。

その中で、独房にいれたられた多喜二が見ず知らずの人に向け

愛を詠う…そんな歌です。歌うのではなく、詠うのです…

Time to Say good-bye

やっぱりこの曲でした。大好きな大好きな曲。

さようなら、という曲ですが

これは新たな旅立ちの曲。。

そして…

EC

Tears in Heven

エリッククランプトンの曲ですね。

もしも君に天国で出逢えたなら
僕の名前を憶えていてくれるだろうか

そんな歌詞の歌です。英語で歌ってくれました。

時には落ち込むこともあるかもしれない
疲れ果て挫けそうになることもあるかもしれない
傷ついて心引き裂かれることもあるかもしれない
どうか、どうか楽にして欲しいと請い願うことも・・・

だけど僕は信じてるんだ
その扉の向こうにはきっと安らぎがあると
そしてもう天国で涙を流さなくてもいい
そんな日がいつかきっと来るってことを

そんな天国で幼くしてなくした君に会いたいと願う歌。

優しい優しい歌。

芳雄さんが歌う前に言いました。

歌っているときにふっと井上ひさしさんや三木さんや

今まで出逢った方々の笑顔が浮かぶことがあると…

そうやって僕は生きているんですねと。。

涙がこぼれました。

歌っている井上さんのうるんだ瞳に涙に

私はもっともっと号泣していました。。

歌うたいのバラード

斎藤和義さんの曲ですね。

芳雄さんいわく僕のすべてですと…。

私、芳雄さんの選曲大好きなんです!!!

楽しくみんなで精いっぱいの笑顔で芳雄さんの笑顔が

1番1番輝いていました。

 

千秋楽お疲れ様でした!

本当に素敵な時間でした…

感謝。ありがとうございました。

いろんなものを頂きました。

愛が足りないときは愛をもらえばいい

僕もみなさんからいろんなものを受け取ります

そういう芳雄さんが

伝えてくださったいろんなものは

この日私の心にずっしりと響きました。

2010年9月29日 14:41  カテゴリー: LIVE ミュージカル | コメント(0) |
鬼が笑うかも?「雑記」~舞台の話いろいろ~

 

観劇記録ではないのですが…

観劇したいなーと思っていたりとか

「おぉ!」と思った情報をいろいろ拾ってきました♪

 

そんな訳で、えったんの演劇的徒然雑記shine

 

キャラメル・ボックス

「サンタクロースが歌ってくれた」

http://gekinavi.jp/theater/2010/07/post-25.html

上川隆也氏の演技にもぉ虜の私にはたまらないです。

北九州芸術劇場にて。11月13日&14日

 

「じゃじゃ馬馴らし」蜷川幸雄

オールメンシリーズのじゃじゃ馬馴らし。

こちらも北九州芸術劇場にて。

11月5日~7日

やっぱシェイクスピアは見ておくべきかなーとか。。

 

パンクオペラ「時計じかけのオレンジ」

小栗旬主演!!

共演は、橋本さとし、武田真治
高良健吾、山内圭哉 ムロツヨシ 矢崎広、桜木健一、
石川禅・キムラ緑子・吉田鋼太郎 ほか

これは見なくちゃでしょ!!!!

なんと北九州に来てしまいますup

来年2011年2月18日~20日で4公演。

チケット手に入れなくちゃですねーwww

どうしますかねー!!!!

わくわくしますね~(笑)

 

それから博多座さん。

1月 藤あやこ&坂本冬美
 

2月 坂東玉三郎&中村獅童 「高野聖」「将門」「海神別荘」
 

3月 中村勘三郎 
 

5月 北島三郎
 

8月 宝塚
 

9月 ミュージカル「三銃士」
 

このラインナップ!!!やっぱ「三銃士」ですね~。

今年の10月はもちろん、、「マイ・フェア・レディ」です!

 

それと、これは小劇場系ですが

飛ぶ劇場「蛙先生」@北九州

大系日本エクソダス(マニアック先生シアター)11月11日~14日@ぽんプラザ

踊りに行かないで(非・売れ線系ビーナス)10月22日~25日@ぽんプラザ

図書館的人生vol.3食べ物連鎖(イキウメ)11月23@西鉄ホール

これは佐々木蔵之介さんと中村トオルさんでチケット取れなかった

抜け穴の会議室をプロデュースされていたイキウメ前川さんの劇団です。

それと12月の博多座市民ヒノキ舞台。

といえば…!!!ですが、また福岡の演劇人が集います。

嘘つき鉄心 IRON HEART

これが12月17・18に博多座です。

川上音二郎もギンギラの大塚ムネトさんで楽しみですよね(12月12日)

 

あとはー…「ぺてんばなし」で仮チラシが配布となっていた

新妻聖子一人ミュージカル「青空」

来年2月4日エルガーラホールで2公演。

これも楽しみだったりします…♪

 

福岡ではないのですが…

宝塚雪組公演「ロミオとジュリエット」

2011年1月1日(土)~1月31日(月)(宝塚大劇場)

2011年2月17日(木)~3月20日(日)(東京宝塚劇場)

私がはまった星組さんではないのですが…

新しいロミオとジュリエットはとっても素敵だったので

行ってみたかったりします。。。

 

ロミジュリ星組さんは、DVDもCDも出るそうなので、

買っちゃいますね(笑)

 

でもやっぱり舞台は生!

先日、劇ナビスタッフさんがTwitterでつぶやいていましたが…

3D!3D!と騒いでいるけど、やっぱり生はもともと3Dですよね!

ってなわけで、演劇雑記でした。。

 

舞台は生もの~。

今は劇団四季 55stepsをちょっと観に東京に行きたい気分です(笑)

2010年9月22日 17:39  カテゴリー: | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。