博多座
エリザベート博多座千秋楽

 

全17回ぐらいみてしまいましたorz


 

張り詰めた空気がこんなにも心地よく感じるだろうか―。

 


博多座エリザベート千秋楽 


このカンパニーにとっては、これから先、中日・梅田へと続く長い道の通過点にすぎないのかもしれない。 
それでも大きな意味をもつ博多座千秋楽。 
前日から続く千秋楽公演は、客席のベクトルがエリザベートという作品や楽日キャストにむかっていた。 


この日は本当に最後。一体感のある空気・・・ 
作品を創り出し、人が人を演じその時代を生きるのは容易ではない 
その中で作品は日々進化し毎日違ったドラマがうまれ 
私たちは何かを受け取り、汲み取り、考える。 


幕が下りる寂しさもあるが、この心かき乱される喜びがあるからこそ、そこに人は集う。 


「エリザベート」として生きた彼女。 
彼女はトートになにを望んだのだろうか? 


シシィとよばれ、自由を愛しながらも皇后として生きなければならなかった彼女と 
その彼女の周囲の人々・・・。一人ひとりに生き様が見えた日だった 
劇中の多くの人が彼女に心奪われた 


トートも同じく彼女に心奪われた 
「おまえの命うばうかわりに生きたお前に愛されたいんだ」 
そのトートの戸惑い、嬉しさ、悲しさを表現したのがトートダンサーだ。 
いつもより丁寧にそしてダイナミックにこの日は舞っていた 
心から美しいと思った 


死へいざなうトートの死の影「トートダンサー」 
空を切る。静かな中に彼らの動く音が聞こえる、鳥肌が立つ・・・ 
「私が踊るとき」の曲中、彼らが空を仰ぎ静止する。 
シシィは歌う。シシィには見えない、そして存在していない影を意味しているような気がしたシーン。 
その静止の瞬間はいつも息をのむ。ぞくっとする。。。 
明暗のはっきりとしたステージの人物に夢中になる。 


千秋楽、なぜか涙がこぼれた。「画」として美しくて美しくてたまらなかった・・・ 
最後まで目が離せなかった 


気がつけば「悪夢」だった 
狂ったフランツや人々・・おそろしいまでの迫力のトートとトートダンサー 
そして・・・穏やかにトートの元へといくシシィ 
トートに抱きつくそのときに彼女はエリザベートから「シシィ」に戻ったように感じた 


カーテンコール、こんなにも幸せな気持ちで迎えられることはない。 
拍手と笑顔につつまれて幸せな夢の時間は幕を下ろす 

シシィからみたこの世界とトートからみた世界 
フランツやルドルフ 
それぞれに見え方は違うだろう。

そして 
色んな様々な見え方があり、様々な形で背中を押してもらえるだろう。。。 


そんな作品の中で 
中立とまではいえないが 
すべてを一歩ひいて見ているのが影で感情をもたない 
トートダンサーなのだろうとこの日実感した 
そう思っていたことがそうなのだろうなと気付いた 



次回、私は他の劇場でこの作品を見る 
梅田か中日かはわからないが・・・ 
また違った角度で何が見えてくるか 
そしてどう進化したか心から楽しみである

2012年7月26日 21:44  カテゴリー: ミュージカル 博多座 | コメント(0) |
三銃士(博多座・帝国劇場) アンサンブル解禁されてました!



2011年7月17日~8月26日(帝国劇場)
2011年9月 3日~28日(博多座)

 

全てのキャストが揃いました!

以下の通りです(敬称略)

楽しみですね!!!

 



出演
井上芳雄 橋本さとし 石井一孝 岸 祐二 瀬奈じゅん 山口祐一郎
シルビア・グラブ 和音美桜 吉野圭吾 伊藤明賢 今 拓哉 坂元健児

男性アンサンブル
青山航士 安部誠司 奥山 寛 加賀谷一肇 川口竜也 島田邦人 杉山有大 橋本好弘 原慎一郎 東山竜彦 藤田光之 松澤重雄 山名孝幸 横沢健司

女性アンサンブル
石田佳名子 碓氷マキ 柏木ナオミ 樺島麻美 久路あかり 鈴木結加里 水谷祐紀 安田貴和子 柳本奈都子

 

 

井上さんのウェディングシンガーも福岡公演が決定し

来年はミュージカル盛り上がりそうです♪

だって、ウィキッドも来ちゃいますしね!!!

 

2010年12月16日 16:30  カテゴリー: ミュージカル 博多座 | コメント(0) |
川上音二郎・貞奴物語 12/12博多座・夜

 

何だかんだで夜の部に行ってきました!

川上音二郎物語。


 

博多が生んだ川上音二郎。音二郎と貞奴の人生を舞台化!

100回忌記念公演のために福岡の演劇人が集結!

明治時代、自由民権運動からだ演劇改良に力を注ぎ渡仏、渡米に借金地獄。

とんでもない人生を送った男がいた!

 

川上音二郎には

アクティブハカタ 久保川友佑

アクティブハカタ・劇団無限 林雄大

ギンギラ太陽’s 大塚ムネト

(敬称略)

 

他にもギンギラ含め、徳永玲子さんやアクティブハカタ・CAPRIなどなど

福岡を中心に活動する人たちが博多座に集いました。

 


音さんは、180回以上逮捕!

それでもあきらめずに演劇の改革を進めました。

あなたは時代の先を行きすぎている

そう言われる音二郎を常に支え、一緒に頑張ったのは妻の貞奴。

彼女は日本で最初の女優です。

海外では女性も立派な人格を持つのだと、渡米・渡仏で学んだ夫婦は

日本で活動をはじめます。

 

貞奴という女性は女性から見ても共感ができる人。

そして、尊敬ができる人です。

川上音二郎、彼の無謀で突っ走る姿をぐっと支える彼女。

借金のため何もなくなった彼に「私がいます」という彼女は

すごくすごく素敵な女性でした。見習いたいものです。

 

音二郎として生きている間に亡霊と化した音二郎

(若いころにはムネトさんが亡霊、ムネトさんが音二郎のときは林さんが亡霊)

その亡霊はたびたびいうのです。

「頑張れ、私」「あきらめるな、私」と…

 

がんばることもあきらめないことも

簡単とまではいかないけど

頑張って諦めないでいるはずなのに

 

諦めることも勇気なのかもしれないと

心が揺らぐこともあって。

思い通りにならないことばかりの世の中に

幾度となく心が折れてダメになりそうになる。

 

だけど、今こうやって演劇をミュージカルを楽しめている原点に

川上音二郎がいるのだとしたら

彼を心から尊敬します。

川端商店街の入り口にいる音二郎の銅像。

 

 

そんな彼の話を地元で

 

地元の人たちが演じたこと

 

きっときっと多くの人の心に届いたのでしょうね。

 

 

あまりにもキャストさんが多すぎて

何が誰がって書ききれませんが…

みんな素晴らしかったです!

進撃に向き合う姿勢。=音二郎の演劇への姿勢

繋がっているなと思いました。

 

 

何よりも私は夫婦愛に涙がとまりませんでした。

2010年12月15日 14:51  カテゴリー: ストレートプレイ 博多座 | コメント(0) |
博多座11月公演・松平健主演「忠臣蔵」11/8夜公演

博多座へ行ってまいりました★

大石内蔵助―松平健

大石りく―紺野美沙子

八助―園田裕久

堀部安兵衛―伊吹剛

堀内右衛門―瀬川菊之丞

おしの―紫とも

瑤泉院―森ほさち

大石松之丞・主税―崎本大海

おはん―真島茂樹  ほか


普通の「忠臣蔵」とよばれる作品は、討ち入りをメインに描き

「彼らはその後切腹をした」という形で締めくくられます。

が。。この「忠臣蔵」は討ち入りのシーンはそれほどメインに描かれておらず

どちらかといえば、松平健さん演じる大石内蔵助の心理描写やりく・家族との関係を描いています。

1幕はそんな忠臣蔵がちょっとゆったりとしていて想像と違いすぎていたのですが

気付いたら、私は作品にのめり込み涙がとまらなかったのです。

 

時を隔てても変わらないモノ。

 

幾度となく書いてきましたが、

人の気持ちというものは普遍的で、人が人を想うという事に境界線はありません。

 

時代が違うからこそ、その時代のしきたりや風習などはあったにせよ

こんなにも切ない事実があっていいのでしょうか?

打ち入りの後、切腹の知らせが届くまで彼らは武家の家に預けられ

死を待ちます。

死を待つ。 死に方の決断がくだされるときには

早咲きの桜が届くのです、、切なすぎる。

 

そして、それをわかっているがゆえの離婚。

わかっているが故に自分の名をふせ、切腹のための着物を届けにいく妻りく。

 

預けられた武士たちはそれぞれに思う人がおり

死を恐れ

けれど口には出せず、ただただ静かにそのときを待つのです。


 

 

と、ここまで下書きをしていました。

そこで、、 松平健さんの奥様の訃報が舞い込みました。

どんな気持ちで演じたのでしょうか。訃報を受け、この作品を

夫婦の愛を、内蔵助のうつわの大きさを、寛大さを。

 

ただでさえ涙がとまらない作品でした。

 

互いを思いあう夫婦に

子供を大切に思う内蔵助に。

どうしてこんな切ないんだろうというぐらい

号泣した舞台でした。

 

・・・ただただ今はこの作品について考えるばかりです、、、

2010年11月16日 14:32  カテゴリー: 博多座 | コメント(0) |
2011年博多座「三銃士」ほか...ミュージカル雑記。

11月も半ば…

2010年も終わりが見えてきた頃でしょうか?

私は、あわただしい日々ながらも「三銃士 貯金」なるものをはじめました(笑)

 

2011年 博多座 三銃士

日程が正式に発表となりましたね★

001.jpg

9月3日~28日

ソワレはちゃんと18:00

なんとか走って駆け付ける日々でしょうか?(笑)

 

そして、まだ日記には書けていませんが

松平健さんの忠臣蔵にて7月「篤姫」のチラシをゲットしました!

 

002.jpg

国仲涼子さんだそうです。

 

松平健さんといえば…

先ほど、奥様の訃報をニュースで観ました。

博多座公演中・・・

お心お察しし、奥様のご冥福をお祈りいたします。

 

来年といえば、福岡ではウェディング・シンガー

井上芳雄さん主演なんかもかるーく発表になったままだったり

ウィキッド公演が決まったりと

盛り上がってきています。

 

雑記ばかりでなく、観たものすべて書き残せればいいのですが

その技量と速さetc・・・

身につけたいものです。。

 

2010年残りわずか!

楽しみましょう★

2010年11月15日 16:12  カテゴリー: ミュージカル 博多座 | コメント(0) |

1  2  3  4  5  6  7  8

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。