ストレートプレイ
トム・プロジェクト プロデュース「ダモイDAMOI‐収容所(ラーゲリ)から来た遺書」

7月13日 ももちパレスにて「ダモイー収容所から来た遺言ー」を見てきました。

damoi10_tirashi.jpg

CAST

山本幡男:下條アトム

野上貞信:新納敏正

新野伸吉:大出勉

 

***

 

終戦から65年という月日が流れても、今尚、戦争の文字が日常から消えることはない。

この不透明な時代に、戦禍が引き起こした悲劇をテーマに、あらゆる表現を通じて反戦の運動が繰り返されてきた。

演劇も然り。

この作品の原作は数々のノンフィクション賞を受賞した辺見じゅん著『収容所から来た遺書』で ある。

 

STORY

第二次大戦後、シベリアに抑留された男たちの物語。敗戦から12年目に遺族が手にした4通の遺書。

ソ連軍に捕われ、極寒と飢餓と重労働のシベリア抑留中に死んだ山本幡男氏のその遺書は、

彼を慕う仲間たちの驚くべき方法により厳しいソ連監視網をかいくぐったものだった。

悪名高き強制収容に屈しなかった男たちの、したたかな知性と人間性を発掘した珠玉の書。

声高に戦争の罪などを 問うわけでもなく、ただ真摯に生きる人間の姿を淡々と描くこの書の中に、

これからの生きるヒントがいくつも隠されている。

 彼らにとって、ダモイ(帰還)は見果てぬ夢だった

 

***

 

トム・プロジェクトの「ダモイ」の初演は2005年

今回で4度目になるそうです。

戦後65年、毎年この時期になると戦争を題材とした舞台や映画、テレビなどが増える気がします。

だけど、それ以外の日常では戦争のことって風化しつつある。

そして以前スイセイミュージカルの「楽園」を見たときにも思ったのですが

知らないことが沢山あるんです。

シベリアの収容所の話は劇団四季「異国の丘」を見て知ってる程度の知識・・

 

この話は実話です。途中涙がとまらなくなりました。

下條アトムさん演じる山本はテンションが高くおしゃべりが大好き。

最初はそれをうっとうしく思う野上。

彼は上司に裏切られたことにより、日本に帰還できなかったのです。

そして収容所を転々とします

彼の閉ざされた心を開いたのは山本が連れてきた新野との再会。

そして彼が教えてくれた山本の真実。

彼は辛いことを乗りこえ、じっと耐え、そして決して逃げることなく

ここに至ったのです。

すっごい精神力。想像を絶する過酷さだったことでしょう。

拷問されたり、裏切られたり。

けれど彼は日本を忘れることなく、遠くはるか彼方の日本へ

海を渡っていく風が日本の木々を揺らすと思いを馳せるのです。

 

山本は、のどの不調を訴え病気になります。

きちんとした医者にみてもらうことすらできず

町の医者で診察を受けた時にはのどに腫瘍があり手遅れでした。

彼は、友人たちに即され遺書を書きます。

でも誰が戻れるかわからない。遺書なんかを持っていたら

スパイ罪になる…彼らはこっそりとすべての文章を暗記します。

病床で、意識朦朧としつつ、やっとの思いの握ったペンで書いた遺書は

しっかりと堂々としたものでした。

家族へ向けた愛にあふれた文章でした。

 

シベリアへ送られてよかった…

そう言える山本は強いと思います

人間が生きるということはどういうことなのか

このシベリアで学んだ…と。

 

みんなが家族に思いを馳せる中

山本はなくなります。

たった独りで。誰にも看取られずに。

 

人間に境界線はない。

 

時代が変わっても変わりないものがある。

 

なんだか心に染み渡る友人たちの温かさ

そして生き抜いた山本さんの人生

 

私たちが忘れてはいけない真実。

それが戦争なのです、きっと。

2010年7月13日 22:14  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
舞台版「大奥」7/3@博多座初日

5144036_49650860_142large.jpgのサムネール画像

舞台版「大奥」博多座初日

いってきましたーup

博多座で舞台の初日が土曜日

しかも満員御礼!!

立ち見や補助席が出てる・・・

活気溢れるロビー

そして、ついに!ついに!

「大奥」の幕があがりました。

本編は1時間×3幕の構成で

間に30分と25分の休憩が入ります。

拘束時間は4時間。

だけど、その1時間1時間が

なんだか・・・あっという間にすぎてしまい

もうなんだか気づいたら明治時代へ・・・

って感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式HP:http://www.oh-oku-play.jp/

STORY

大奥・・・そこは将軍・徳川家を支える女たちが住まう場所。

将軍家の血筋を絶やさぬよう、さまざまな陰謀、嫉妬、裏切りが渦巻くところ。

ある人は大奥を「女の牢獄」と呼んだ・・・


時はペリー来航により開国を迫られる江戸時代末期。

外交問題などで対立が深刻化した朝廷と幕府を融和させるために、

孝明天皇の妹、皇女・和宮が十四代将軍・家茂に降嫁することになった。


大奥に入っても京風を貫こうとする和宮が大奥に馴染むはずはなく、

家茂の実母・実成院との対立は決定的に。


そこで大奥総取締・瀧山は大奥を仕切るために、和宮、実成院と対立しつつ、

その存在感を示していく。

しかし、そんな女たちを吹き飛ばすかのように、時代は大きく変貌を遂げようとしていた。

 

CAST

瀧山:浅野ゆう子  和宮:安達祐実

初島:中山 忍    将軍家茂:金子 昇

お園:松尾れい子  

鷲尾真知子 山口香緖里 久保田磨希 

羽場裕一 多岐川裕美 ほか

 

++++++++++++

 

いやー泣きましたcrying

嗚咽するんじゃないかってぐらいに...

3階席からの観劇だったのですが

ココロで感じる大奥。浅野さんが記者会見で仰ってた言葉通りですね。

(劇ナビの記事を参照くださいませ。)

時代は江戸。歴史物なのに、なんだか新しく新鮮

音楽もあのドラマの曲や、耳なじみのいいものばかり。

瀧山が登場したときには「かっこいいー」と拍手が巻き起こりました。

物語の重みを軽くして調整する役割は大奥3アミーゴス

いつも食べてばかりだったり、何かと掻い摘んでいる歴史の流れを説明してくれたり。

とってもわらっちゃいました。

 

瀧山にも・・・過去があった。

大奥を取り仕切る瀧山。女の牢獄、男子禁制。

その中で、上様の妾となり、いい名づけと結婚できず自害するお園。

そんな悲しい「大奥」 そこを取り仕切るため、彼女は人間の心を捨てたのです。

彼女の影が描かれると同時に、彼女のに涙がとまらなくなります。

将軍 家定・・・彼を愛した瀧山は彼が亡くなった大奥で死ぬと決めていたのです。

彼女はいいます。(ニュアンスで・・・)

あなたはいつも遠かった。生きていても遠かったのに、今もまだ遠い。

ずっとずっとどんなに手を伸ばしても届かない人 だと。

切なさに胸が熱くなり、色んな感情が入り乱れ涙が溢れ出しました・・・weep

 

和宮は大奥での生活に慣れることができず

家茂と本当の夫婦になりたいと想いを伝えます

名前で呼んでほしい。

現代では当たり前のことすら、あの時代、あの中では許されなかった。

御代とよばれ、お園の自害により心に傷をおった将軍。

でも、天真爛漫な和宮に心を許すうちに彼女に寄り添い始めます。

 

なのに、時代がそれを許さなかったんです。

家茂は将軍として戦へ・・・

そしてそこに待ち受けていたのは病死。。。

 

ドラマで知ってたはずなのにとまらない涙。

わかっているのにとめられない涙。

ぬぐってもぬぐっても、零れ落ちる涙をとめられず

泣き続けるしかなかったです。


人が人を想う気持ちに境界線はありません。

どんな階級だろうがどんな時代だろうが

相手を思いやったり、好きな人を想ったり・・・

 

だから瀧山が僧侶である柳丈と出会い、彼が家定とうり2つだった時に

どうしていいのかわからず動揺したきもちだってわかります。

大好きな人の声とか匂いとか。人間ってそういうの記憶にのこっているもので

あの声!とおもって振り返ると違う人だったりとか

あ、この香水・・・ってふと思い出す人がいたりとか。経験あったりしませんか?

その柳丈が言うのです。

人は誰でも罪を背負って生きている ・・・と

グっと突き刺さりました。

そして同時に少し心が軽くなりました。

罪というか・・・誰だって心に傷があったり、人にはいえない影があったり

重荷を背負っていたりするものだから。

瀧山は彼と決別する時にどんな思いで言葉を発したのでしょう。

辛いけれど、大奥の総取締としてしっかりとしなくてはいけないとき。

辛い決断だったのではないかとおもいます・・・

 

そして実成院瀧山の戦い

実成院和宮の戦い。

私はどちらかといえばこういった女の修羅場的な要素が強いのかな?と

想っていたのですが違ったのですね。

 

かなり、1人1人が人間的に描かれていて

悲しくも美しい人間模様。

そこに豪華な衣裳とセットがあって煌びやかで。

ドラマのシーンが持ちいれられていて。

最後はちゃんと前を向ける。

顔を上げることができる。


1幕終わった時点でチケ追加決定でした(笑)

5日も観にいきますが、もう1度11日にも行くことになりました。

ストレートプレイというか、時代もののお芝居。

だけど殺陣もほんのわずか。

カーテンコールのためだけの瀧山のダイヤモンド入りの打掛。

お芝居というにはもっと現代的で

ミュージカルではないからストプレ?

でも、そういうにはあまりにも時代劇的で。

だからこそのスーパー時代劇。その舞台版。

すっごい時間、空間を体感させて頂けたのだと思います。

博多座さんの夏は暑いですねっ!!!lovely

2010年7月 3日 20:20  カテゴリー: ストレートプレイ 博多座 | コメント(2) |
万能グローブカラパゴスダイナモス「すごくいいバカンス」5/29ソワレ@IMZホール

福岡演劇フェスティバル イムズ企画作品

イムズホールで行なわれた

万能グローブガラパゴスダイナモス(以下ガラパ)の作品を観て来ました!

 

作・演出:川口大樹

出演:椎木樹人 多田香織 どん太郎 松田裕太郎 松野尾亮

横山祐香里 阿部周平 川口大樹

 

http://www.galapagos-dynamos.com/sugoku_special.html

 

*ストーリー*

リゾートバイトと呼ばれる長期滞在型バイトに勤しむ連中と、
彼らのなんだか中途半端な楽園から送る、はりこのバカンスコメディ。

(フライヤーより)

 

++++

 

セットを見て思ったのは、ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」?!って(笑)

ヨロキカを見るようになって、ガラバに興味を持った私。

初ガラパは、ガラパ念願のイムズホールだとか。

とーってもヘトヘト(精神的にも体力的にも全て)で観にいったのに

ないはずのパワーがどこからか生まれ、笑えて笑えて。

だけどちょっぴり泣けて、心に染み渡るステキなバカンスでした。

 

台詞劇、普段の言葉の掛け合いそのものって感じの言葉の掛け合いと

登場人物一人一人のキャラ設定がしっかりしている。

何よりもありそうでない設定の中で、ありがちな人間模様が描かれていて

そlこに見える1人1人の心の中が伝わってきまshた。

 

誰よりも今のままでいい、と先へ進むこと

変わることを恐れている楠木サン。

周囲との関係を考えて、本当は別れていることをいえないでいる

荻原と代末。自分のペースで自分らしくしか生きられない堤。

人生の再スタートを望む大鹿。

 

私は楠木さんの気持ちがとてもわかります。

変わることはコワイ。本当は前に進みたいのに

考えてるという理由をつけて、今が楽しいといって現実から逃げて。

その変わらなきゃいけない日がこない気がして・・・

だけどいつかはやってくるんです。

その日は・・・時間は必ずやってくる

心のうちを吐き出したとき、そこに集まった皆は清々しい顔になっていました。

 

雨が降ればあがる。

虹が出ることもある。

夜は毎日やってくるけれど

朝も毎日やってくる。

 

そんなことを思った作品でした。

恐れるなと背中を押してもらえた気がします。

絶対!またガラパみたいです!!!

自信を持って誇れる福岡の劇団の1つだといえるのではないでしょうか。

2010年5月29日 23:02  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
THE39STEPS-秘密の暗号を追え!3/2@福岡市民会館

福岡市民会館へ THE39STEPS 秘密の暗号を追え!
を見に行って来ました♪

*Story*
1935年のロンドン。ミュージックホールで銃の発砲騒ぎに遭遇した
リチャード・ハネイ(石丸幹二)は、アナベラ・シュミット(高岡早紀)と名乗る
なぞめいた女性に請われて彼女を自宅へ連れて帰る。
自分はスパイであり、イギリス軍の重要機密を守るために追われていると
アナベラが告白したその夜、彼女は何者かに命を奪われる。
翌朝、アパートの外にはアナベラを追っていた2人の男がハネイを待ち受けていた。
何とか男たちを交わしたハネイは、自分がアナベラ殺害の容疑者として
指名手配されていることを知る。殺人の疑いを晴らすためには、アナベラの任務の
なぞを解き、真犯人を捕まえるしかない!警察・スパイ・殺人者を巻き込んで
ハネイの逃走劇が始まったー!

+++

サスペンスの名手、アルフレッド・ヒッチコック監督による映画「三十九夜」を元に
作られた本作。出演者はたったの4人。

リチャードハネイ 石丸幹二
そして、高岡早紀・浅野和之・今村ねずみの4人で139役。

+++

石丸さんのストプレは劇団四季時代「プラックコメディ」という作品で
拝見した以来でした。その作品もコメディであり、ストレートプレイ。
そのときにも感じた「演じている側もコメディである作品を楽しんでいる」感。
今回も同様に感じることができました。

どんなコメディでもですが、演じる側が楽しくなければ
観ている側は楽しくないのです。
でも楽しみつつマジメにやっているからこそ!!面白かったりもするのですよね♪

石丸さんはリチャード・ハネイという1役を演じています。
体当たりのコメディ。台詞で笑わせるというよりも・・・
動き、動作で脇役である浅野さん、今村さんが笑い要素を補っていたりします。
でも不思議とその世界感にはまっていき
石丸さんのハネイがマジメに頑張っていても何だか面白くなってくるから不思議。

石丸さんが途中、間違えられてしまい
演説をするシーンがありました。
力説する彼はとっても素敵でしたー。
何でしょうか?お声がとても素敵ですね。

以前よりも、なんだか物腰がおだやかというか
とても自然体というか・・・
観ていて肩に力をいれなくていい。
ナチュラルに楽しませてもらえて、その空気を客席にも流してくれる。
やっぱり私はこの方の演技に魅力を感じてしまいます。


東京では、小さな箱での作品だったので
その面白さはきっと倍増だった気がします。
市民会館は広すぎました・・・。
それだけが心のこり。。。

高岡さんには紅一点の美しい役を全てもっていかれ
微妙な女性役は今村さんや浅野さんにもっていかれ・・・(笑)
身体を張った笑いは前説で演出助手の方が
「考えてはいけない」といったその意味がよく解る気がします。

前説で演出助手の方がいわれていたのは
とにかく深く考えないこと!

面白いと思うと素直に笑いました。
声を出して笑うって楽しい!空間にゆだねるがままに
楽しいと思えることに楽しいと共感し、笑うこと。
素直に声に出すことって素敵だなって思います。


今村さん、浅野さんは人物だけでなく
物すら演じます。半分づつ違う衣装をきて
はやがわりのようにドタバタと笑わせてくれます。
巧妙に作られた、台詞での笑いではなく視覚的要素がとても強く
箱が大きいが故に台詞が聞こえにくい欠点はありましたが
それでも十分に楽しむことができました。


純粋に楽しむことって難しいですが
変な邪念をいれずに与えられたものを素直に受け止め
ただ楽しむ。そんな楽しみ方ができる作品でした。

2010年3月20日 18:58  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
女将の花道1/7ソワレ@博多座

博多座「女将の花道」行ってきました。
http://www.hakataza.co.jp/kouen/index_h2201.html

うーん、和物ストレート芝居って
結構個人的には好んで行くものではないのですが・・・
今回は演出が寺崎さんということで。ちょっと期待しつつ。
そんな感じで行ってきました。

寺崎さん、実はこれまでは
「屋根の上のヴァイオリン弾き」などのミュージカルを演出されていて
初の和物。そして、この作品が博多座のために池田脚本で
書き下ろされたものだということで。

なかなか面白い作品でした!

パンフレットみてビックリ!
横田大明さんが出演されているじゃないですかっ
( レミゼラブルなどにも出演されています) 


【ストーリー】
大阪で絵画バーを経営する浅野真知子(浜木綿子)のもとに
幼馴じみの佐竹次郎(左とん平)が同窓会の案内を持って現れる。
しかし小学校は廃校になって今は旅館になっている?
真知子は40年ぶりに故郷の九州は日の出村を訪れる。

山奥にある日の出村は過疎化が進み、村長まで逃げ出している始末。
もちろん当の旅館も寂れた雰囲気...。
さらに翌朝起きてみると旅館の経営者たちの姿がない!?
温泉を掘った時の借金が返せず、
銀行員山川朝雄(加藤茶)の取立てに夜逃げしていたのだ。
真知子も呆れて帰ろうとしたが、
密かに真知子に想いを寄せる次郎と、
借金返済の為に経営を続けて欲しい山川の頼みに、
旅館の女将を引き受ける。
引き受けた上は手を抜かないのが真知子。
キャッチコピーは
「山の幸、海の幸、人の幸―ここに来れば元気になれる!」
宿泊客参加型の山菜取りに農業体験コースと
自然豊かな日の出村の特性を活かしたアイデアと
西野良二(風間トオル)京子(匠ひびき)夫婦や
月島マヤ(西川峰子)らの協力もあり
徐々に旅館経営は軌道に乗るが...。


+++

とにかく左とん平さんと加藤茶さんが
アドリブなのか台詞なのかわからないぐらい
面白いやりとりを繰り広げていて
めちゃくちゃ笑います。
最後の最後、加藤茶サンが台詞を思いっきりいったらつばが
めっちゃ左さんの顔にかかり会場大爆笑!というのもあり。

浜さんが請け負った旅館には
問題をかかえた人たちが沢山あつまってきて
その問題を1つ1つ抱えながら
その旅館の従業員や村の人々が少しづつ成長していくという
単純明快なストーリーです。

でも忘れてしまいがちな「ありがとう」って言葉を素直にいったり
大変なことが多いけど「頑張る」と自分を奮い立たせる姿に
とてもとても勇気を分けてもらえます。

冒頭は、浜さんの大阪のバーから。
絵画バーでの新年パーティー。
そこでホステスに扮する女性陣が歌って踊ります。
「ミュージカルにきたっけ?」と思ったり(笑)

そして最後のシーンも歌です。
始まったばかりの作品でネタバレのなるので
どういうシーンはまでは書きませんが
みんなで大合唱をします。
この歌、劇中で1度歌うシーンがあり
そことの伏線になっていてとてもホロっときます。

何よりも面白いのは本物の旅館の女将さんが出てきて
旅館のPRをするという演出。
それを劇中で毎回違う温泉旅館の方に登場してもらい
記者やくの役者が写真をとるのですが
それ以外に客席側からも博多座のスタッフさんが
写真をとります♪

そして転換中に緞帳をおろしていてかかっている音楽も
そのとき雲が流れているかのように緞帳にうつしだす照明も
寺崎さんらしいなと思いました。
私は寺崎さんって風景とか自然とかに照明を
あてるという「絵」の作り方がうまい方だと思うんです。
日の出村という田舎の村の自然への光の出し方
照明の使い方、そして音の使い方が抜群で
転換中の和物ってちょっと間が「間」っぽくて
いやだなって思うときがあるのですが今回はそうも思わず・・・

そのバーでのダンスも寺崎さん
さすがミュージカルの演出されてただけあるなと。
もちろんミュージカル役者じゃないので
皆さん歌にはバラつきはありますが
その動きというかバランスの取り方がキレイでした。

以外にもホロっとくるシーンが多く
だけど妙に面白くて。
四季ソンダンでもらったパワーとはまた違うんだけど
何だか「大切なもの」を忘れかけているんじゃないかと
ちょっと気づかせてくれるような気がしました。

個人的には風間トオルさん演じる夫婦の
もどかしさと素直になれなさと
最終的に笑顔が見えたときが何よりも嬉しかった!

妙にうまい間の取り方とか
客席巻き込んで一緒になって楽しもうとして
作品の世界に取り込もうとするとか
そういうのってすばらしいですよね。。

左さん演じる次郎がとってもいいキャラで。
加藤さんの演じる銀行員が情けなくて(^^;

でもみんなが真知子を見ていくなかで
心動かされ、「自分本位」ではなくて
「人のために」という生き方に共感し
自分を見つめなおすようになるんですよね。
そしたら、物事がどんどんプラスの方向に動いていく。

人のために見返りを求めず
がむしゃらに頑張る!

「人生は冒険や!」

とても印象に残った一言です。
そのとおりだなって。。
とても楽しめました。
たぶん音楽もすごく素敵だったのもあります。
寺崎演出だと思って贔屓目もあるかもしれませんが・・・

ミュージカル慣れしている私でも
親しみが持てて楽しめる舞台でした。
最後にはおひねりを投げていましたが
やっぱり何かが飛んでくると避けてしまう私(苦笑)

博多座は落ち着きますね!
「行ってよかった」そう思える作品です。

2010年1月 7日 16:57  カテゴリー: ストレートプレイ 博多座 | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。