ストレートプレイ
BPE.Acid Waltz 3/1ぽんプラザホール

 

とても久しぶりに

ブログを更新します。えったんです。

観劇から遠ざかった訳ではなかったのですが

しばらく諸事情でここにアウトプットすることから

離れていました。

さすがに、覚えてないようなものの覚書程度のものから

掘り起こし昨年のものを書くことはできませんので

3月以降に見てきたものを

徐々にかける範囲でアップしていこうと思っております。

離れていた間に楽しみにしているとのお声をいただいていたようです、

本当にありがとうございます。

 

今回、書くものと別にウィーンミュージカルコンサートにも

行ってまいりました。それも後日書かせていただきます♪

まずは3月1日、観劇しました作品を。

 


 

BPE.[バイプ]

九州を拠点に俳優として活躍する、鶴賀皇史朗(CAPRI)、豊永英憲(劇団きらら)、林雄大(ACTIVE HAKATA/劇団無限)、山下晶(グレコローマンスタイル)の4名を主体とした、クリエイティブユニット。ユニットメンバーは俳優に限らず、アーティスト全般を対象する。それぞれの所属団体の活動を主軸としながら、演劇というフィールドをベースに、BPE.という集合体により生まれる、表現・創作の可能性へと挑む。

 

Acid Waltz

地下サークル「神の息吹」 そこに集う3人の男。

「思想家」「革命家」「政治家」

コードネームをつけ、素性を隠し、彼らは日々のちょっとした刺激を楽しんでいた。

しかし、ある「男」の加入により、その三拍子のリズムにゆがみが生じ始める。

「破壊なくして、再構築はあり得ない」

かつてない、男の雰囲気・言動に誘われ、いつしかその発想も規模も巨大化し

彼らの想いは、破壊テロ行為まで発展していく。

その暴走に困惑する思想家。

そんな最中、男はある告白を始める。

明るみにされていく真実。

思想とは何か、政治と革命、暴力と破壊・・・

そして彼らが最尾に選んだ救いとは・・・

悲しいまでに人を見つめた男の記録。


 

 

何かを観劇して久々に凄まじいアドレナリンがでました!!


とある地下組織に 集う男たちの話。 

OP映像が三種類あって  (日替わり) 

これがいわば物語の導入に繋がるわけです。
一作品しか見れなかったけど、導入が違えば 受け方が違うと思う。 

 

そういう「頭」使う作品です。だからこそすっごい心地よい疲労感があるのです。

こういった作品は本当に私は久々でした。

たぶん「私のこの目で」という作品を東京で見て以来だと想います

もちろん他にいろんな刺激や感動を得る作品はありましたが

この頭使った疲労感は癖になるんですよね(笑)



ユニット結成の初作品で初日。 
独特の客席の舞台に対する探り合い空間で最初むずがゆくて、 
でも劇場の匂いがしてわくわくしました。(劇場特有の匂いってスキです) 
 

作品が進み、徐々にヒートアップしてく空間で登場人物が感情を吐露し始めたら 
物語と人物の加熱するスピードにいろんな空気が混ざって
次第に演者が役として生き始めたときに 
そこにぐいぐい引き込まれて、そのスピードに のまれて、、、

 
圧巻でした。 
 


久々にフル回転して考えて 
変な感じではない 
いい考える余韻が残りました。

 

これってこういうことだよね?

と作品について語り合いたいというか

いろんな解釈がきっと生まれるのでそれを聞いて見たいって感じの「考える余韻」




実際、荒削りだと思うことはありましたが 
それでも濃密な空間に終演後、ちょっと 立ち上がるのを忘れました。 

静寂なのかなとおもっていたら

すごくすごく熱があったのです。何かが起こりそう。

そんな熱を感じた・・・



いい考える余韻は 
私には活力です。 
この作品を語りたいと思えること、その高揚感や幸福感はなかなかない。 


幸せでした。 



捉え方それぞれだし、荒削りな部分で 
マイナス評価もでるかもだけど 
私は久々にずっしりきて満足です! 



この集団がどこまでやるか。 
を、しりたい。 



 





男臭いいい作品です。 
映像もかっこいい。 

そんな作品。

 

(というのを自分メモで残したのが

まだ千秋楽までだったので

内容にまったく触れていないです・・・)

 

Cast

鶴賀皇史朗 豊永英憲 林雄大 松野尾亮 山下晶

2012年3月16日 03:00  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
非・売れ線系ビーナス第15回公演「hideの真似して死ぬなんて」1/27湾岸劇場博多扇貝

非・売れ線系ビーナスの本公演。

今回は劇団員のみ!客演なしの1時間もの!!

ということで、サンパレスの下にある「湾岸劇場博多扇貝」まで行ってきました★

 

非・売れ線系ビーナス

http://www.hiurevi.com

 

 

あらすじ

hideが死んだ日。私はショックで立ち直れなかった。CDを最大音量で流しながら泣いた。

泣いて叫んだ。壁を叩いた。親にぶたれた。ウォークマンを持って跳び出した。

帰ってくると、弟が、タオルで首を吊っていた。

ごめん、hide。私、hideより弟が好きだった。

 


Cast

ユイ/女1 林良子

サユリ/女2 ぽち

タケオ   北拓晃

ミチカネ/獄卒 田坂哲郎

演出 木村佳南子  脚本 田坂哲郎


 

タイトルにまずインパクト!

どんな話なんだろうか?と劇場に入りセットと空間を見て思うことは

見終わってどんな気持ちになるか。。。

 

暗くなった瞬間、妙にはきはきを喋る女性が二人何かの作業をしている。

 

ちょっと緑と紫が混じったような不思議な空間の中で・・・

 

何があったのか?誰なのか?まったくわからないままで。

そこに突然入ってきたのが「弟」であるタケオ。

タケオはhideのファンで後追い自殺をしたのです。

そこにいる女性にねえちゃん!サユリさん!と声をかけるけど

それはねえちゃんでもサユリさんでもない…

 

何ともいえないもやっとした不思議な空間。

そこで彼は自分が死に13年たったことを告げられます。

そして現実の世界をのぞくのです。

 

と、こうやって書くと「重い話?」と思いますが

笑いどころはいっぱい!

 

現実世界。13年前のことを振り返りながら掃除をする

サユリとタケオの姉ユイ。ユイは変な男(ミチカネ)にせまられている

なんて話をしながら…。

女性二人の喋り方、動き、表情の変化と共に1段上がっていた死後の世界と一段下がった場所にある現実世界

そこでのギャップにキャラクターの明確でメリハリのある違いに本当に

役者ってすごいなと改めて感服しました。

 

これから公演は残っているのであまり書くと

ネタバレになってしまいますが...

とにかく何が凄いって「言葉」の「表現」の幅と

照明そしてキャストの力でした。

 

人生を積み重ねて…という謎の男ミチカネ(めちゃくちゃ妖しくてとても面白いw)

その彼を追い出したあとに姉ユイはいいます。

私はすり減らしているんだーってたぶんって。

コピー用紙のように積みあげられたものがすって1枚づつなくなるの・・・と。

でもその後、サユリが言うんですよね。

すり減らしていくと、いつかなくなったコピー用紙がたまるじゃない?

そしたら高さが逆転するよねって

 

ふと、思いました。私はどちらなんだろうか?

 

そして、結局すり減らしながら、積み重ねているのかもしれないって。

 

何が面白いって田坂さんのミチカネなので

是非!いろんな方に観て頂きたいです♪

そして、ぽちサン大好きなワタクシ。今回もめちゃくちゃキュートっでした

ひゃー!!!

 

そしてそして!!!

1時間の芝居なんですが、集中したからか

中身の濃い充実した時間だったからか

2時間のストプレを見たぐらいの充実感と充足感で

すごく良い気持ちで劇場を去ることができました♪

日曜日まで公演中!是非行かれてみてくださいっ★

2011年1月28日 17:16  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |
Anniversary 2010~この道以外に我が道なし~

 

Anniversary 2010~この道以外に我が道なし~

逆風ばかりの人生に何度か背中を押してくれた風もあった。

そんな時は助走をつけて思いっきり跳んでみる。

調子に乗り過ぎて、ずさまに転んだ事もありましたが・・・

またもや私達親子は身の程知らずに跳んでしまいました。

(フライヤ―より)

 

福岡県出身 今年、帝国劇場100周年記念「レ・ミゼラブル」で

エポニーヌ役の平田愛咲(あずさ)ちゃん

そして、そのお田亜沙まで現在福岡でお芝居活動や講師をされている

玄海椿さん。

愛咲ちゃんのライブと玄海椿さんのひとり芝居の2本だて。

 

2010年、私の観劇納めとなりました。素晴らしいステージでした。

 

遅くなりましたがブログの前に改めまして…

本年もよろしくお願いします@えったん。

昨年の観劇はミュージカル関係のライブを含めるとのべ120本を越えました。

末恐ろしい数なので笑ってごまかしました・・・

今年も全てをここに書くことはできないかもしれませんが

お芝居の楽しさを皆様と共有できれば幸せだと思っております。

 


 

1部 Anniversary

前半・後半にわけて行われた今回のライブ。

今回は何と東京から「東宝ミュージカルアカデミー」で愛咲さんの

1期後輩にあたる 日高康平さん 田中祐美さん(九州出身で昔からのお知り合いだそうです)が

一緒に出演。前半はミュージカルの1シーンを再現してくださいました☆

 

ギリアドへ 「この森で、天使はバスを降りた」より

パーシー 平田愛咲 ジョー 日高康平 ハンナ 田中祐美

 

私はこの作品を生で観たことがないんです。

映画で観たことをあるのですが

霧がかかったギリアドへ降り立った刑務所を出たばかりのパーシー

その不安と新たな地の人たちが自分をみる目へにおびえたり

不安がったり、強がったり、威嚇したり…

そんな様々な複雑な心境が手に取るようにわかるパーシー。

思わず鳥肌が立ちました。

とても良い映画なので、大好きになってしまったのですが

嬉しかったです♪パーシーはとても男まさり!

愛咲さん、ちょっとツンツンした男の子っぽい感じも似合います!

 

 

Someting More 「ルドルフ~ザ・ラスト・キス~」より

ルドルフ 日高康平 マリー 平田愛咲 アルマ 田中祐美 ブラッドフィッシュ 高校生

 

大好きな楽曲なのです。そして2曲目にして涙線崩壊しました。

ルドルフとマリーが出会ってしまい、許されない恋がはじまる1曲。

康平さんは東宝ミュージカルアカデミーの卒業公演の「レ・ミゼラブル」でマリウスをされたそうです。

とても突き抜ける良い声で、濁りがなく透明感があって、まっすぐ。

良い声すぎて、愛咲さんとの相性がぴったりとはまっていて

ルドルフの結末を知っているのも原因ですが涙涙でした。。

 

 

私のすきなもの 「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」より 

マリア 田中祐美

 

傘を持ってバレエをしながら歌う祐美さん。

バレエのことには詳しくないのですが

とってもしなやかで美しいダンスでした!

 

 

サラへ 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」より

アルフレート 日高康平 サラ 平田愛咲

 

どこから?と思ったら客席の通路を

サラを探しながらアルフの登場。

サラは「ア~ア~ア~♪」と歌いながら

見ないでと冷たい様子。この氷ついたようなサラの表情に

愕然とするアルフ… 本当にセットはないのに

そこにはセットがあるかのようで

どうしてこの2人にはこんなにも人をその世界に引き込む力を

持っているんだろうか?って不思議になったりしつつ

ぐぐっと引き込まれていました。

そして、サラへ。涙があふれました。

まっすぐな想いが康平さんの透明感あふれる声にのると

すごく浸透するんですよね。

 

 

Take Me or Leave Me 「RENT」より

モーリーン 平田愛咲 ジョアンヌ 田中祐美

 

祐美さんがとてもかわいいお声だったのですが

この歌ではとってもパワフルでかっこいい!

モーリーンもすねたりいじけたりところころ変わる表情が可愛くて。

愛咲さんの振り幅の広さをあらためて実感しました。

 

 

後半は愛咲さんのひとりライブ。

 

100万のキャンドル 「マリー・アントワネット」より

 

どうして気付かないのか?

そう訴える必死の声が切々と伝わってきて

涙がこぼれました。

もともと愛咲さんの声が私の涙線を直撃するのですが

もう号泣です・・・

 

 

僕こそ音楽 「モーツァルト!」より

 

本家が歌っていたので恥ずかしいといいながらも

歌われた愛咲さん。

M!の中でも大好きな曲なので嬉しかったです。

3月14日に東宝ミュージックよりCDを発売される愛咲さん。

この曲も入るそうです。

靴をぬいて自由にステージをかけまわり歌う姿は自由な少年。

そして、彼女が本当にステージの上を愛してるのが分かりました。

 

 

On my Own 「レ・ミゼラブル」より

 

on my own レミの中でもエポニーヌが歌う

私が大好きな歌です。

まだ、エポが決まっていなかった頃

愛咲さんが歌うこの曲を聞き、絶対にエポニーヌになった愛咲を観たい

と心から願いました…

彼女の夢でもあることを知りました。

そして、ついに夢を手にして、、

エコール(レミゼの本稽古前に行われるスクール)が終了した

彼女からは何か今までとは違うon my ownを感じました。

さらにいろんな感情が増加し 「・・・愛してる」に込められた

見えないマリウスが見えました…

 

Season of Love 「RENT」より

平田愛咲 日高康平 田中祐美

 

最後はやはりとこの曲でした。

この歌も大好きで笑顔になれるのに涙がこぼれます。

あきらめなければ夢はかなう

愛咲さんはライブのたびに口にしています。

次はどんな夢を抱き、どんな夢をかなえてくれるのでしょう?

楽しみです。そして、康平さんは2月 博多座の坂東玉三郎特別公演に

出演されるそうです。これもとても楽しみです!

祐美さんもこれからもっともっと頑張るそうです。

福岡出身の役者さんがもっともっと活躍できますように!!

 

休憩をはさみ

 

2部 「坂本龍馬が愛した女」

ひとり芝居なのに、そこには人がいるんですよ。

そこには坂本龍馬がいるんです。

その見せる力、椿さんのひきつける力は本当にすごくて。

話題になった坂本龍馬。私はお竜が名前を変え66歳まで生きたと

知りませんでした

あの時代その年齢まで生きていればご長寿ですよね。

愛する龍馬がこの世を去ったあと、彼女自身

追われる身になったり

名を変えたり、彼が忘れられずに苦労したり

様々な人生を辿りました。

でも、やっぱり坂本龍馬は偉大でその彼と共に

66歳まで生きた彼女の人生は「女版坂本龍馬」というにふさわしいものでした。

万能グローブガラパゴスダイナモス「ひとんちで騒ぐな」12/25ぽんプラザホール

 

2010年12月25日追加公演を観てきました。

 

http://www.galapagos-dynamos.com/index.html

 

万能グローブガラパゴスダイナモス(以下ガラパ)

は福岡発の劇団で来年には再びイムズホールでの上演も決定!

 

今、ノリにのっているという劇団です。

 

劇団本公演。

全日完売のため、追加公演となったこの日。

なんとか見に行くことができました!

 

最初は登場人物の「関係性」が見えてこないので

うーん?と思いながらみているのですが

いつの間にか、それが明確にわかり

かつ「あっ」というまにガラパの世界感に引きずり込まれます。

絶妙な間で繰り広げられる会話劇。

日常会話の台詞劇。

そして、軽妙なテンポの笑いの数々

どこをとっても見逃せない

なんだか肩の力抜け切ったぞーって思える楽しいコメディでした♪

オチへと繋がる伏線がいくつも張り巡らされているのですが

それがどれもこれも面白くて

最後にはすんなり納得しおっこちてくるところでまた爆笑!

 

外はクリスマス!ですが

中はどたばたコメディですっかりクリスマス色もなくなり

もうなんだかだらんだらんとした空気に

ほっこりとしてしまいました。

 

そんなガラパは今年、東京へ進出します!

是非!!!足をお運びください♪

 

<東京公演> 2011. 2/3(木)~2/6(日) こまばアゴラ劇場

2011年1月 5日 18:07  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(2) |
川上音二郎・貞奴物語 12/12博多座・夜

 

何だかんだで夜の部に行ってきました!

川上音二郎物語。


 

博多が生んだ川上音二郎。音二郎と貞奴の人生を舞台化!

100回忌記念公演のために福岡の演劇人が集結!

明治時代、自由民権運動からだ演劇改良に力を注ぎ渡仏、渡米に借金地獄。

とんでもない人生を送った男がいた!

 

川上音二郎には

アクティブハカタ 久保川友佑

アクティブハカタ・劇団無限 林雄大

ギンギラ太陽’s 大塚ムネト

(敬称略)

 

他にもギンギラ含め、徳永玲子さんやアクティブハカタ・CAPRIなどなど

福岡を中心に活動する人たちが博多座に集いました。

 


音さんは、180回以上逮捕!

それでもあきらめずに演劇の改革を進めました。

あなたは時代の先を行きすぎている

そう言われる音二郎を常に支え、一緒に頑張ったのは妻の貞奴。

彼女は日本で最初の女優です。

海外では女性も立派な人格を持つのだと、渡米・渡仏で学んだ夫婦は

日本で活動をはじめます。

 

貞奴という女性は女性から見ても共感ができる人。

そして、尊敬ができる人です。

川上音二郎、彼の無謀で突っ走る姿をぐっと支える彼女。

借金のため何もなくなった彼に「私がいます」という彼女は

すごくすごく素敵な女性でした。見習いたいものです。

 

音二郎として生きている間に亡霊と化した音二郎

(若いころにはムネトさんが亡霊、ムネトさんが音二郎のときは林さんが亡霊)

その亡霊はたびたびいうのです。

「頑張れ、私」「あきらめるな、私」と…

 

がんばることもあきらめないことも

簡単とまではいかないけど

頑張って諦めないでいるはずなのに

 

諦めることも勇気なのかもしれないと

心が揺らぐこともあって。

思い通りにならないことばかりの世の中に

幾度となく心が折れてダメになりそうになる。

 

だけど、今こうやって演劇をミュージカルを楽しめている原点に

川上音二郎がいるのだとしたら

彼を心から尊敬します。

川端商店街の入り口にいる音二郎の銅像。

 

 

そんな彼の話を地元で

 

地元の人たちが演じたこと

 

きっときっと多くの人の心に届いたのでしょうね。

 

 

あまりにもキャストさんが多すぎて

何が誰がって書ききれませんが…

みんな素晴らしかったです!

進撃に向き合う姿勢。=音二郎の演劇への姿勢

繋がっているなと思いました。

 

 

何よりも私は夫婦愛に涙がとまりませんでした。

2010年12月15日 14:51  カテゴリー: ストレートプレイ 博多座 | コメント(0) |

1  2  3  4

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。