映画「麻雀放浪記」

 

 

監督/和田誠(1984年制作・角川春樹事務所=東映)
 

キャスト/真田広之・鹿賀 丈史・高品格・大竹しのぶ

 

 

麻雀に生きる、つまり賭博に生きるダメンズの話なわけですが…

加賀さん演じるけんサンと大竹しのぶさんのカップルが泣かせてくれます。

賭博、もちろん違法でまけまくり大竹さんの家まで売り払った鹿賀さんに

大竹さんはついていきます。

そこまで、ダメンズについていけるほどひきつける「何か」って何なんだろう・・

 

戦後の上野の話です。

1984年

生まれる1年前の映画ですがモノクロでした。

 

殺伐とした雰囲気と

賭博に生きる男たちのむさくるしさ(いい意味で)

そこにいる女性のはかなさ、切なさ、いとおしさ

古き良き3本下がって歩くような女性象の大竹しのぶさん。

 

エンディングもざっくりおわっていました。

麻雀放浪記というタイトルだけあって

麻雀をしているシーンが沢山でてきます。

私、ルールがまったくわからないので(笑)

ドンジャラ(笑)は大好きでしたし、上海はよくやりますし、二角取りも好きなんですが

麻雀の用語なんてものがわからないので頭の中に「」がいっぱい。

 

だけど、鹿賀さんが「鹿賀 丈史」を確立する前な気がしました。

やっぱり。男性ってこういう 古風な女性がいいのかな?

今の時代にはありえないであろう女性象でしたよ。大竹さん♪

 

とにかーく!!

モノクロ映画で、私はこの時代も知らなければ、麻雀にも詳しくない。

だけど、何というのでしょうか・・・

 

うーん。当時の男性が描いた「男ってかっこいいんだ!」っていう象徴みたいなもの

だったのかな~なんて思いながら見た映画でした。

 

詳しく説明できないので…(苦笑)

こちらをどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E9%9B%80%E6%94%BE%E6%B5%AA%E8%A8%98

2010年11月 5日 02:26  カテゴリー: 映画 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。