ブロードウェイミュージカルカンパニーJAPAN TOUR 2010@10/19福岡サンパレス

BWミュージカルカンパニーへ行ってきました!

※セットリスト・ネタバレあり!

 

 

 

 

ACT1

 

1.メドレー・オーヴァチュア MEDLEY OVERTURE

「踊るブロードウェイ」より“ブロードウェイリズム”

From BROADWAY MELODY OF 1936 “Broadway Rhythm"

 

「ガール・クレイジー」より“アイ・ガット・リズム”

From GIRL CRAZY“I Got Rhythm”

 

「ハイ・ボタン・シューズ」より“パパ、私と踊って”

From HIGH BUTTON SHOES “Papa,Won't you Dance with Me?”

 

「オクラホマ!」より“美しき朝”

From OKLAHOMA! “Oh,What a Beautiful Monin'”

 

「今晩は愛して頂戴ナ」より“美しき朝”

From LOVE ME TONIGHT “Isn't It Romantic?”

 

「王様と私」より“シャル・ウィ・ダンス?”

From THE KING AND I “Shall We Dance?”

 

2.「プロデューサーズ」より“ウィ・キャン・ドゥ・イット”

THE PRODUCERS “We Can Do It”

 

3.「CHICAGO」より“オール・ザット・ジャズ”

CHICAGO “All That Jazz”

 

4.「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」より“オーケストラ演奏”

SUNDAY IN THE PARK WITH GEORGE “Presentation of Orchestra”

 

5.「ミス・サイゴン」より“今も信じているわ”

MISS SAIGON “I still Belive”

 

6.「オリバー!」より“一丁、スッてやれ”

OLIVER! “You've Got to Pick a Pocket or Two”

 

7.「レ・ミゼラブル」より“夢やぶれて” “彼を帰して“ “オン・マイ・オウン” “ワン・デイ・モア”

LES MISERABLES “I Dream a Dream” “Bring Him Home” “On my Own” “One Day more”

 

 

ACT2

1.「フォーリーズ」より“あの女は誰?”

FOLLIES “Who's That Woman?”

 

2.「雨に唄えば」より“雨に唄えば”

SINGIN' IN THE RAIN “Singin' in the Rain”

 

3.「ドリームガールズ」より“ステッピン・トゥ・ザ・バッド・サイド”

DREAMGIRLS “Ssteppin' to the Bad Side”

 

4.メモリー・メドレー  MEMORY MEDLEY

「キャッツ」より“メモリー”

From CATS “Memory”

 

「マイ・フェア・レディ」より“一晩中踊れたら”

From MY FAIR LADY “I Could Have Danced All Night”

 

「屋根の上のヴァイオリン弾き」より“もし金持ちなら”

From FIDDLER ON THE ROOF “ If I Were a Riich Man”

 

「サウンド・オブ・ミュージック」より“ドレミの歌”

THE SOUND OF MUSIC “Do-Re-Mi”

 

5.「メイム」より“イッツ・トゥディ“

MAME “It's Today”

 

アンコール

「レ・ミゼラブル」より“民衆の歌”

 


大好きなヴァレリー・ロドリゲスも来日ということで

期待は膨らみつつ行ってまいりました。この公演。

先日、行った友人より「レミゼ!!」というイメージを言われていたのですが

パンフレットを購入したもののちゃんと見ないまま公演は開始。

気付けば、どこもかしこも号泣でした。。。

1、メドレーオーバーチュアでは主要曲がメドレーで!

こんな豪華絢爛なメドレーあるでしょうか?

「アイ・ガット・リズム」は映画ではガールクレイジー。舞台ではCrazy For Youとして

劇団四季が福岡シティ劇場でも上演した作品ですね。

タップダンスのリズムがとても心地良かったです。

「王様と私」はシャル・ウィ・ダンス。これはShall We ダンスっ映画でも有名な曲で。

どの曲も素敵な曲。いろんな思い出が詰まっています。

2.プロデューサーズは映画化もされました。

トニー賞12部門を受賞。コメディミュージカルです。

私は来日版に行けず撃沈・・・日本版にいって「春の日にヒトラー」に泣かされた記憶があります(笑)

3.シカゴはボブ・フォッシーの振付がスバラらしい楽曲でした。

そして、私にはライザが見えました・・・(涙)

5曲目。「ミス・サイゴン」 はい、、、号泣です(苦笑)

博多座でも2009年に3カ月かけて上演された大演目。

クリスを想う二人の女性、キムとエレンが歌う歌…

切なく切なく、悪夢にうなされ「うわぁぁ!!!」と目を覚ますクリスの声が聞こえた気がしました。

 

何がアレってその衣装で出てこられるので

もうなんというか涙涙なんですよね。

 

オリバーで一息ついたと思ったら

怒涛のレミゼメドレーです。

レ・ミゼラブル。スーザン・ボイルでも有名となった「夢やぶれて」

バルジャンの歌う「彼を帰して」

倒れていたのはベージュのジャケットと緑のジャケット。

後に、この日のマリウスはベージュだと分かるのですが

私には日本版のイメージが強いせいか…

クールフェラックとプルベールにみえました(…)

二人はそこで倒れていないはずなのに。。

プルベールが見上げていたあの空が

バルジャンが座っていたあの箱が

気付けばそこにあるようにみえて

バリケードに学生たちがいて。。

オン・マイ・オウン 泣きすぎてコンタクトずれた(苦笑)

大好きな大好きな曲なのです。

そして「On Day More」

バルジャン・コゼット・マリウス・ジャベール・アンジョルラス・テナルディエ夫妻

ファンテは見守ります。そして…消えたと思ったエポニーヌが赤旗を持って登場し

レッドフラッグを振った瞬間、私は気付けば2009年11月の帝国劇場へタイムスリップしていました。

涙が止まらず嗚咽するかと思いました。

明日を夢見て、進み行く彼らの目に見えるもの。。。

様々なものを魅せられましたが、、いやもう・・・なんかごちゃごちゃの脳内が

さらにごちゃごちゃになって涙が止まらなくなりました。

 

ACT2

フォーリーズも大好きなナンバーです。

そして雨に唄えば。解説でハリウッドとBWは密接な関係だったと

俳優が告げます。その中の

「パルジョーイ」に異常に反応したのは・・・わたしですね(^^;

雨に唄えば、タップつきで本当の雨に唄えばの匂いがしたなー。

ドリームガールズもまたR&B好きにはたまらないナンバーです。

そしてメモリーメドレー。

マイフェアは前日に真央さんを聞いているだけに

なんだかいろんなものが・・・

そして屋根~。これも懐かしさあまり、、、涙。

ドレミは劇団四季55ステップスの影響でしょうか?

思わずのりのりでした♪

メイムよりイッツトゥディは最後にふさわしいのではないでしょうか?

 

そしてEC。

やってくれました・…民衆の歌。

日本語でした。

シーっとコンダクターが合図をすると静まり返った会場。

するとアカペラで

 

戦うものの~♪と

 

聞こえてきたのです。

震えが止まず涙が止まらずどうしていいのかわからず…

気付けば、私は立ち上がれないほど泣いていました。

何度目かのカーテンコールで

涙ながらに自然とスタンディングしていました。

心から本物の匂いを残してくれrた彼らに感謝の気持ちを込めて。。

 

TONY賞のようなBWミュージカルカンパニーでした。

言葉はわからなくてもいいのです。

楽しい!やっぱりミュージカル好き!!!

2010年10月20日 12:58  カテゴリー: LIVE ミュージカル | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。