ロミオとジュリエット~西本智実指揮「宿命」~

あこがれの西本智実さん指揮

九州交響楽団(九響)演奏のロミオとジュリエットへ!

 

オケの後ろに高い台があり

そこでバレエダンサーが演技をしながら

両側に字幕が流れるという新しい試み。

ロミオとジュリエットは、博多座で宝塚に見入ったおかげで

良い予習となってて。

もうそれはそれは字幕なしで「あぁ、このシーンね」

「あぁ。こういうこといってたな」なんて思えました。

ポリゾン幕(背景をうつす幕)がないにもかかわらず

そこには窓の格子や雲、木々の揺らぎも表現され

照明はまたとてもきれいで。。

そしてロミオとジュリエットは白

ティボルト側は赤、マーキューシオは青系統と

色も分かりやすく。。

乳母と神父にはやはり泣かされ…

 

西本さんのイメージは私の中ではあこがれのかっこいい女性。

だけど、思っていた以上にタクトさばきがしなやかで

思っていた以上に繊細に音を操る方で…

ぐいぐい引きずり込まれ

ダンサーさんを見ていない時間でも

西本さんだけですべてを表現されているかのようでした…

 

字幕の台詞はほぼ観ていません。

ただ、ナイチンゲールだとかひばりだとか

ちらっと目に入る言葉は

もぉ、星組を思い出す思いだす(涙)

ロミジュリ@宝塚のcdとdvdを早く買わねば!と思ったと同時に

西本さんのdvdも購入するしか

ないぐらい

やっぱり素敵だと思ってしまいました。

 

ミュージカルのハードリピーターになってから

生オケの演奏を聴くことが増えてから

指揮者で音がそして物語の色が変わることに

気付かされました。。。

それ以来、私はコンダクターというものに対して

とっても敬意を払っています。

中でも西本さんは同性としてあこがれであり、本当に大好きな方。

 

大好きなロミジュリの音楽が

こうも壮大に

だけど繊細に

時に大胆に、でもとても切なく。切なく。

死に絶える二人なのに切ないメロディなのに

とても穏やかに表現されていらっしゃいました…

 

帰って、ノスタルジーを聴いたのは言うまでもありません。

2010年9月 7日 14:36  カテゴリー: オーケストラ | コメント(2) |

コメント

コメント(2)

西本智実版 ロミオとジュリエット素晴らしかったですね!!!
まだまだ夢から醒めきれていません。
魂はアクロスに置いてきたみたいです(笑)
1階の5列目だったので、バレエと字幕は見えにくかったのですが
智実さんの指揮を隅々まで堪能することができました。

智実さんの一振りでホールの空気が変化する
智実さんの一振りでオケもダンサーも観客の心も動く
そんなすばらしい舞台でした。
だから正直もう一度見たい。
智実さんもバレエも字幕も見える席で・・・
今はそんな気持ちです。

>juna様 コメントありがとうございます♪本当に素晴らしい、とーっても贅沢な時間でした!!魂を置いてくること、私もよくあります(笑)そうですね、今回は後方席や2階、3階のほうがバレエや字幕などが見えたのかもしれません・・私も前方で(3列目で…)もう西本さん越しのバレエでした。もう1度見たいですねー。いやー、見足りないです!!(笑)

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。