「Believer★」9/19福岡市民会館

福岡市民会館「ビリーバー」行ってきました!

 

Story

神様が見守る中―
小惑星が近付き、地球に危機がせまる。
世界各地の天体観測所では小惑星に関するレポートが続く。
そんな中、アメリカのとある観測所では天文学者ハワードが息子のスティーブンと一緒に小惑星を見守っていた。
しかし夜空を見上げたハワードが目にしたもの―それは、“八頭のトナカイと赤い服を着た男”だった。

 

ハワードはサンタクロースの存在を信じ、信じることの大切さを息子に語り続ける。
しかし9歳のスティーブンにとって、サンタクロースのプレゼントは両親が用意してくれるものと思い始める年頃

 

スティーブン「一晩で世界中の子供達の家を回るんだよ。そんなの信じられないよ。」
ハワード「科学的に説明できるものじゃないんだ。奇跡なんだよ。でも宇宙を見てごらん。
地球が存在していることのほうが、サンタが存在することよりもずっと不思議だ。」
スティーブン「でも…」

 

厳格で罰を与える冷酷な神様より、温和で優しく子供たちをいい子にさせるサンタクロースを信じたい―。
ハワードのサンタクロースに対する強い想いは、最愛の妻モリ―ンでさえ理解することが出来ず
モリ―ンの父親、学校の先生、精神科医…いつしか彼が想像する以上に周囲の人々へ波紋を広げていく・…

 

Cast

ハワード:勝村政信

スティーブン:風間俊介

モリ―ン:草刈民代

サンタ:川平慈英

 

作:リー・カルチェイム

演出・上演台本:鈴木勝秀

 


 

 

これは演出家、鈴木氏の言葉です。

私は、鈴木氏の演出する世界が大好きで大好きで。。

 

照明とかセットとか、作り出す世界でグッと…

そこにその空気匂いが漂うのです。そんな気が私にはするのです…

 

見えないもの、そこで生きる彼らにしか見えていないもの

それをかんじとれて、そこで生きる彼らが感じている温度を伝えてもらえる

 

そんな演出家だと私は思っています。

 

ビリーバーはサンタクロースを信じようとする男の話

信じるのではなく、信じようとする=信じることを決意する

そんな男の話です。。

 

 

 

信じる心を捨てて大人になるって、

そんなにいいことじゃない。

パパを信じろ。  ―ハワード―

 

 

息子のスティーブンはサンタはいないんだよ!

と必死にパパに訴えます。

 

信じれない、信じたくないそんな現実が次々に分かるようになる年齢。

それでも「信じる」って大切だと告げるのです。

 

風間俊介くんが演じるスティーブンは9歳の役。

見えるから舞台ってのは不思議で、必死に大人と子供の間で葛藤する

スティーブンがとてもとても心を締め付けました。

 

子供には見えない、だけどそれがスティーブンなのですね。きっと。

 

でも、パパがなくなってしまうのです。

彼は、パパに対してサンタを信じるなんて恥ずかしいよ。

僕は友達にも恥ずかしいおもいをしてるんだよ!と言います…

 

でもそんなハワードが亡くなったあとの彼は後悔しているように見えました

そして信じていくのじゃないかな?なんて思いました…。

 

草刈さんはモリ―ンと別に学校の先生も演じています。

地球が破壊されるかもしれない…なのにサンタの話ばかりする旦那に

だったら愛し合いたいじゃない!と必死に告げる彼女。

でも彼女もまた何かを信じていたかったのじゃないかな…と。

 

 

物事を疑ってかかるにはまだ早すぎる。

メリークリスマス!―サンタ―

 

川平さんは、サンタとかおじいちゃんとか精神科医とかあやしい店員とか占い師とか(笑)

大統領とか七変化です。。。

 

おじいちゃんのひげがとれちゃって、何度も風間くんがつけなおして

 

草刈さんもつけ直して、最終的には勝村さんにおでこにつけられていました。

 

サンタがひげなしだったときにスティーブンが「サンタなのに髭がないじゃない!」っていった

 

このサンタは「さっき取れたんだよ」ですって。

 

ほぼ勝村さんと川平さんのアドリブ合戦でしたww

 

 

9.11のあと、すべてが信じられない中で

サンタを信じようとするハワード。

 

理屈抜きにして、あの事件のあとすべての人が何かを信じれなくなったと思うんです。

 

この9.11を出さないまでも…それがベースにある作品っていうのは

何作か見ていますが

9.11.今でも「今日か…」なんてふと思うと悲痛な気持ちになります。

 

今回スズカツさんは、通し稽古ではなく細かく場当たり稽古をしたそうです(パンフより)

 

 

セットはシンプルな黒のボックスのみ。

 

 

それがセリフ1つでリビングになったり北極になったり。

 

子供のままごと?みたいな感じのセットなのに

そこにやっぱり温度やにおいを感じられる…

 

4人の出演者。そして1台のピアノの生演奏…

 

最後にはホロっと泣ける舞台。。。

 

やっぱり出来ればもう少し小さい箱で観たかったけど

なんだか、今年はサンタを信じられる気がして仕方がないのです…。

2010年9月21日 14:39  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。