井上芳雄10周年記念コンサート9/28福岡サンパレス千秋楽!!

 

ミュージカル界のプリンスこと井上芳雄さん。

そんな彼の10周年記念コンサート。

全国ツアーの千秋楽はやっぱりふるさと福岡!!

そんな彼のコンサートへ行ってきました!!!

 

DVC00113.jpg

 

1部 ミュージカルショー ―光と影― 

構成・演出 小池修一郎 音楽監督 島 健

Welcome to the Theatre(アプローズ)

ようこそ劇場へ~♪絶対そうだろうなと思ったらそうでした♪

舞台は開演30分前の楽屋…

ファンレターを読む芳雄くんとその影のダンサー2人(芳雄さんのマスクで)

影を逃れて(モーツァルト!)

アレンジ風で。。二人の自分に追われる彼…

葛藤している様子をダンスと演技で影の部分も見せてくれます。

Casualty of love(ウェディングシンガー)

WSをご覧になった方はご存知のあの青ジャケットで!

ギターもって客席で「馬鹿いってんじゃねぇー」とがなりたてます。

4月には福岡でも…と発表がありましたが

やっぱりご覧になってない方が多い地方だからでしょう。。

「何だ?」って空気でした… あたしは爆笑でしたw

Grow Old with You(ウェディングシンガー)

同じWSの曲ですがこちらはギターで歳をとっても白髪になっても

一緒にいたいねって穏やかなうた。

心にすーっと染み渡る大好きな恋愛ソングです。

ジュ ヴォイ べ/ The wedding(ミスサイゴン)

爆音とともに2人のダンサーが銃を持って登場。

爆撃から逃れようと必死に逃げまどいます。

後ろには爆撃機がどんどん映し出され

いえ、その前に一瞬ヘリのような音がした瞬間に…

キタ―!!!と確信(笑)涙がではじめたらこの歌です…一瞬にして

2009年博多座へ心がタイムスリップしてしまいました。

神よ何故?(ミス・サイゴン)

WHY GOD WHY…今まで聞いたWGWの中で一番涙がでました。

芳雄さんの衣装はクリスで…

そこにいるのは井上芳雄ではなくてクリス。。。

私にはあのボロボロの建物と

彼にすがりつくベトナム人が走馬灯のように見えてきて…

溢れんばかりの涙を止めるのに必死でした。

表現の幅が広がったというと上から目線になってしまうかもしれませんが…

とてもとても深く深くすごく素晴らしいWGW。。。心に響きました。

I will Wait For You(シェルブールの雨傘)

私は井上芳雄Verのギイは観ていないのですが

その前に坂本昌行さんがやられたときに観たシェルを思い出しました。

自転車で雨のなか走るあの風景

独特の音楽。素晴らしい音楽。。

そこに井上さんの色がプラスされてそれはそれはもう…

戦争にいかなくてはいけない、召集令状がきた。

恋人に君は待っていてくれるだろうか?とそう歌う歌です。

切なくいつもこの曲には心を痛めます。。

ミー&マイガール(ミー&マイガール)

タップ板がキタ瞬間…キタ―!って

大好きミーマイ。サリーは?と思ったら風船でした♪

大好きなんです、ずば抜けて明るくなれるミーマイ!!

街頭の下で(ミー&マイガール)

これもミーマイですが、これは彼女をひたすら待つ男性の歌。

とても素敵なメロディと優しい優しい歌です。

そして愛がたっぷりな歌です♪

明日への階段(ルドルフ)

大好きな明日への階段!

大好きなルドルフ!帝劇にタイムスリップ!

選挙演説みたいな歌ですが…当時この作品でこの歌を聴いたときよりも

1つ1つの言葉にこもる魂みたいなもの

言霊というのでしょうか?それがすごく熱く感じました。

闇が広がる(エリザベート)

巷で噂の一人闇広。

これだけはネタバレを聴くまいと我慢…

なんとトートはまるでPS3か?というような映像の芳雄トート。

ちょっと石丸幹二さん風。

映像はゲームにできそうな感じのあやしいのに

そこに芳雄ルドルフ。彼の原点です…

誰のどんなルドルフも素晴らしいのですが

やっぱり原点は凄いです。。

僕こそ音楽(モーツァルト!)

M!でもっとも大好きな歌。。。

これを歌い終わると鏡前に戻ります。。

開演5分前。。

そう、そして1部の幕は下ります…。

 

2部

スペシャルコンサート

Man in the Mirror (マイケル・ジャクソン)

私も大好きな歌です。世界を変えたいなら、何かを変えたいなら

まずは鏡の中の彼からかえなくちゃ。つまり自分からかえていこうよ!って歌。

とっても前向きで明るくて、背中を押してくれるのです。。

I love You(尾崎豊)

アレンジがバラードだったんですが

すごく艶っぽいI love Youでした…♪素敵~

愛しかないとき

夜の通行人に捧ぐ

シャンソン2曲です。

とっても素敵な歌詞。愛しかない時は

愛しかなくてもそれでいい。

二人ならば…そんな歌でした。感動。そういう恋ってなかなかできないもんですからね。

Come Fly with Me

JAZZです。のりのりの。とっても楽しくなる

フランクシナトラの曲なのですが、私

THE BOY FROM OZ、NEVER GONNA DANCEというミュージカルに出逢ってから

フランクシナトラが大好きになったんです。

この2つの作品で名前を聴いて

興味があって聴いてみたら凄く素敵で。

古いのに色あせていないというか…芳雄さん超はりきってました!

JAZZ2曲目。うってかわってバラード。

Cry Me a River

河のように泣きなさいって歌。

男性に向けて女性が歌う・・・

あー、たまにはそれぐらい強くなりたいものですね(笑)

君の瞳の恋してる

英語Verでしたが、ダンサーさんとの最後の共演ということで。

そして、客席まで芳雄さんがーっ!!!

えと、ピンクのほうのダンサーさんのダンスが好きでした♪

ゲストコーナー

ゲストはクミコさん。

まずはお二人で

車輪

これはラブレターズで三木たかし氏が書き下ろしてくださった曲だそうです。

すっごく素敵なうたでした。

そしてクミコさんのソロで

祈り

広島の折り鶴をもっと少女のお話。

大切な大切なことを語り継いでいかなくてはいけないと

心のそこから思いました…

震えました。。平和って凄いことなのだと思いました。

No more(イントゥ・ザ・ウッズ)

Being Alive(カンパニー)

この2曲をメドレーで。ミュージカル界の大御所でもある

ソンド・ハイムのナンバーです。

Being Ailveは私も大好きです。

芳雄さんの楽曲解説でまた涙涙でした。

傷つけられたい、かまってほしい、でもほっといてほしい。

そんなわがままな曲です。だけど…

それが生きている。だから私と関わってほしいと…

人は一人では生きていけません。

辛いことも楽しいこともいろんな経験をして

きっと彼もそこに立っているのです。。

そんな風に思いました、そしたら私は涙があふれていました…

独房ソング(組曲虐殺)

井上ひさしさんの遺作となった曲で

蟹工船などを書かれている、小林多喜二さんの評伝劇のようなものです。

その中で、独房にいれたられた多喜二が見ず知らずの人に向け

愛を詠う…そんな歌です。歌うのではなく、詠うのです…

Time to Say good-bye

やっぱりこの曲でした。大好きな大好きな曲。

さようなら、という曲ですが

これは新たな旅立ちの曲。。

そして…

EC

Tears in Heven

エリッククランプトンの曲ですね。

もしも君に天国で出逢えたなら
僕の名前を憶えていてくれるだろうか

そんな歌詞の歌です。英語で歌ってくれました。

時には落ち込むこともあるかもしれない
疲れ果て挫けそうになることもあるかもしれない
傷ついて心引き裂かれることもあるかもしれない
どうか、どうか楽にして欲しいと請い願うことも・・・

だけど僕は信じてるんだ
その扉の向こうにはきっと安らぎがあると
そしてもう天国で涙を流さなくてもいい
そんな日がいつかきっと来るってことを

そんな天国で幼くしてなくした君に会いたいと願う歌。

優しい優しい歌。

芳雄さんが歌う前に言いました。

歌っているときにふっと井上ひさしさんや三木さんや

今まで出逢った方々の笑顔が浮かぶことがあると…

そうやって僕は生きているんですねと。。

涙がこぼれました。

歌っている井上さんのうるんだ瞳に涙に

私はもっともっと号泣していました。。

歌うたいのバラード

斎藤和義さんの曲ですね。

芳雄さんいわく僕のすべてですと…。

私、芳雄さんの選曲大好きなんです!!!

楽しくみんなで精いっぱいの笑顔で芳雄さんの笑顔が

1番1番輝いていました。

 

千秋楽お疲れ様でした!

本当に素敵な時間でした…

感謝。ありがとうございました。

いろんなものを頂きました。

愛が足りないときは愛をもらえばいい

僕もみなさんからいろんなものを受け取ります

そういう芳雄さんが

伝えてくださったいろんなものは

この日私の心にずっしりと響きました。

2010年9月29日 14:41  カテゴリー: LIVE ミュージカル | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。