リトルショップ・オブ・ホラーズ6/11@福岡市民会館

 

 

 

アトリエ・ダンカンプロデユース

オフ・ブロードウェイミュージカル

「リトルショップ・オブ・ホラーズ」を観劇してしましたっ。

 

 

 

なんと3列目~!!!!(叫)

 

 

この「リトルショップオブホラーズ」は80年代のオフBW作品。

1960年にアメリカで公開された映画を元にミュージカル化され

大ヒットした作品です。日本でも1984年以降、たびたび上演されています

 

☆Story☆

舞台はニューヨークのダウンタウン。スキッド・ロウの小さな花屋。

この店の主人ムシュニクは店を閉めようかとしている・・

店員は孤児院育ちのシーモア(と~っても情けない草食男子?)

そして彼が砒素が二思いを寄せるオードリー。

シーモアが皆既日食の日に手に入れたという奇妙な花。

ショウウィンドウに飾れば客寄せになるんじゃ?と提案をする。

「そんなこと・・」といい終わらないうちに客はやってきた。

シーモアはこの奇妙な花に「オードリーⅡ」と名づける。

ハエトリ草にどこか姿が似たこの花。

けれど花には、秘密があった・・・

「オードリーⅡ」のおかげで人気になった花屋は町の人々の話題に。

シーモアはラジオや雑誌、TVにと大忙し。

そこへ怪我をしたオードリーが・・・サディストで歯医者の彼氏オリン

彼女は彼の暴力でデートのたびに怪我をしていた・・・

一方ムシュニクはシーモアを手放すまいと養子になれといいだす。

祖母ころ「オードリーⅡ」は姿を現した・・・

 

どんな肥料をあげても水を与えても育たない植物

その唯一の食料は生きた血。

オードリーⅡに脅され、シーモアはついに・・

そしておかげで店のすべてを支配するまでになったオードリーⅡは

ついに本当の目的を告げた!!!

 

☆Cast☆

シーモア:DAIGO   オードリー:安倍なつみ 

オリン/バーンスタイン/スキップスニップ/マーティン:新納慎也

クリスタル:池田有希子 ロネット:麻生かほ里 シフォン;歌山ゆき

浮浪者1/中国人/DJ/客2 ほか:千代田信一

浮浪者2/客1/オードリーⅡ(操演):矢沢誠

オードリーⅡ/ミセス・ルース:深沢敦  ムシュニク:尾藤イサオ

 

 

****

 

めーっちゃくちゃ面白かった~ですhappy02

久しぶりに手をたたいて笑うほどのミュージカル作品でした。

ミュージカル観劇は、いつぶりでしょう?

1ヶ月以上ぶり?やっぱり私は数ある舞台の中でも

“ミュージカル”が何より好きなのだなぁ・・・と実感しました!

本当に本当に幸せlovelyだった~のです!!!!

 

 

そして!DAIGOのDAIGOのダイゴの~!!!!

生「ウィーっシュッ」見ちゃいました。

むしろ一緒に、生ウィッシュやっちゃいました(笑)

ライブ会場かと思いました(w

作品の途中でラジオ出演するシーン。

DAIGO演じるシーモアにはがきがくるんですが・・・

ペンネーム?ラジオネーム?

総理大臣の孫」さん・・・・会場爆笑です。

好きな食べ物は?という質問に

とんこつラーメンと明太子」というご当地ネタ!

面白かったです(^^;

 

ハエトリ草に似た謎の植物「オードリーⅡ」

彼の野望?が最後には明らかになるのですが

それはそれはちょっとグロテスクな話でもあるのですが

ストーリーテラー的な要素を担いつつ

素敵なハーモニーを聞かせてくれる女性3人☆

クリスタル:池田有希子さん ロネット:麻生かほ里さん シフォン;歌山ゆきさん

この3人がパワフルでパワフルでかっこいいのです!

だけど時には切なくもかっこよくもあり・・・

しっかりと物語の「軸」でいた気がします。

ホラーなのかと思いきやの思いっきり笑える楽しいホラー?

この「ホラー?」ぐらいの「」が大事です。。

 

楽曲もロックでとーってもノリノリ。

バラードも美しくて、安倍なつみさん(なっち)の歌が

想像を絶する以上に素敵でした!

で、ドSな歯科医の彼女、オドオドした姿

最後まで崩すことなく貫いた「オードリー」の可憐さ。

素晴らしかったです。

そしてオードリーが・・・って時のDAIGOのソロ。

ちょっとウルッときてしまいました。

期待中の期待!ニイロさん!!!

変な髪形ですが(笑)細いっ!足ながっ!

歌うまっ!とビューティフルでした。。

少ないキャストで、すごく1つ1つを「ハッキリ」と明確に

演じてストーリー展開をしている だけど・・・ドタバタ劇。

みたいな正反対の性質をいろんなシーンがそれぞれに

持ち合わせいるのが面白いなーと思いました。。

オードリーⅡの企みは恐ろしいものがありますが・・

この話はとーっても楽しい!もう1度見たい作品です。

ニイロさんのキレのあるダンス素敵でした。そしてそして

素敵な素敵な花屋の店主、尾藤イサオさん!

ALL SHOOK UPという舞台で拝見して以来

すっかり「味」のある「芝居」に心打たれていました

今回はそのASUにの出演されてた歌山さんもいらっしゃったので

(パワフルな歌声がすきなのです)

うぉぉ!と興奮(心の中で)

その尾藤さん。下心のあるような演技も駄目主人なのも

演じていて嫌味っぽくなく「人間らしさ」あふれる

オジサンでした!!!

オードリーⅡの存在感とガールズたちのパワフルさが

この物語をものがたっています!

そしてロック調、ゴスペル系、バラードとちりばめられたさまざまな歌が

耳に残り、今もサントラを聞いて居たりします(輸入版)

 

これってオフ・ブロードウェイだからおもしろいんだと思います。

オンに乗ってない、いい意味でのB級感

これは福岡市民会館のような大きな箱ではなくて

東京では下北沢の本多劇場だったのです。

それぐらいのキャパの箱で見たかったなー。

私は前だったのでよかったのですが、、

後方だときついだろうなーと感じました...

 

時々マイクの不具合が発生するのが市民会館の悪いトコ。

いつも思うのですが(><;)

あれがもぉ少し改善されると、もっと楽しめると思います!

 

カーテンコール(カテコ)では

尾藤さんがバンドさんを「福岡出身~」と紹介したり

みんなで「いえーい!」ってやったり。

カンパニーも仲良しというか団結しているのが伝わってきましたが

それ以上にそれを伝えようとする力

巻き込んでくれるパワーを全身で浴びました。

なんだか元気になれました。

Thanks!「リトルショップ・オブ・ホラーズ」カンパニー!!

2010年6月12日 01:59  カテゴリー: ミュージカル | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。