2009年11月
レ・ミゼラブル11/19ソワレ@帝国劇場

my千秋楽でした。
そして私が2年間追いかけてきた
レ・ミゼラブルの終わりの日でした。 




大好きで大好きで仕方ないキャストさんの千秋楽。
偶然にもお友達がお隣の席で
友人2人に挟まれての幸せな観劇となりました。

感想というよりは、ワタクシゴトに入るジャンルの
お話かとは思うのでさらっと流してください。


レミゼラブルで出会った役者さんがいます。
レミゼラブルに出会わせてくれた役者さんがいます。
レミゼブルでさらに好きになれた役者さんがいます。
だからこそ、レミゼラブルは「特別」な作品でした。

キャストが思い出が詰まった作品であるということは
ファンもそれに勝るとも劣らない「思い出」「思い入れ」が
ぎっしりぎゅっと凝縮されてるのです。

久しぶりに1幕が終わって外に出れませんでした。
放心状態というのはまさにこういう事。
見えないと思ってたシーンも見れて
絶対に見えないとこは、その全体像に泣きました
このcompanyが好きだから、目が足りないと思いながら
必死に必死に記憶に留めました。

とにかく「ジャ・ジャーン♪」から
やばい!と思ったのは現実のものとなり
とにかく泣きました。。声が漏れそうなのを
必死に抑えて、、涙がとまらなくて。。
最後だから、どんなに「レミゼラブル」が大好きでも
やっぱり大好きな人を1番目で追ってしまって。
人はこんなに泣けるのかと思う程、泣きました。

2009年は人生で1番脱水症状になった年じゃないかと(笑)



★(橋本)さとしさんバルジャン
あつくあつく必死に生き抜いたバルジャンでした
バルジャンの人生をたどり、作品の意味を理解したのは
さとしさんバルジャンに出会えたからです。
2007年にさとしさんバルジャンに出会い
バルジャンへの考え方が一編しました。

結局のところ、盗んだ罪にはかわりないし
脱獄とかしたのは彼だし、許可書を破ったのは彼だし
なんとなくそんな風に思っていたのですが
それを覆したのが2007年。さとしバルとの出会いでした。

見るまではさとしさんのことちょっと好きだったので
「いや~あの人にバルジャンはあわないでしょ?」ぐらい思ってて
見たら人生まるっきり変えられて。
その日はA班だったのに・・・私はバルジャンに釘付けで。。 

「俺はジャンバルジャン!」と最初に名前を名乗る時
囚人番号なんかで呼ばれたくない
一人の人間なのだから。というバルジャンの思いが伝わりました。

さとしさんの「独白」は毎回とてもとてもリアル。
よく私は言うのですが、バルジャンの感情が
すごく真っ直ぐにダイレクトに直球で胸に刺さります。

「石のように心を閉じて生きてきたのだ俺の人生」
バルジャンは本当はそんな人ではなかったのだと
思わせる言葉ですよね。

「またあの地獄へ」この地獄というヒトコトが
あの看守たちのヒドイ扱いを思い起こさせ
心が痛むのですよ・・・

マドレーヌ市長は本当にかっこいいです。
「君が解決したまえ、穏やかに」のあと
すがり付くファンテを追い払うのではなく
すまなさそうに向こうで話を・・・っと合図するのですよね。
だからラブリィレイディでのつりあいが
取れないと言われればそれまでだけど
凄く好きなのです。 プリュメ街で鍵をガチャンって
閉めないとの一緒です。 やさしさがあふれているの~

リトコゼちゃんと出会ったバルジャンは
とてもやさしくて。くるくるまわしたあとの
ぎゅってHUGするのとか、アイコンタクトをとってから
歩き出すのとか。とってもとっても暖かい気持ちになります。

バリケードでは、学生かっ!っていうぐらい
「まかせろ俺が行く」がかっこよくて。かっこよくて。
何だかんだいいながら少年たちと一緒に弾を探したり
本当に良い人なのですよね、バルジャン。
マリウスが撃たれたあとに、ぎゅっとHUGをして祈る姿は
本当に忘れられません。

無我夢中で下水道に向かったのでしょうね。
ジャベとの下水道での対決はすごかったです。
いや、この日は千秋楽だかなのか
岡ジャベが熱くて熱くて、すごいもの見ました。

エピローグではもぉ・・・
バルジャンの告白はさとしさんが歌う
レミの曲の中でなぜか私が一番好きなのです。
穏やかなバルジャンが自分のことを振り返り
すべてをマリウスに告げる時・・・
エピローグにつながる大事なシーンだと思うのですが
この穏やかなバルジャンにいつも泣かされます。

「頼むよ・・・」

そう泣きながら訴えるバルジャンは
マリウスがうなずいてくれてきっと幸せだったのではないでしょうか。

エピローグの「影の中にひとり~」
からずるずる言っているバルジャン
今にも消えそうな声で歌うバルジャンのもとへ
コゼットがやってきたときに
ふっと穏やかな表情になったのが今でも忘れられません。

これほど大切に大切に思ってきたコゼットに
手紙を渡し、「私は父じゃない」というのは
どれほど辛かったでしょうか。。
だけど、このことを告げて逝けたことで
バルジャンはきっとしあわせだったのだと思います。

「悩み洗い流され」その通りだなと思いました。
People's song♪ そのバルジャンは聖者そのものでしたよ。

☆岡さんジャベール

いや、今ジャベかと思うぐらい熱くて。
岡さん、最近冷血冷静ジャベまっしぐらだったので
まさかこんな楽を迎えるなんて思ってませんでした。

Starsはやっぱり絶品です。
だってこの歌にほれたのだから。
でも気づけば私は「今ジャベ愛してますw」とか言っちゃってて。
だけど、この日の岡ジャベは凄かった。

自殺の前の「よし行くのだ」って迫力とか
なんだかそれだけで涙がとまんなくなっちゃって。

バリケードではガブのバレた瞬間から
銃を奪おうとしているのがわかって・・・
案の定奪っちゃって。アンジョに銃口をむけました。
必死になる学生に声が出そうになったのは言うまでもなく


☆藤岡マリウス

やっぱりとっても素敵な声でした。
cafe songだって藤岡マリウスでこんなにも泣けたの?
ってぐらい感動したし。。
何よりも、「僕が行きます」が良かった。
「ここにいても同じだ!」って凄く泣けました。


☆サカケンアンジョ

やっぱり学生をよく見ていると思います。
そしてバリケードでよく声が出てると思います。
「いいか、いくぞ」「くるぞ!」
そんな声をきくと士気が高まる気がします。

☆山崎ファンテ

暖かい雰囲気がすごく好きでした。
夢やぶれて での歌いだしがとっても穏やかな気がして。

☆さやかコゼット

雰囲気はとってもかわいらしかったです。

☆知念エポ

やっぱり好きなんだと思います。 

on my own絶品です。
すべての情景が浮かんでくるし、
誰かを好きになり、だけどそれが叶わぬとわかってしまって
それでも一目会いたいのだと。。
そんな気持ちがひしひしと伝わってくるが故に
「・・・愛してる」が心に響きます。

でも、エピローグで出てきたエポニーヌは
すごく素敵な表情をしていて。。
いいところへいけたのだなと思わずにはいられませんでした。

☆駒田テナルディエ

駒田さんテナ好きです。
テナなのだと思うことが多いからです!
テナとして、テナなりに堂々と生き抜いている。
それが伝わってきました。

☆森久美マダムテナ
森くみサン。もぉとってもとってもパワフルで。
生き抜く強さを持っていると思います。
ただ、テナインでどうにもこうにも
バルジャンがきてから酔っ払いに冷たいのです~(><)

☆りょうがくんガブ
リョウガくんはかばんがなかなか届かなくて
それがいつも切なくて。
この日もあと一歩のところで届かなくて・・・
だけど散っていくガブの演技は好きで。
「うそつきー!」そうバリケードで告げたときの
自慢気な顔が忘れられません~

プルベールを小さい赤旗をもって追いかける姿は
かわい い犬が追いかけっこをしているみたいで
2幕は緊迫した空気の中はじまるのに
とっても和みました。

+++ 

上野プルベール
舞台は生モノ。
バリケードでジャベールの銃は
岡sanジャベに奪われてしまい
俊敏性のないプルベールさんは必死にひっぱって取り返して。
あの瞬間焦りました・・・ 引き込まれるように見ていたので
「もうだめだ、撃たれる」って思ってしまった・・・。
あわてる学生たちと『今だ』と
プルベールに銃を奪うタイミングを伝えたアンジョ。
学生をかばうよに立ちはだかった アンジョ
必死に必死に奪い返したプルベール。

バリケードに生きる学生たちの姿に
最後の最後まで心動かされました。


最後なのにガブくんのカバンは届かなくて
バリケードでずっと落胆していて。プルベールは
アンジョのソロではいつもアンジョを見ているのに
「死のう~」のとこ・・・
今日はずっと銃を握りしめて泣いていて
クールのソロのときもずっとふるえていて。
彼は1番に銃を構え打ち出しました。

ABCカフェで、フェンシングのあと
お酒のビンの飲み口をしたにして頭のうえでふって
はいってないよ~みたいにおふざけしてたんですよね。
それを最近はしなくなっていて
でも最後だからなのかな、復活しました。
別にやることが決まりではないし、帝劇からやりだしたことなのですが
最後の最後にそれを見たことが
とっても嬉しかったのです。。

Bring Him Homeでバリケードから星を見上げる表情が
とてもとても良い顔をしていて。
幸せそうに、そして悲しそうに笑うのです。
なのに、その後に胸を押さえて泣き出してしまう彼
ジベロットに慰められるものの、涙が止まらず寝てしまうのです。

Drink with meのソロは彼のあったかくて甘い声が似合う
とても良いソロでした。笑顔が忘れられません。

アンジョが落ちていくとき必死に必死に手を伸ばす背中
クールフェラックがガブのかばんへ
身を乗り出して伸ばす手...落ちないように必死に支える
ひっぱっている様子。好きだったなぁ・・・
バリケードで銃をうち、上ってくる軍人を銃のそこで落とし
アンジョには必死に手を伸ばし。。。
それでもアンジョの落下を防ぐことはできなくて。
儚いですよね、本当に儚い。
最後の最後まで銃に弾をこめようと、弾をつかみ
散っていくプルベールは本当に切ないと思います。


最後のフラッグリレーも良かった。
かっこよかった!!!!
受け取った瞬間の「え?」って表情も
嬉しそうにひろげて舞う姿も
あの笑顔も キラキラしてた。

one day moreの旗は
ほんとうに本当にキレイで。。
鳥肌がたちました。 涙が出ました。
あの雄大な旗が あの振り方がキレイでスキでした!!!!
1階から表情は見えないけど
思い出したら涙が出ました。
盆が回転し、プルベールが上手にきたとき
一瞬見えた顔と勢いよく振り上げた旗が
どんな瞬間よりもきらきらと輝いて見えました。
1番好きです。onedaymoreがどのシーンよりも好きです!

だけどあげればきりがないほど
全部のシーンが大好きで。
そうなれたのはプルベールを演じたのが
彼だったからだと思います。


バリケードもcafesongもずっとずっと泣いていて
涙を拭う姿が突き刺さりました。
銃を構えながらも、銃を撃ちながらも
彼が流した涙が震える背中がぬぐう涙が・・・キレイでした。

Starsとか自殺で星空を見るたびに
それは当時のパリの星空なわけですから・・・
ま、自殺のときはプルベールはもう死んじゃってるんだけどね。
この星を彼も見ていたのかな~
彼が見ていた星空には、こんなにもの星が輝いているんだな。
なんて思ったらいつもいつもその歌とプラスαの感情で
泣いてしまっていました。

本当は本当はもっともっと書きたいことがあるのだけど
これ以上書くと主役=プルベールみたいになるので(^^;


伊藤グランはやっぱりもう存在そのものが
完璧に完成されたグランテールです。。
好きでした・・

中本ジョリはとってもかわいくて。
工場のときに会計係さんが喧嘩の仲裁をしたあとに
大丈夫?と確認してくれるのが好きでした 

菊地コンブとってもまわりが見えているコンブでした。
恵みの雨での表情が印象的 

石井フイイのこの日の来い相手に~なるぞー!は
いつもの何倍も何倍もかっこよく力強くて。
結婚式でいつも「あれ?イケメンがいる?」と思うと石井くんだった
そんなことが多いです~笑w 

港さんはレーグルでは一緒になってプルベとふざけてくれます
ま、アンジョに怒られると裏切るんですけど(笑)
司教の歌声ではじめて泣いた人です 

佐嶋さんのブリジョンはやっぱり目立ちますよね!
A班でずっと見ていた私は佐嶋さんの第一声でスイッチが入ります。 

裕悟さんモンパ。パリの街、Starsの前の橋の上でのシルエットや
ファンテを買う背中、手の出し方、手の角度がすきでした。
強盗のときも、エポに対してナイフを出すのを戸惑う姿が
とてもとても印象的。大好きなモンパでした。 

五大さんのラブリィレィディの言い方が嫌味っぽくていいなーって

わたりさんの買い入れ屋さん好きでした。
ファンテから強引にペンダントを買うことでそれが
ファンテが娼婦へとなるキッカケになる。その瞬間が
うまくいえないけど、、その「瞬間」がヒトコトにある気がして 

清水あやかちゃんのマテロットはとっても可愛くて。
フイイに寄り添う姿は印象的! 

みなこさんのファクガは嫌味っぽさがいいし
マドレーヌは可愛い。何だかヒモの彼を結局好きなのだと
そう思ってしまうのです~好きだー。 

琴美さんのジベロットはバリケードでお酒を配る姿と
泣いているプルベをなぐさめてくれる優しい手が心に残っています 

マダム珠美さん。珠美さんの日はヒモが2度蹴るんですが・・・
兄さんお安く~のときに顔をいっぱい触りますw 

さやかさんの少年1。ずっとA班だった私には印象だらけ。
少年なのにすごくかっこよく見えたのですよね。。 

みづ紀さんの少年2。こちらもA班なので見慣れた少年コンビ。
さやかさんの背中をおっかける少年2可愛かった~ 

亜久里さんのかつら屋さんはさすがのヒトコト!
カルーセルでもその強さ(生き抜くための)が伝わりました。

そして・・・クールフェラックなキョウヤさん。
ファンテを買う背中にほれた2007年
今年はそのシーンがなかったけれど
1つ1つのシーンがあつく素敵なクルフェでした。
「後に続けよ」バリケードで赤い帽子をとって
涙ながらに叫ぶように歌ったとき鳥肌がたちました。
ABCカフェでは、いつも熱く必死で
ときどきプルベにうざがられ(笑)
それでもチラシを舞い上げるときの笑顔や
民衆の歌での生き生きとした顔。
one day moreでの真っ直ぐに前を見つめる表情に
いつも心奪われていました。。

バベの丹宗さん。2007年アーミーオフィサーの声をきき
鳥肌・・・「何だこれ!」と思ったのがキッカケでした。
あの歌声は、学生負けますよといわんばかりに力強く。
1幕冒頭バルジャンが司教の家から逃げたあとの治安官の歌も
とってもかっこよくて~
バベの雰囲気、強盗のとき合図でくるくるとまわすスカーフ?
きれいに見えるしぐさ、そのナルシストっぽさ。
どれもこれも目を奪われて
テナインでは毎回ご飯を食べるか食べないか気になって(笑)
最近ずっとおいしくなかったようだったので
千秋楽においしそうに食べる姿に良かった良かったと(^^;

そんなこんなで私の千秋楽はおわりです。

カーテンコール動画がUPされていますが
(レミ公式ブログ見てください~)
ひとりひとりアンサンブルの挨拶もありました。
涙がとまらず、声を抑えることもできず
大大大号泣してしまったのです・・・

岡さんが大浦さんの話をされたときに涙ぐむ姿をみて
そんな岡さんの姿ってなかなかないので
なんだかすごく突き刺さってしまいました。。

手が痛くなるんじゃないか?ってぐらいの拍手
どうしても届けたくて夢中でした。。
カテコの最初の挨拶のとき。
胸に手をあてて「ありがとうございました」と
いつも清々しい笑顔で一礼したのが忘れられません。
大好きなとても大好きな瞬間でした。


脱水症状だし、呼吸困難だし、泣いても泣いても
涙とまんないし・・・化粧なおせないし。。
大変でしたが無事に終わることができました


すべてのレミゼにかかわった方に心からお礼を言いたいです
素敵な作品の魅力を教えてくれた2007年博多座
それまでレミすごい!ぐらいの感覚だった私・・・が
ここまで人生かわったのは今期カンパニーのおかげです。

うそいつわりない言葉だとカテコでの挨拶を信じています。
だから、必ずまた出会えると思っています。
やっぱり「レ・ミゼラブル」は特別です。

本当にありがとうございましたっ!
めちゃくちゃ感動しましたっ!
そんな感動とかで終わらせちゃダメだねってぐらい
感動しました!!!! 

2009年11月19日 17:20  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |
レ・ミゼラブル11/18ソワレ@帝国劇場

8人もキャストの千秋楽でした




マチネの衝撃から立ち直れないまま見たソワレでした。
今日は個人的にプリンシパルデーと名づけた日。
大好きなバルジャン、アンジョルラスでもあったし
明日でMy楽のためアンサンブルさんもかなり見納めなので
しっかりとしっかりと。。


☆(橋本)さとしさんバルジャン
やっぱり誰かの楽だけあって熱いですね~!
ちょっと2階からだけど
オペラをあまり使わずに見てみたんです。
だけど、そのすべてで泣くことができました。。

バルジャン、すっごい勢いで
看守から突き出されていて
ちょっとかわいそうだったぐらいです。

えっと、好きなとこいっぱいありすぎて
困るんですけど・・・
バリケードでジャベに対してとかマリウスに対してとか
気づいたときが凄いいいんです。
はっと気づいてずっと見つめる。
なんだか凄く素敵だなって思います。

あとやっぱりコゼットに優しい♪
マリウスに異様に優しい♪ 大スキなんですね、きっと。


☆阿部ジャベール【千秋楽】
アベール、マチソワお疲れ様でした
マチソワでみたのに飽きなかったし
とってもとっても熱くて。
「見入る」って言葉が見事にハマりました。


吸い込まれるようにその対決やstarsや自殺に
見入ってしまって。。
ずっと「今ジャベみたい~」と思いながら
見ていて自分に反省・・・

☆今井ファンテ
久々だったのにmyラストでした。
凄くはかなげで凄く素敵になっていました。

夢やぶれても ファンテの死も
子を持つ親の強さ、恋する女性の儚さ
死を待つ人間の・・・切なさ。
泣かされました。。

☆真綾エポニーヌ【千秋楽】
on my ownがいつも以上に泣けました。
「・・・愛してる」にこめられたその強さ
恵みの雨でマリウスに出あえたときの嬉しさ
バリケードへと走っていくエポのひたむきさ。

大好きな人には会いたいというのが
すごくすごく分かるから
とってもとっても大好きなエポです。

育マリウス(山崎さん)はいちいち抱きしめたり、頭なでたりするので
その度に一喜一憂。
はっと笑顔になって、だけどコゼットラブなマリウスをみて
しゅんってへこんで。乙女なエポで大好きです。

だから、大好きな人の腕に抱かれて眠ったエポは
きっと幸せでしたよね。。
真綾ちゃんエポは博多楽でも見ていて
私にとっては思い出のエポでした。
真綾ちゃんのエポの最後の死に逝く顔は
穏やかな笑顔で、、涙がとまりませんでした。

☆(山崎)育三郎マリウス【千秋楽】
可愛いマリウスでした
2007年、このマリウスに恋しました。
素敵な声とかっこいいビジュアルに
my best マリウスとなりました。
だけど、今期帝劇でそれだけじゃない!好きなマリウスになりました。

空気よめないダメダメなマリウスだけど
そのほわ~っとした感じがぴったりで。

大好きでした。

cafe songでは号泣です 
声が出そうなぐらいに泣きました。
とっても優しいマリウスです。
天然なのでしょうね、エポを抱きしめたり頭撫でたり
それは優しいが故に人を傷つける結果になってしまうのだよ
って何度も思いましたが。。


☆菊地コゼット【千秋楽】

美香ちゃんも大好きなコゼットです
イメージにぴったり
可憐で可愛いコゼット。
守ってあげたくなる可愛い可愛いコゼットです。

☆(三谷)ろっくさんテナ【千秋楽】

いつも死体に座るのでハラハラしていましたが
引きずったあとの手の下ろし方は
一番優しいテナでした。

酔っ払いさんには冷たいテナでした(笑)
2007年より今のほうがすきかもしれません~

☆田中マダムテナ【千秋楽】

りかさんのマダムテナ1番スキでした。
残念ながら今回はスキな組み合わせで見れませんでしたが・・・
酔っ払いに1番優しいマダムテナです。
ちゃんと追い出したあとに「ばいばい~」してくれるのは
この方だけです。。。 


この人も普通の女性。
ただ時代と環境が「マダムテナルディエ」にさせたのではないかと・・


☆松原アンジョルラス【千秋楽】


2007年 私がレミゼラブルを見るきっかけとなった人の1人です。
レミは2004から見ていたのですが、当時は
岡ジャベのstarsに聞きほれてしまった記憶しかなくて。
2007年、博多座レミがきまったとき
「岡ジャベのstarsが聞きたい」という理由と
「松原さんのフイイ 聖太さんのプルベ 育代さんのかつら屋さん
 が見たい!さとしさんのバルジャンってどうなの?」
と思った私はレミゼに行くことになったのを覚えています。

アンサンブル時代から見ているからこそ
松原アンジョが最初にパリの街で登場した第一声は
とてもとても嬉しくて。涙が出たことを覚えています。

学生との距離がとても近く
真面目で冷静なアンジョなのかと思いきや
ちょっと優しい一面も見えたりと素敵なアンジョでした。

ゴメンナサイ。記憶があいまいなんです・・・
泣きすぎて何も思い出せないんです・・・
ABCでは凄く凄く素敵だった「グランテール!」酒を置け。
が印象的。

バリケードでは
ジャベだと分かったときに銃を構える瞬間や
学生たちの銃を払うしぐさがスキでした。
バルジャンがやってきたときに、
「後ろからうつろ命はない」でバルジャンがうなずくまで
銃を一瞬ひいて渡さないという流れがとてもスキでした。
だって、ジャベにあったあとなんだから
多少は警戒しちゃうよね?

誰よりも銃に必死に弾を込める姿は
フイイ時代と変わらず、とても素敵だったのです。
自ら率先して戦うリーダー・・・
フイイに弾がないといわれたときも
マリウスが打たれたときも
狙撃兵だぞーな感じで モンパ役者が打たれたときも
バリケードを駆け下りる姿はとってもすばやくて
かっこよかったです。
そして、お酒を飲み干すDrink with meは
グランへ向ける目線の冷たさの中に
いろんな優しさも感じました。

「マリウス、少し休め」このせりふで泣いたのは
松原さんのアンジョがはじめてです。
はりつめたバリケードで「優しさ」に安心した瞬間でした

ガブローシュが投げたカバンはこの日
アンジョルラスが伸ばした左手に届きました。

そして、アンジョは落胆したままそのカバンをぎゅっと握り締め
「死のう!僕はら的など恐れはしない!」と叫びました
「たつのだ~仲間よ、世界に自由をー」
その瞬間に高らかとそのカバンをかかげました。
そして彼は、そのカバンをクールフェラック清水さんに渡し
クールがその中から弾を取りだしその弾を銃にこめ
必死に必死に銃を打ち、落ちていきました。

2007年 博多座千秋楽

その当時フイイだった松原さんの伸ばした手に
カバンが届きました。
そしてアンジョの「世界に自由を」でそのカバンを高らかに掲げ
クールフェラック清水さんに渡しました
二人は弾を分け合い、散っていくアンジョの足を必死に
おさえようとしながらフイイは
プルベールを見て、一瞬うなずいて散りました。

その記憶はとても鮮明で
その記憶がすっとそのアンジョの手に届いたカバンを見て
よみがえりました。。


☆そうまくんガブローシュ【千秋楽】

大人ぶったガブでした。
しっかりしている子なので、
自分の意見を持ったガブにぴったりだった気がします。
カバン届く率が凄くて
勢いよくバリケードの向こうへ飛び越えていくカバンに
ガブローシュの生きたい!負けたくない!気持ちを感じました

+++


清水さんのクールフェラックは
いつもチラシの舞い方がキレイで惚れ惚れしました~ 

横田さんジョリはマリウスの恋話を聞くのが可愛かったなー 

近藤さんのコンブフェールは、ガブに優しくて。
あとテナインの帽子クルってのがすきで。
バルジャンがジャベを撃ったフリのあと、
銃をガンガんてやらなくなったのは優しさを感じたなー 

櫻井バベはいっつもこわいなーと思ってました 

藤田さんは囚人の第一声がいつも凄くて鳥肌でしたね。 

野島さんプルベールは相方さん。
あまり見ることができなかったけど、同じ役でも
ここまで違うものに仕上がるものなのだなと
よくわかった気がします。 

赤座さんのモンパはナイフが似合っていてこわかったです~

荒井さんの買い入れ屋さんは「どうする?」がすきでした。 

折井さんは2007年でA班だったのもありフイイと絡みもあったし
結構見てた気がします~。
役の印象じゃなくて申し訳ないのですが
すごく成長したな~と上からで申し訳ないです。 

藤咲さんは、マドレーヌでもいつも強気で美しかった 

歌納さんはバルジャンに優しかった気がします~ 

児玉マダムは兄さんお安くあげるなら~で
お兄さんに超積極的でした。お兄さんいっつも困ってたよね・・・ 

穂積さんの少年は可愛い愛らしい少年で
弾を必死に探すのがすきだったな~ 

稲田さんの少年も可愛かったです。
少年1の姿を追うカッコウが好きだったのです~

2009年11月18日 17:19  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |
レ・ミゼラブル11/18マチネ@帝国劇場

大好きな人たちの前楽ですー!!!!
なので、My最終日の人たちがたくさんいらっしゃいました。
なるべく見ようとは思ってみたのですが・・・
どうなることか?笑 





☆別所バルジャン
見納めでしたので、しっかりと観ようと思ったのですが・・・
しっかり観たのですが・・・

あ、鍵をガチャン!ってしめて
エポを追い出すのでいっつも
ひどい~(><)と思いますが
on my ownの切なさが増す瞬間だと思います。

ガチャンってなった瞬間から・・・
「またあたし独り」って歌詞がハマると思うんです。
このガチャン!って音。。
( 橋本)さとしさんのときはないので
「またあたし一人」な気がするんだけど
別所バルだと「独り」って感じです。



☆阿部ジャベ
好きなシーンが増えてきました!
毎日見ていますが対決あきません~


☆知念エポ
大好きエポです。
one day moreのときの
「目もくれないわ~」って通り
マリウスはエポのことがまるで目に入ってなくて
それでもずっとマリウスを目でおっていて。
すごく凄く切なくなります。

好きな人を目で追いたい気持ちわかるもの!!!
プリュメ街での「待つわ~」って気持ちもわかる。
だからこそ強盗で、モンパにナイフをふりあげられても
どうにかしてマリウスのことを助けようとした
そんなエポの気持ちが伝わるのです。。



☆泉見マリウス
見納めでした。
基本的に年齢を感じさせない
可愛い可愛いマリウスで。
観るたびに若さに磨きがかかっている気がして
ぜひ、そのテクニックをおしえてほしい(違)

あんなにはしゃいでるのを見たら
そりゃぁエポは切なくなるよな~って感じです。

☆安崎テナ
唄ウマテナの見納めでした。
下水道はその美しいお声にますますこわくなりました・・・
必死に生きてるというよりも
計算づくで生きている。森さんとのご夫婦は
政略結婚な気すらしてなりません~ 

酔っぱらいと一緒にお酒のんで話をきいてくれるのは
このテナだけでした!!!

++

もーう!すべてがすきですきで仕方ないのです。
学生たちの!!!
以下順不同!思いついたままに書きますので!!


この公演を含め、私が見れるのはあと3回だったので
かなり見納めキャストさんがいました。 
見納めキャストさんをひとことづつ。

中井さんのレーグルは真面目で好きでした。
いつもプルベールさんとABCで楽しそうにお話していて
グランが踏んでるときに書類の上の足をはらって
「足!足!」っていっていて。 

松村さんのグランテールは「いくなー」という声が
いつも心に突き刺さりました
バマタボアのときはちょっとこわくて。いつもおそれてました。 

鎌田さんフィイは「来い相手になるぞー」が
力強くて安心してみれたし
鳥肌ものでした! 松原フイイに負けない!と思いました。 

梶さんも治安官での声が好きでした
ラブリィレィディのときもとっても良かったな~

里奈ちゃんの少年2が大好きでした。
博多レミではB班だったので
どうしても回数が少なかったのですが
帝劇でいっぱい見れて嬉しかったです!元気な少年!
お酒をねだる姿が好きでした。
病気の娼婦の「冗談よ」が健気で涙ものでした。

(本田)育代さんのかつら屋さん大好きでした。
ファンテをつれてく動きも好きだったし
工場でのソロも素敵でした
ファンテを見て鳥肌たてていやそうにしてたりとか。
育代さんで見たカルーセル。
ほんとに表情が大好きで、だからこそ・・・
このシーンが大切なのだと分かった気がします。
カルーセルは博多B班で「なんて大事なシーンだ」と
気づいた大切な瞬間です。

今日も(麻田)キョウヤさんのクールフェラックは熱くて。
ガブローシュ(春口)りょうがくんのカバンが届かなくて
必死に必死に本当に落ちるほど身を乗り出していて
切なくて切なくて。。
それを必死にひっぱるプルベール。
落ちないように一生懸命支えるプルベール。
その手が見えたとき、涙がとまらなくなりました・・・

大好きなんです。
バリケードにのぼってくる軍人を銃の後ろで
落とそうと必死に戦っている姿には
いつもいつも涙が出ます。
「死のう~!」のあと
誰よりも誰よりも早く銃を構えるプルベール。

アンジョルラスが落ちるときにも必死に手を伸ばします。
必死に助けようとします・・・
だけどその手は届かなくて・・・

少年から受け取った弾を
悔しそうに必死に銃にこめます。
クールフェラックとわけあうために
バリケードのふちに弾をおきます、、
その弾を最後の最後まで握り締めようとして散っていきます

Bring Him Homeではいつも最初夜空の星を見上げ
素敵な笑顔を見せてくれます。
大好きな星を明日を信じた仲間と見上げているのです。
だけど、途中から胸をつまらせて泣いてしまいます。
それをジベロットに慰められます・・・ でも泣いたまま彼は眠ってしまい

まともな宿屋のご主人は
とっても力強くて。 守ってくれそうな方だなって思いました。 

ABCカフェでのフェンシング
「よし!来い!」ってすごくすごくかっこよくて
なんだかおふざけしているのに
心わしづかみで、涙とまんなくなっちゃって・・・

カフェソングでも泣いてました。ね・・・

はい。プルベール話になっちゃいましたが
好きなんですよ~。(><)

バベはやっぱりあのスカーフだかハンカチだかを
くるくる~ってまわしてこそバベですよね!
あれすきだな~。
あとアーミーオフィサー。むかつくぐらいかっこいい歌声
治安官?警察?の最初のソロも素敵だし
バルジャンが紙を見せるときの一瞬の表情も好き。
見張りの声も素敵ですね。
必死さ、焦り、いろんなものが伝わってくる。
勝って!って祈っちゃうのです。


というわけで、この日は勢いでマチソワです~

2009年11月18日 17:18  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |
レ・ミゼラブル11/17マチネ@帝国劇場

休演日あけレミゼ。

途中、強盗~one day moreぐらいまで
空調の音なの?っていう音が
ずーっと入っていて。何だったのだろう?
大好きな強盗団のソロが空調の音で(><)


そして、最後の2階席でした。
(あ、翌日の松原san楽も2階なのですが)
好きなほうのプルベールさんを2階からみるのが最後で
one day moreを見納める日でした。

もともと遠征日ではなかったため
チケットがなくて。学生にうもれて
補助席で見てきました。
でも正面から見れましたよ!ちゃんと!

とてもとてもさびしくて
とてもとても笑顔が素敵で。
久しぶりに鳥肌がたちました。
三角行進は、やっぱり正面から観ると本当に
すばらしくて。。
そこにゆれる旗はとってもキレイなハズ!
でも最後だから旗じゃなくて「表情」見ちゃったよ~ 




☆さとしさんバルジャン
暑苦しいバルジャンでした(ほめてます)
久しぶりに「24653~」で鳥肌がっ!
異様な空気の客席だからかな? 熱がおびてましたー。


バリケードでマリウスを見つけたときに
「はっ」とするのが好きです。
その瞬間の顔はジャベを見つけたときとは違って
とてもとても穏やかだと思います。

ジャベールとの視線での冷戦状態のバリケード
なんというか・・・もぉそのぴりぴりの空気が
伝わってきて・・・。 本気で撃つんじゃないかとすら思いました。

☆阿部ジャベ
連続で観ていますが
好きかも!って思ってきました。

対決のときの「くそー」っていうのとか
ファンテにたいして「きさまー」っていうのとか。

ジャベも人間だからこそ、追い込まれていくというのが
すごく伝わってきた気がします~

☆真綾ちゃんエポ
on my ownが好き。
愛してる・・・の前のタメ。ここだけで泣けますよ~

☆山崎ファンテーヌ
毎日見てる気がしますが・・・
やさしい雰囲気がでてきたかも~

☆育三郎マリウス
好きにして。っていうぐらいラブラブなのは
偏った感情の問題でしょうか?
でもいくマリ好き^^

☆ロックさんテナルディエ
可愛いんですよ~テナなのに。
森さんとの夫婦だったので
とても尻に敷かれている夫婦に見えました!


☆サカケンアンジョ
やっぱり声のハリが違うと思います。
あの抜けるような声・・・いいな~


+++


☆そうまくんガブローシュ
カバンがちゃんと届きました!
そうまくんはカバン率が高いので安心です。
きちんとクールフェラックの手に届いたカバンは
クールフェラックによってかかげられ
涙涙でした。

☆リトコゼちゃん
バルジャンにあってからも
ずっと不安そうにしているのです。
でも「コゼット私の子だ」ではじめてニコって笑って
うなずくんです。 凄い!
この子はすごい!!!!!

++
バリケードを築こうとする2幕冒頭
グランがふざけたときに超あつく怒るクールフェラックさん
港レーグルだと「落ち着け!」って声が聞こえます。
好きだな~
犬のような笑顔で旗もって走るプルベールも好き

「戦うのだー」前の停止する瞬間の旗さばきがすきでした。


abcの学生さんたちの声は2階まで
ちゃんと届いてました!!!
グランテールがふざけだした時
「はははー」ってモンパ役者の学生さんと笑う笑い声
とってもとっても響いていますよ~!! 

クールフェラックさんが
必死に必死にガブローシュの鞄に手を伸ばそうと
「ここに投げろ」といわんばかりに
必死に手を伸ばしている時
おちそうな彼を必死にひっぱって支えているのがプルベール。
その手がその必死さがとても好きです。。


えーっとこの後、2日間が
尋常じゃなく濃すぎたので17日があいまいです~

2009年11月17日 17:18  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |
レ・ミゼラブル11/15ソワレ@帝国劇場

2階からみました! 
私がとても好きな作品があって
その作品に出演していたキャストが3人いるのですが
その3人がレ・ミゼラブルに一緒にたつのが最後なのです。
ボーイフロムオズ・・・そのOZ組ラストというだけで終演後も涙とまらず
記憶が薄い。。 





★橋本さとしさんバルジャン
パンを勢いよくちぎったせいで
粉が飛んでました~  が2階からでも見えちゃいました。

独白に涙。
やっぱり優しいんだと思います。
裁きに涙。
自問自答するバルジャン・・・
最初は自分がバルジャンだというか悩んでいたのに
それが24653~であることを告げるまでの
変化・・・が手に取るようにわかります。最強です・・・

「コゼット私の子だ」この説得力はさすがです。
コゼを抱きしめるのにも涙がでます。
コゼットが怖がらないように、優しいバルジャン。
プリュメで大人コゼを抱きしめたとき
最後の告白前に抱きしめたとき。
この最初に抱きしめた瞬間と重なり
果てしなく涙が出ました。

彼を帰しては包み込む優しさ。
エポをいえの外に出すときに鍵をガチャン!っていわせずに
やさしく閉めるのが好きです。

頼むよ・・・最後にマリウスに告げたバルジャン。
涙ながらにうったえていて・・・
マリウスがうなずいたと同時に死んでいったバルジャンは
せつなかったですー

ジャベの自殺前に「ゆけ」と言われて
静かに首をふるバルジャンって
どういう心境なのだろう・・・

バリケードで学生を見たときの落胆の声って
きっと優しさ以上に何かある気もしたし

「まかせろ俺がいく」のあとの「何も恐れはしない!」が
かっこよすぎてかっこよすぎて。



死んで立ち上がったバルジャンはね
自由なところへいったのだと思います
しがらみから解放されて 
最後にコゼットに出会えて 言いたいこといえて
幸せなのじゃないかと思いました。

★阿部ジャベール
お久しぶりの阿部ジャベでした 博多以来~
シルクハットが素敵です。

叩き上げというか
「君の職務」だろっていう職務が似合う感じ

市長失礼を~ が好きでした


★知念エポ
好きだな~。 on my ownもとてもいいし
三重奏もとてもキレイ
マリウスに一喜一憂すがたに
女の子ならわかるよ~と思ったりもします。

最近大好きなエポです

★泉見マリウス
僕の人生に天使たちの音楽~が
天使・・天使たちの~になっちゃいました
珍しい。

さとしさんの最終日。
カテコであついハグ!(涙)

やっぱりかわいいーマリウスです
今日1のカフェソング。
最後にお酒を飲み干しました。

(普段は飲まないはず・・・)
 
うまく表現できなくてごめんなさい
この日のカフェソング、すっごくよかったです。
「あぁ、友よいくな」の「いくな」が切なくて・・・


★菊地コゼット
やっぱかわいい。やっぱ1番好き
恋を知らなかったコゼが最後はマリウスを支えるほど
成長していくのがすきなのです~


★ロックさんテナ
こちらも博多以来かな?
普通にいそうな人。
死体の上に乗るのでそこがいつもハラハラです
見慣れているくせに・・・ 笑


★松原アンジョルラス と 学生たち

ABCではいつも以上にしっかりと学生を見ていた気がします
「遅刻だぞー」の言い方とか
「マリウス、わかるけれど~」のマリウスって言い方とか好き。
ラマルク将軍が~のときに落胆する学生たちを慰めていて。
プルベールがふざけたあとも、今日のアンジョは優しかった。
怒ったりせずに、目で合図を送るのでシュンってなってました。

「自分のことより民衆のために」
建前じゃなく本当にそう思って革命しそうなアンジョ。

グランテール酒をおけのグランテール!って言い方とか
名前の呼び方がすき~

民衆の歌の前に出て行く学生たちを見守る視線とか
このときのアイコンタクトとか・・・
民衆の歌で学生たちとの距離感がすきなのです。
それは彼がアンサンブルだったからでしょうか? 
「祖国フランスに自由を!」とか
エポにつかまるマリウスを「マリウス!」って呼ぶのとか。

バリケードでも台詞部分がとてもいい!

バルジャンに「攻撃はじまるぞうまく使えよ」で
銃を受け取ろうとするバルジャンから一瞬また銃をひいて
「後ろからうつと~」でバルジャンがうなずいてから
銃を渡します。 そういう細かさがすきなのかな~

クールフェラック見張りだ~のあとのアイコンタクトとか
drink with meでのバリケードの降り方とか
その後のぼって銃を受けとり方とか(クール側の渡し方も)
とにかくよいな^^と思う瞬間が多い。

ジャベだとわかって銃をかまえる学生の銃を
銃ではらっていくのもいいですよね~ アンジョ
で、「え?」って顔しているクールとかプルベも好き。


歩兵の一隊が~のときの丹宗さんの声が凄かった(号泣)
あのときの学生たちの次々にあげる声とか
「撃てー!」とか そのタイミングで撃てって手をやる
クールフェラックさんとか。 激しくすき

ガブくん、123の前に
撃たれて帽子とれちゃって。
それが余計に切なくて 胸を締め付けられました 
必死に戦っても子供に容赦なく銃をうつなんて・・・

アーミーオフィサーは今日も「負けたな」って思う声でした♪
かっこよろしい~です。
でもね、ちょっと本気でこんなに学生がんばってんのに!
なんだよ!政府軍!とか思っちゃった(笑)

「死のう」っていうアンジョの叫びは思い出しても涙でちゃうし
「敵など恐れはしない」の「しない!」が力こもってて好きでした
クールフェラックさんはここのソロでなんと
帽子?頭巾?とってそれもって叫ぶように歌いまして。
最近ここ熱いんだけど・・・ かなりやばかったです。
このときにほえてるプルベがかっこいいです~

涙腺崩壊 かつ 嗚咽 かつ 呼吸困難

私、ダメと思いました(苦笑)

「たつのだ~」ってアンジョにいわれたら
たちたくなるよ~。笑

どこのタイミングだか忘れたけど
バリケードの上にかかげてある
レッドフラッグをぎゅって握ったアンジョがすきだったなー

最後にバリケードを駆け上がるアンジョは
素敵すぎまして。
みんなの散っていく姿は・・・
残念ながら涙がにじんで。視界がぼやけて・・・
わけわかんなかった(苦笑)

そんなアンジョが堕ちていくとき
自分もおちるんじゃないかと思うぐらいに
必死に必死に手を伸ばすプルベールに
声が出そうになりながら泣いてしまいました・・・

途中で2階なのにオペラグラス使えないぐらい涙で見えなくなって
全体像をぼーっと見ていたら
あまりにも絵としてきれいでかっこよくて美しくて
意味がわからないけれど涙とまりませんでした~・・・
困ったー。。。


カフェソングではよい顔しているんですよ。学生陣
そして最後の民衆の歌も・・・

「学生中心」レミゼ見た気がします。




カテコでそのボーイフロムオズ組の3人 笑顔で肩を組んでいて
 果てしなく涙が出ました。。。

2005年からずっと(という言い方には語弊があるかもしれないけど)
一緒でしたもんね。
私もあの舞台の初日からずっと追いかけてきた3人でしたもん。

だから、この並びが見れないのはとってもとっても
さびしいなーって思っちゃって。
レミなのに、オズオズオズ!!!ってうるさくて
スミマセン。 でもオズがすきなの~(><)

+++

お隣の親切なおじさま。 ありがとうございました。
見てないとは思うけど・・・見ていたらという0.1%にも
満たない可能性を信じて。。
涙でおかしくなっていた私に声をかけてくださって。
「見ますか?」ってオペラグラス
(泣いてもぶれない!手振れ補正!!とかいう高そうなやつ)
かしてくださって。。ちょこっとお話させていただいて。
あの本当にありがとうございました。。

こんなにも酸素ボンベがほしいと思ったレミは初めてで。
そのおじさまと一緒にこられていた女性の方にも
本当にお世話になりました。。

2009年11月15日 17:17  カテゴリー: ミュージカル レ・ミゼラブル 東京 | コメント(0) |

1  2

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。