ゲキ×シネ五右衛門ロック@劇団新感線

中州大洋にて上映中のゲキシネ五右衛門ロック。
http://www.goemon-rock.com/

舞台をそっくりそのまま映画館で楽しめるという
何とも素敵な時間をすごしてきました。
でも舞台をそのままなので、休憩も15分あって
18時半スタートの22時10分終演

■CAST■
古田新太 松雪泰子 森山未來 / 江口洋介
川平慈英 濱田マリ 橋本じゅん 高田聖子 栗根まこと
北大路欣也 他


■ストーリー■
時は豊臣秀吉の世。
稀代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は
役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり、
釜茹の刑に処される。 <br />
その葬儀を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪泰子)。
実は、お竜たちの仕掛けにより、五右衛門は生き延びていた。
そこに現れる南蛮人ペドロ・モッカ(川平慈英)たち。
彼らに乗せられた五右衛門一味は、
南の果てのタタラ島に眠る神秘の石《月生石》を求めて船出する。 <br />
しかし彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨が襲い、
海に投げ出される.南の島に流れ着いた彼らは、
タタラ島国王クガイ(北大路欣也)の手下によって捕えられる。
絶体絶命のピンチの場に、
クガイを憎むバラバ国のカルマ王子(森山未來)、
ボノー将軍と妻・シュザク夫人(濱田マリ )が攻め込んできて

《月生石》の持つ力とは? クガイとは一体何者なのか?
果たして、五右衛門の運命やいかに!
 

 

 +++

  ロックといえば劇団新感線 !というかんじですね。
新感線の王道をいく作品でした!これぞまさに!!って。
新宿コマ劇場での上演時、何度も行くチャンスを逃していたので
やっと観れたぁ!って感じでした.リノリのロック音楽。
ガンガンに響くベース。
これが苦手。。。って方にはちょっと辛いかもしれませんが
殺陣とか衣装とか音楽の派手さに圧倒され
妙に笑いをとりにはしる台詞に笑って・・という楽しい時間になりました。
五右衛門ロック!
めーっちゃ楽しかった!!
何よりもやっぱり新感線はおもしろ~い♪です!
北大路サン演じるクガイがどーにもかっこいいのです★
そして江口サンの岩倉左門字がどーにもギター侍なのです!
結局、クガイはとても良い事をしているがゆえに ・・・
とても切ない切ない結末なのですが
何でも笑いにしてしまう、派手な演出も新感線!
もぉ超たのし~くロックな空間にいれました!

そして、個人的に大のお気に入りの吉田メタルさん。
今回もかなり良い味を出したキャラでした!
舞台を生で見ていると「ココ」ってとこを
自分の目で見ることができますが・・・
映像だとそれが出来ない分ストレスなることも多い。
だけど、ゲキシネはいつもとっても楽しくて
ストレスを感じないことが多いのですよね~
森山みらいくんのタップが想像以上に素敵でした♪
カルマ王子のような衣装、似合うな~
殺陣はやっぱめちゃくちゃカッコイイです★
殺陣の最中にごちゃごちゃ言い合ってるのも「らしい」
面白すぎます!!
橋本じゅんサンのやわやわぶり面白かった~
川平サンのペドロは最初から胡散臭さ満載で
見事に期待を裏切らず、裏切ってくれました。
そして主役の五右衛門=新太サン。
彼にしかできない五右衛門だな~と思いました。
マンガの世界から飛び出してきたんじゃないか?
という髪型に衣装に
それを面白くも時にかっこよくも演じる姿はさすがです。
ざ・新感線というお祭り騒ぎっぷり
殺陣。歌、ちょっとホロってなるところ(涙)
良かった~♪
個人的に楽しみにしていた青山航士サン。
ぬわ~喋ったー!!!と大興奮でした♪
「32歳です」って(笑)
高田サンに絡まれて、喋ります。美味しい~
でもどーみても・・・現在のほうが腕の筋肉がすごいことになってます 
「五右衛門ロック~♪」なテーマソングが
耳から離れません~。
艶やかな女性陣。とくに松雪さんと濱田マリさん。
素晴らしかったです。
スピード感がとってもある作品だったので
そのスピード感が失われずに映像化されていたことに関心しました。
五右衛門が盗もうとした月生石。
それを守ろうとしたクガイ。その五右衛門を追う左門字。
自分の利益のためだけに行動するやベドロ。
クガイを憎むカルマ王子。カルマを騙すシュザクとボノー。
クガイの思いを知った五右衛門、お竜、インガは
心を動かされていくのです。
原住民ホッタラ族。
ずっと笑顔でいる彼らが、この島が沈むと分かったとき
自分たちが滅びると分かったとき
左門字に笑顔で別れを告げる。そのとき、彼の心も動きます。
ちょっぴりホロっと涙しました。
かっこいい!のに泣けて笑える!さすが!!!です。
映画館なので飲食OKなはずなのに
どーしても舞台だと思うと
ためらうこともあったり(笑)
でもお気楽に観れるのでゲキシネ、いいですよね~。
 

2009年9月 7日 01:53  カテゴリー: ミュージカル 映画 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。