柄本明ひとり芝居「風のセールスマン」3/25@エルガーラホール

柄本明ひとり芝居
「風のセールスマン」
を観て来ました。

http://engekilife.com/play/10695

風の飛ばされる紙くずのように、街から街を渡り歩く男。
売っているのは水虫防止付靴底シート。
ところで或る日、或る街で、男は突然決心する。
「流れるのをやめて住まおう」と。
住まうための男の悪戦苦闘が始まるが・・・・・・。
別役実初の"書き下ろしひとり芝居"に柄本明が挑む!】



+++

何というか不思議な世界観。
そこにいるのは、たった一人
セットも凄く簡素なものなのに・・・
妙にひきつけられる空間でした。
ただ、とってもとってもシンプルに。全てを語りかけるようでいて
それなのにたった1人の主人公

笑うところはくすくすと笑えるような
なんとも言えないシュールな笑いが盛り込まれている。
なのに・・・最後には、泣いてしまいました。

流れているが故に世間から孤立した男
だけど、いつも世間の目を気にしていた彼。
誰かに認めてもらう、誰かに認知してもらう。
住みたい・・・その思いが凄く切なく感じました。


人は人と関わりあって生きていくものです。


なのに、彼はそれが出来なかった・・・すごく寂しいなと思いました。
でも彼は不器用なりに彼なりのやり方で
世間と関わろうと奮闘した・・・。


【自分の居場所】を捜し求めた男。。。


それが、何とも滑稽でした。けど結局彼に居場所はなかった。
最後の台詞がとても心を刺しました・・・

「傘があったら、その下に自分がいると思って欲しい」

居場所がなく、誰からも認められず
風のようにさすらい、空気のような存在だった彼。
彼の妻が自殺をした時、彼が家にいたにも関わらず
周りの人間は彼をみていないと証言し、彼は探されもしなかった。
その事実にすごく心が痛みました。

だから雨も降らないのに傘を差した彼。
雨がやんだのに気付かないわけじゃなくて・・・
雨が降っていたときのことを思い出したわけじゃなくて・・・

傘があるから、そこには自分がいるという事実。

笑って泣けて、ほっとはしないけど・・・
だけど凄く何かを残してくれる大人の芝居だと思いました。

+++

時々、自分の居場所はどこなのだろうか?と不安になったりします
だけど、時々・・・人に傷つけられ人と関わるのが煩わしくなる
そんなこともあります。人が怖いと思うことも・・・
だけど、人に傷つけられても、
結局助けてくれるのは人なんだと思います。
たまには1人になりたい!と思ったりもするけど・・・
やっぱり人と一緒にいると・・・とっても楽しいと思います

だから人が好きです。


なんだか最近もやもやしていた私には、色々とキッカケになりました
世界中の人が誰も自分の存在を認めくれなかったら?
それはつらいことですよね。

大好きだと思える人がいて、一緒にいて楽しい人がいて
笑ったり泣いたりする友人がいて、家族がいる。
働く場所も、好きなことに浸る場所もある・・・。
あ、幸せなんだ・・・私と思いました。

人と争ったり、人を蹴落としたり・・・。そんなことが多い世の中で・・
特にそういう中に身をおいていたのが思春期ど真ん中でした。
それ以来、人と争うことが嫌いで。
自己防衛の手段を考えながら、ここまで来た気がします。
だから何か?時々・・人の中にいてもふっと寂しさを感じたり。

余韻に浸ろうと、スタバでぼけーっとしてたら
ガラス越しに生き急ぐ人たちが歩いている姿がたくさんありました。

でも誰も通らないと寂しい・・・。
みんな何でそんなに急ぐのかな?
なんでそんなに競うのかな?
干渉しすぎもよくないけど、全く干渉しないのも
寂しい気がしますよね。。。
例えば隣に誰が住んでるか分からないとか(^^;

いつか、今日の芝居の彼のように
誰からも気付かれない人が出てきても
おかしくない世の中なのかも・・・と
寂しい気持ちになりました。

でも見てよかった!
なんてちょっと真面目にいろいろ考えてみました。
う~ん、レポになってないなぁ(^^;
 

2009年3月25日 19:42  カテゴリー: ストレートプレイ | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。