ミス・サイゴン3/13S&3/14M

ミス・サイゴン期間中に
どーしてもさとしさんに120%偏った感想を
読みに来ていただいてた方・・・。
アンサンブルの話ばかりだったのに読んでくださった方
本当にありがとうございました。

私のラスト2回のサイゴンはもぉ言葉に出来ません。
13ソワレ・14マチネは呼吸困難なぐらい
泣きすぎてしまいました。。。
特に14マチネは、大好きなさとしさんの大好きなエンジニアの楽日
しかもMy楽・・・だったので呼吸困難なぐらい(;_;)


サイゴンで出会うことができたマイミクさん達。
そして、素敵なキャストの皆様方。
このサイゴンに出会うきっかけになった
大好きな役者さん達!!!
サイゴンのために頑張ってた博多座の方々。
舞台を支えていたスタッフの皆さん・・・
ほんとにほんとにみんなに感謝っ!!!

この作品、こんなに好きになると思わなかった!!
でも、通えば通うほど作品の良さが分かって
どんどんハマって・・・。
最高の最高の思い出になりました
ありがとう、ミス・サイゴン!!!!!!

燃え尽きました!!!

***

何が好きだったのか・・・
始めに見た時はやっぱり最後がイヤで。暗いし・・・
何かと1幕のほうがすきでした。

でも見ているうちに2幕のほうが好きになりました。
最初はキムとクリスの話だったのが
自分の中で見方がかわるにつれ
色んなものが見えてきました。

エンジニアもブイドイである。
彼も戦争に翻弄され苦しんだ一人だ・・・。
最後は本当にエンジニアの人生を追いかけてみていたので
一番彼のことを考えてました。。

アンサンブルもGI側・ベトナム人側・・・
それぞれに細かいドラマや設定があり
それを知るたびに深く物語りを読み取り
涙が出ました。

バンコク・ベトナム・ナイトメア
ドリームランドもMODも
全て違う色を出すシーンなのにも関わらず
1つ1つが凄くキレイな絵になっていて
オペラグラスなしで見たアメドリは
想像を絶する儚さを持っていて
涙がとまらなかったです。

セットが~とか宣伝文句として言いますが・・・
それ以上の何かがありました。
「答え」は見つかりませんでした。

だけど通った意味はありました。
千秋楽、熱くなりすぎたさとしエンジニアが
ソニンキムをクークープリンセスで力強く蹴ったとき
エンジニアも生きるために必死であることに共感し
さとしさんエンジニアではDie in bedも
アメドリも泣くことができました。

なんだかね、夢から醒めた気分
本当は特別なものであるはずの「観劇」
それが日常になっていた2ヶ月半。
ただ、それが普通に戻るだけのこと。
特別なものが、また特別なものと特別な時間になる。
ただ・・・それだけのことなんですね。

ってことは・・・この2ヵ月半も本当に
特別な時間だったんだなーって改めて★

また出会えることを信じています。
 

2009年3月14日 19:51  カテゴリー: ミス・サイゴン ミュージカル 博多座 | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
えったん★プロフィール
NO MUSICAL!
NO LIFE!


えったん@
生まれも育ちも博多っこ。
情熱とフットワークの軽さ
で自由に生き抜いてます★

福岡シティ劇場杮落し「オペラ座の怪人」
その世界,スケール
音楽・・すべてに衝撃をうけ
ミュージカルにハマりました。

今では、東京や大阪などなど・・
頻繁に飛んでいっています。

人との出会いも作品との出会い
全てが「一期一会」
良い役者さん、良い作品。
出会うことで自分も成長したい
そぉ日々感じています。

レポというよりは・・・
個人的感想と覚書です。
「こういう楽しみ方もある」
と思っていただければ・・・(笑)
舞台の魅力を知ってもらえたら
なんて思っていますm(u_u)m
特に同世代に!!

ミュージカル以外にも
ストレートプレイ・小劇場
興味があれば足を運んでいます。