「可愛すぎる能楽師とは?」

さて、モー娘が、一体何人であるのか、はっきりしない内にAKBやらSKEやらNKBやらで、もはやグループ名でさえ、すっかり追いきれない歳となってしまいました。

 

JFK(かの有名な大統領、もしくは阪神黄金期の勝ちパターンでの投手リレーの略)とか、FSH(卵胞刺激ホルモン、もしくは福岡ソフトバンクホークスの略)、SBM(ソーシャルブックマーク、もしくは福岡ソフトバンクホークスの昨年までの勝ちパターンでの投手リレーの略)とかならわかるんですけどね。

 

SDNというグループに至っては、一度も拝見することなく「全員卒業」だそうです。

 

高校の時、入学以来一度も登校した事がないクラスメートがいましたが、突然、彼の退学を担任の教師から聞かされた事を思い出しました。

 

・・・人生色々ですよね・・・。

 

さて、ここのところ能ブームです。

 

能楽師というと俗に「中年以上の方。」というイメージがありますが、ちゃんと?若手がいます。

 

もちろん芸事でしょうから、人生の円熟味が増せば増すほど、演技の円熟味も増すというものなんでしょう。

けど、今回は ビジュアル&フレッシュさ重視です。

-------------------------------------------------------------------

一時期 福岡ソフトバンクホークスの2軍戦の試合をよく見に行っていました。

ホークスの2軍戦は、雁ノ巣球場という所でやっていて 海も近く、なにより野外球場なので昔ながらの野球観戦ができるのです。

 

当時 川崎宗則選手が ルーキーで坊主頭で高校球児よろしく駆け足でショートのポジションにつき、溌剌とプレーする姿に、将来のホークスを任せるのは、彼しかいないと感じたもんですが、はたして実際そうなったもんですから嬉しいものです。

 

1軍スタートは、今のような1番スタメン・ショートではなくサードの守備固めだったのですが、ドームで初めて、彼の姿を見たときはあたかも自分が育てたような気持ちと応援する気持ちと1軍入りを喜ぶ気持ちでなんとなく胸が熱くなったもんです。

--------------------------------------------------------------------

果てしなく前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介したいのは、能楽師 多久島 法子さん。お父さんも能楽師でいらっしゃいます。動画を見ればわかってもらえますが、非常に可愛らしい方です。

 

演技は、仕舞(能の一部を素で舞う事)を一度見たことがあります。小柄な方ですが、舞台では、大きく見えます。凛とした表情で機敏に若々しく舞う様は、とても清々しく見えます。

 

11月26日(土)に、大濠能楽堂で独立披露能がありますが、楽しみにしています。

演目は、石橋(しゃっきょう)。ちらしを見てもらえばわかりますが、衣装が ド派手です。

そもそも、能は 地味だと思われていますが、衣装等は、結構派手です。

 

能楽堂のはりつめた空気の中、衣装、謡、お囃子の調子、舞、総べてにコントラスト?を感じます。もっぱら、そのコントラスト?に惹かれています。能の奥深さ、まだまだ さっぱりわかりませんが、楽しんできたいと思っています。

 

よろしければどうぞ。


多久島法子『独立披露能 石橋(しゃっきょう)』詳細はこちら

 

多久島法子さん
 メッセージ


2011年10月20日 11:21  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
tomo★プロフィール
tomo

①きわめて 演劇ビギナー。

②きわめて 遅筆。

③きわめて ネクラ。

④きわめて 無口。

⑤きわめて 高所恐怖症。

ひょんなことから観劇日記を書くことになって、はなはだ狼狽しています。

演劇?うーん、むずかしそう。多分、たくさん脱線します。

どうぞよろしく。

興味があれば足を運んでいます。