舞台版『千年女優』。

舞台版『千年女優』を見てきました。

 

 presented by TAKE IT EAZY!さん 女性ばかりの演劇ユニットで、んで、せまい劇場で 観客も女性の比率が高かったので お尻が落ち着かなくて、そして、なんだか 恥ずかしくなってしまいました。

 

僕も 結構な歳なのです。

  

すいません、中身 書きます。

 

原作 今 敏監督のアニメ『千年女優』が あまりにも有名なので ブログを書くのにも非常に緊張もんです。

 

突然引退した老女優 千代子 が マスコミの単独取材に対し若い頃の恋を語り始めます。

ある日 とある男性とぶつかります。そして 『いちばん大切なものをあける鍵』をあずかります。

 

その一瞬だけで男性に恋をします。

 

『あの人の目にとまるかもしれない』その思いのみで女優になった彼女。

彼女の男性への『思い』、それは彼女が過ごした現実と出演した作品の間をオーバーラップしながら描かれていきます。

 

『どこまでも逢いに行きます。』

 

そして・・・。

 

こういうあらすじだったのですが、 まあ 熱さ と せつなさ にあふれたお芝居でした。

 

しかも 良く走る、また 体が キレている。画的に 格好よくも美しい。

 

それだけでも 感動したのでした。

 

~ ~ ~

 

昨年 大好きで 憧れていた 写真の先生が 病で 亡くなりました。

 

格好も ライフスタイルも 筋金入りの御洒落で 厳しくも優しい方でした。憧れだったのです。

 

彼の語った言葉は いつも僕の心の中にあります。

 

今でも街で 似ている背中を見つける事があります。そして 思わず声をかけそうになります。

 

先生だけでは ないのです。 昔 大切だった 今は いない あの人だってそうです。

 

幻想だと頭では 解かっているのです。が、 どうしようもないのです。

 

~ ~ ~

よく わからないですね。すみません

 

ええと、熱さと せつなさ あります。(それだけじゃないですけどね。)

 

舞台版『千年女優』オフィシャルサイトはこちら

 

動画もあります。 是非 どうぞ。

2011年4月23日 20:08  カテゴリー: | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
tomo★プロフィール
tomo

①きわめて 演劇ビギナー。

②きわめて 遅筆。

③きわめて ネクラ。

④きわめて 無口。

⑤きわめて 高所恐怖症。

ひょんなことから観劇日記を書くことになって、はなはだ狼狽しています。

演劇?うーん、むずかしそう。多分、たくさん脱線します。

どうぞよろしく。

興味があれば足を運んでいます。