北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > 博多座 > 市川海老蔵 特別公演
市川海老蔵 特別公演
【 2020年2月26日(水)~3月1日(日) 】

市川海老蔵 特別公演



2020年市川團十郎白猿襲名を前に、
市川海老蔵として
最後の『勧進帳』を披露!


【羽衣(はごろも)】

舞台は駿河国の三保の松原。この地の漁師である伯竜が、浜辺の松の木に掛けられた羽衣を見つけます。伯竜がこれを家宝にしようと手に立ち去ろうとすると、羽衣の持ち主である天女が姿を現し、羽衣を返してほしいと願います。伯竜から羽衣を受け取った天女は、お礼に優雅な舞を披露すると、天へと戻ってゆきます。三保の松原に残る羽衣伝説を題材にした能「羽衣」を舞踊化した作品です。幻想的な美しさと幽玄な世界を、児太郎の天女でご堪能ください。

【勧進帳(かんじんちょう)】

『勧進帳』は、天保十一年(1840年)三月、江戸河原崎座で七世市川團十郎により初演されました。これを九世團十郎が洗練して、今日の歌舞伎屈指の人気演目として上演を重ねています。

兄頼朝との不和により源義経は、弁慶ら家来達とともに都を落ち延び、山伏姿に身をやつして奥州を目指します。安宅の関に差し掛かった一行ですが、関守の富樫左衛門は通行を許しません。そこで白紙の巻物を勧進帳として読み上げる弁慶。命がけで主君を守ろうとする弁慶の姿に打たれた富樫は、一行が義経主従と悟りつつも関所の通行を許すのでした。


【日程】

2020年2月26日(水)~3月1日(日)【千穐楽】

【会場】

博多座

【演目と主な配役】

【一、羽衣(はごろも)】
天女   中 村 児太郎

【二、ご挨拶】

歌舞伎十八番の内

【三、勧進帳(かんじんちょう) 】
武蔵坊弁慶 市 川 海老蔵
源義経   中 村 児太郎
富樫左衛門 市 川 右團次


【チケット料金(税込・全席指定)】

A席 13,500円 B席 10,000円 C席 6,000円

【チケット取り扱い】

■インターネット販売
パソコン・スマホから
https://www.hakataza.co.jp/

■博多座電話予約センター
092-263-5555

■その他取扱プレイガイド
・チケットぴあ(ぴあスポット・セブン-イレブン・サークルK・サンクスでの発売および電話予約博多座専用ダイヤル)
 (オペレーター対応)
TEL092-708-9595または通常ダイヤルTEL0570-02-9999
(PHS・一部携帯電話からは使用できません。)

Pコード【498-929】
https://t.pia.jp/

・ローソンチケット(ローソン・ミニストップ各店での発売および電話予約)
TEL0570-000-407(オペレーター対応) TEL0570-084-008(PHS・一部携帯電話からは使用できません。)
Lコード【83482】
https://l-tike.com


劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら