北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > バックナンバー > ミュージカル『レ・ミゼラブル』
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
【 2019年7月29日(月)~8月26日(月) 】

ミュージカル『レ・ミゼラブル』



新キャストも加わりさらに進化!
全世界で興行収入記録更新中の
"ミュージカルの金字塔"が
2019年夏 博多座に帰ってくる!!

原作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが自身の体験を基に、19世紀初頭のフランスの動乱期を舞台に当時の社会情勢や民衆の生活を克明に描いた大河小説である。原作の持つ、「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」といったエッセンスを余すことなくミュージカルに注ぎ込んだ本作品は、1985年のロンドン初演を皮切りに、日本では1987年6月に帝国劇場で初演を迎え、以来熱狂的な支持を得ながら、東宝演劇史上最多の3,006回(2015年9月時点)という驚異的な上演回数を積み上げるに至る。全世界での観客総数も7,000万人を突破し、"世界の演劇史を代表する作品の一つ"であることは、もはや誰しも疑うことができないでしょう。
2012年12月には、ミュージカル版をベースとした映画版『レ・ミゼラブル』(監督:トム・フーパー、出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド 他)が公開され、全世界で大ヒットを記録。録音技術の向上とCG技術の発達により、撮影と同時にキャストの歌声を録音するという前代未聞の試み(それまでは、事前に録音した歌声に合わせた演技を撮影するのが通常だった)は、ミュージカル映画の常識を覆し、圧倒的な臨場感とスケール感を生み出し、ミュージカル映画の範疇を越え、ミュージカルファンのみならず多くの映画ファンの心を掴んだ。日本国内でも興行収入58.9億円の大ヒットを記録、米国ゴールデングローブ賞3部門受賞、米国アカデミー賞3部門受賞、日本アカデミー賞外国映画賞受賞など、興行的にも評価的にも大成功を収めたのは記憶に新しい。
2013年4月、ロンドン初演25周年を機に美しい音楽と歌詞はほぼそのままに、舞台装置、照明、音響、衣裳、また登場人物のキャラクターの描き方などの演出面を一新した"新演出版"『レ・ミゼラブル』が日本"初演"を迎えた。8ヶ月間の日本縦断ロングラン公演は、折しも映画版の大ヒットとの相乗効果もあり、日本全国に『レ・ミゼラブル』現象を巻き起こし、雑誌「ミュージカル」における2013年ミュージカル・ベストテン「第1位」、「第39回 菊田一夫演劇賞」2013年度演劇大賞を受賞するなど、興行的にも評価としても大成功を収め、続く2015年春からの全国6大都市ツアー公演での最終地・静岡公演でついに上演回数3,000回を突破した。続いて、1987年の日本初演から30周年を経た2017年に日本初演30周年記念公演が大々的にスタート、公演期間中には歴代キャストが日替りで登場する特別カーテンコールが実施され、通算上演回数は3,172回に到達し、特別なアニバーサリーイヤーとなったのは記憶に新しい。そして2019年、さらに新たなキャストを迎えて進化し続けるミュージカル『レ・ミゼラブル』は、日本全国に再び"劇場で体験する、あの感動と興奮"をお届けいたします。


【日程】

2019年7月29日(月)~8月26日(月)【千穐楽】

【会場】

博多座

【作】

アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク

【原作】

ヴィクトル・ユゴー

【作詞】

ハーバート・クレッツマー

【オリジナル・プロダクション制作】

キャメロン・マッキントッシュ

【演出】

ローレンス・コナー
ジェームズ・パウエル

【キャスト】

ジャン・バルジャン   ジャベール
 
福井晶一 吉原光夫 佐藤隆紀   川口竜也 上原理生 伊礼彼方

ファンテーヌ   エポニーヌ
 
知念里奈 濱田めぐみ 二宮 愛   昆 夏美 唯月ふうか 屋比久知奈

マリウス   コゼット
 
海宝直人 内藤大希 三浦宏規   生田絵梨花 小南満佑子 熊谷彩春

アンジョルラス
相葉裕樹 上山竜治 小野田龍之介

テナルディエ   マダム・テナルディエ
 
駒田 一 橋本じゅん KENTARO 斎藤 司   森 公美子 鈴木ほのか 朴 璐美
※駒田一は博多座公演には出演いたしません。

新井海人、石飛幸治、伊藤俊彦、今井 学、宇部洋之、大津裕哉、大嶺 巧、鎌田誠樹
川島大典、木暮真一郎、佐々木淳平、篠田裕介、杉浦奎介、染谷洸太、田川景一、丹宗立峰
土倉有貴、中井智彦、長尾哲平、中西勝之、深堀景介、藤田宏樹、増原英也、町田慎之介
松村曜生、武藤 寛、持木 悠、横田剛基
五十嵐志保美、石丸椎菜、伊藤美咲、小倉優佳、木南清香、桑原麻希、小林風花、篠崎未伶雅
島田 彩、中村萌子、華花、般若愛実、廣野有紀、町屋美咲、みい、三上莉衣菜
湊 陽奈、桃菜、森 加織、柳本奈都子
大矢 臣、小林佑玖、坂野佑斗、岩瀬花音、尾上 凜、桑原広佳、桑原愛佳、立花莉愛、山本花帆


【チケット料金(税込・全席指定)】

A席 15,500円 特B席 12,500円 B席 9,500円 C席 5,000円

【チケット取り扱い】

■インターネット販売
パソコン・スマホから
https://www.hakataza.co.jp/

■博多座電話予約センター
092-263-5555

■その他取扱プレイガイド
・チケットぴあ(ぴあスポット・セブン-イレブン・サークルK・サンクスでの発売および電話予約博多座専用ダイヤル)
 (オペレーター対応)
TEL:092-708-9595または通常ダイヤルTEL:0570-02-9999(PHS・一部携帯電話からは使用できません。 )Pコード【490-137
https://t.pia.jp/

・ローソンチケット(ローソン・ミニストップ各店での発売および電話予約)TEL:0570-000-407(オペレーター対応) TEL:0570-084-008(PHS・一部携帯電話からは使用できません。)Lコード【82062】
https://l-tike.com

【制作】

東宝

演劇 新着情報
演劇情報、取材、イベント など
福岡発信の情報満載!

【2019年8月18日】藤原紀香さん メッセージ

【2019年7月11日】劇ナビ チケット発売情報

【2019年4月 7日】桂春蝶さん メッセージ

各劇場ごとに公演内容を
ご覧いただけます。
北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール そぴあしんぐう 大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
シアターネットプロジェクト水上社長ブログ 熊くま日記 ~映画ときどき芝居、のち音楽~
劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら