北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > バックナンバー > 三宜楼公演「うろきんさ」
三宜楼公演「うろきんさ」
【 2018年9月15日(土)・16日(日) 】

北九州芸術工業地帯
三宜楼公演「うろきんさ」



旧料亭の百畳広間がまるごと舞台に

スターフライヤーのオリジナルダンス「そらダン」で話題を呼んだダンサー・振付家の康本雅子と音楽家のオオルタイチが再タッグ!今回は劇作家・小説家の戌井昭人も加わり、門司港栄華の象徴ともいわれる築約90年の旧料亭「三宜楼」にて滞在制作をし、公演を行います。
舞台はかつて芸術家や文人たちも集った優美な百畳間。時を経て同じくこの場所に魅了された現在を生きるアーティストたちが、ダンス・音楽・芝居が交錯したパフォーマンスで束の間の時空旅行へと誘います。下関の老舗ふぐ料理店『春帆楼』が手がける本公演限定の特製弁当もお楽しみに。多彩な才能で各方面から注目を集める康本雅子、オオルタイチ、戌井昭人の三人が生み出す、この日、この瞬間、この空間でしか味わえない鮮烈で摩訶不思議な三宜楼をご堪能ください。


【公演日程】

2018年9月15日(土)・16日(日)

9月 15日(土) 16日(日)
18:30

※開場は 開演の60分前

【会場】

三宜楼 百畳間 於 門司港


【出演】

康本雅子、オオルタイチ、戌井昭人


【テキスト】

【戌井昭人(いぬいあきと)】

1971年、東京生まれ、変テコな寄合いパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本を担当したり、出演したり、照明を吊るしたり、音楽を流したり、他もろもろ、何でもやっている。小説作品を多数発表していて、芥川賞は5回ノミネートされるが、落選ばかりしている。しかしながら「すっぽん心中」で川端康成文学賞、「俳優・亀岡拓次」は監督・横浜聡子、主演・安田顕で映画化をされ、続編にあたる「のろい男 俳優・亀岡拓次」で野間文芸新人賞を受賞している。
http://www.tetsuwari.com


【音楽】

【オオルタイチ】

1979年、奈良県に生まれる。1999年よりオオルタイチとして活動を開始。"漂流する内的民俗"をキーワードに打ち込みによるトラックと非言語の歌を融合した音楽を展開。ソロ名義以外にバンド"ウリチパン郡"やYTAMOとのユニット"ゆうき"などでも活動。アニメ映画の音楽監督や、アメリカ・ヨーロッパ・アジアと様々な国での公演・ツアーなども精力的に行う。水曜日のカンパネラなど他アーティストの楽曲プロデュースからリミックス、舞台作品への楽曲提供等多岐に渡る。
http://okimirecords.com


【振付】

【康本雅子(やすもとまさこ)】

1974年、東京生まれの魚座のO型の末っ子がどうした。自作品を国内外で発表する他、松尾スズキ、白井晃の演劇作品の振付けや様々なミュージシャンのMV、コンサートの振付等、多方面において活動。
2012年からは福岡に移住し子育て黄金時代を過ごすも、2015年からは京都に移住。行く先々の小学校でダンスWSを行うはマスト。最近は新作「子ら子ら」を発表したりライブに出たり鴨川で呑んでは寝たり、そういえばダンサーやめられないなダンサー。
http://yasumotomasako.net


【チケット料金(税込)】

【全席自由】
3,500円(春帆楼特製美味(ミニ)楼弁当付き)

※場内にてドリンクの販売あり
※未就学児は膝上観覧無料
※託児なし

【チケット発売】

一般発売:2018年7月15日(日) 10:00より

【チケット取扱】

■北九州芸術劇場
・オンラインチケット(3:00~4:00除く) https://yyk1.ka-ruku.com/kicpac-s/showList
・プレイガイド(10:00~19:00)
・TEL093-562-8435(10:00〜17:00/土・日・祝を除く)

■その他取扱プレイガイド
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:487-199)
・ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:81709)

【お問い合わせ】

北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら