北九州芸術劇場 博多座 イイズカコスモスコモン 宗像ユリックス 大野城まどかぴあ エルガーラホール 新宮そぴあしんぐう
大濠公園能楽堂 福岡市文化芸術振興財団
公演情報
HOME > 北九州芸術劇場 > 北九州芸術劇場×到津の森公園「どこをどうぶつる」動物園ver.
北九州芸術劇場×到津の森公園「どこをどうぶつる」動物園ver.
【 2017年10月14日(土)・15日(日) 】

北九州芸術劇場×到津の森公園
「どこをどうぶつる」動物園ver.



©Tomiyoshi
動物園で「人間」を観る!?

2016年10月に小劇場で上演した不思議で可笑しなダンス作品が、会場を「到津の森公園」に移してパワーアップして帰ってきます。
ローザンヌバレエコンクールでキャッシュプライズ受賞、昨年話題の"談ス"公演の構成・振付・出演の大植真太郎、10カ国30都市以上でソロ作品を上演する森下真樹のダンサー2人と、音楽に元SAKEROCKのベーシスト田中馨を加えた3人が、「人間も動物」をコンセプトに北九州で滞在制作したダンス作品が、まさかの動物園で再演が決定!
ニンゲンという名の動物が、動物園でオドリだす!


【公演日程】

2017年10月14日(土)・15日(日)

10月 14日(土) 15日(日)
14:00

※雨天時は子どもホールにて上演します

【会場】

到津の森公園 にんげん広場
(小倉北区上到津4丁目1-8)


【振付・出演】

【大植真太郎(おおうえ しんたろう)】

1975年生まれ17歳で渡独。ローザンヌバレエコンクールにてキャッシュプライズ受賞。ハンブルグバレエ、NDTなどに所属したのち創作を開始。ハーノーバー国際振付コンクールなどで最優秀賞。2006年より個人として創作活動をする傍ら、インバルピント、シデイラルヴィシェルカウイの作品に出演。北九州芸術劇場では「談ス」を公演する。目下「談ス」を垣根のないジャンルにすべくシリーズ化継続中。


【森下真樹(もりした まき)】

出生地大分、本籍熊本。育ちは東京、千葉、松山と転勤族に育ち転校先の友達作りで開発した遊びがダンスのルーツ。これまでに10か国30都市以上でソロ作品を上演。演劇、音楽、美術、漫画等とコラボレーションし、ジャンルにとらわれない活動を行う。周囲を一気に巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能で奇想天外なワールドが特徴。2014年第8回日本ダンスフォーラム賞受賞。2015年より(公財)セゾン文化財団シニア・フェロー。
http://maki-m.com/ twitter@makibanban


【音楽】

【田中馨(たなか けい) 】

元SAKEROCKのベーシスト。現在は自身のプロジェクト「Hei Tanaka」。赤ちゃんと楽しむ 世界の遊び歌 わらべ歌を演奏する「チリンとドロン」、Eテレ みんなのうたや、おじゃる丸エンディングテーマなど幅広い層に人気のアコースティックバンド「ショピン」を軸に、「トクマルシューゴ」や「川村亘平斎」をはじめ、数多くのミュージシャンと音楽活動のほか、舞台作品や映像作品の音楽を担当することも多く、0才から神様まで、幅広い相手に創作活動する作曲家。


【チケット料金(税込)】

【全席自由】
500円(2歳以下無料)

※別途、入園料が必要です
※年齢制限なし(託児なし)
※当日券は到津の森公園 にんげん広場前にて販売します

【チケット発売日】

チケット好評発売中

【チケット取扱】

■北九州芸術劇場
・オンラインチケット(3:00~4:00除く) https://yyk1.ka-ruku.com/kicpac-s/
・プレイガイド(10:00~19:00)
・TEL093-562-8435(10:00〜17:00/土日祝を除く)

【お問い合わせ】

北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら