劇ナビムービー
第9回福岡演劇フェスティバル (劇)池田商会企画 瀧猫亭『末枝の沙果』瀧本雄壱さん 記者会見模様&メッセージ

第9回福岡演劇フェスティバル (劇)池田商会企画 瀧猫亭『末枝の沙果』瀧本雄壱さん記者会見模様とメッセージです。

こちらよりご覧ください。


第9回福岡演劇フェスティバル公募枠参加作品
(劇)池田商会企画 瀧猫亭
『末枝の沙果(こづえのさか)』
作・演出 瀧本雄壱


-あらすじ-

1543年のある嵐の夜、物語りは始まる。
関の鍛冶屋八坂金兵衛は、新天地を求め大隅国種子島に鍛冶場を開く。やがて種子島一の鍛冶場となった金兵衛の元にひとつの知らせがもたらされる。明の大船が海岸に打ち上げられたというのだ。駆けつけた先で金兵衛は運命の出会いをすることになる。大勢の野次馬達が船へとものめずらしさに押し寄せたが、それらへ向けて一発の銃弾が鳴り響く。初めて聞いたその音に、蜘蛛の子を散らすように逃げ去る人々。金兵衛は耳を劈くその『鉄砲』の面白さに魅入られてしまう。娘の若狭はそんな父にどこか不安を覚えるのであった。

やがて金兵衛はその火縄の作成に生涯をかけることになる。様々なものを犠牲にしながら・・・。
これは鉄砲伝来の影に消えていった数多の思惑、涙、そして狂気の物語である。


 


第9回
福岡演劇
フェスティバル
(劇)池田商会企画
瀧猫亭
『末枝の沙果』
瀧本雄壱さん
記者会見模様



※iphone用


※iphone用
第9回
福岡演劇
フェスティバル
(劇)池田商会企画
瀧猫亭
『末枝の沙果』
瀧本雄壱さん
記者会見模様

 


第9回
福岡演劇
フェスティバル
(劇)池田商会企画
瀧猫亭
『末枝の沙果』
瀧本雄壱さん
メッセージ



※iphone用


※iphone用
第9回
福岡演劇
フェスティバル
(劇)池田商会企画
瀧猫亭
『末枝の沙果』
瀧本雄壱さん
メッセージ


【(劇)池田商会企画】
地域に根差した演劇を、幅広い世代のお客様に楽しんでいただくため、2000年に結成。2015年で結成15年を迎える。福岡を中心に時代劇、ホラー、コント、シチュエーションコメディーなど様々なジャンルの作品をコンスタントに上演。その他、インターネットラジオや動画配信など、演劇の枠にとらわれない、幅広いエンターテイメントを提供。これからも福岡の演劇文化を盛り上げるため、鋭意活動中。また、2015年3月より15ヶ月間に渡る15周年記念企画を予定している。


【瀧猫亭】
九州の戦国時代を軸にした歴史作品を手掛ける瀧本雄壱の作・演出によるユニット。主に江戸時代を舞台とした従来の"時代劇"ではなく、戦国時代に生きる武将や民の戦いや人情を描く"時代物"として公演を行っている。肥後に実在した戦国武将 犬童美作守頼安は、瀧本の先祖にあたる。瀧本が講師を勤める専門学校による公演にも、時代物の作品を書下ろし、精力的に作品発表している。「地元の歴史はもっと目を向けられるべき」という理念のもと、その活動は、歴史ファンにはもちろん、多くの地域団体から共感を得て、新たな地域活性化のツールとして注目されている。

【日時】

2015年5月23日(土)19時開演 24日(日)14時開演
※開場は開演の30分前


【会場】

西鉄ホール

【料金(日時指定・全席自由)】

前売券:2,000円 当日券2,500円 ペア割:3,500円

【出演】

三原宏史 久保大輔 安倍祐馬 矢野真由美
松本裕子 山中麻美 甲斐光 八谷翔太
國廣欣孝(フリー) 川崎和哉(96文字) 小澤和史(座☆鷲)


【お問合せ】

池田商会企画制作部 ℡080-4227-0441メール:info@geki-ikeda.com
オフィシャルサイトhttp://www.geki-ikeda.com

【2019年2月 5日】
【2018年12月13日】
【2018年11月27日】
【2018年3月28日】
【2018年3月18日】
【2017年12月19日】

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

劇ナビ運営について
「劇ナビFUKUOKA」は、株式会社シアターネットプロジェクトが運用管理しています。
株式会社シアターネットプロジェクト
https://theaternet.co.jp
〒810-0021福岡市中央区今泉2-4-58-204
お問い合せはこちら