万能グローブ ガラパゴスダイナモス 『この中に裏切り者がいますよ』

今、福岡で勢いのある劇団といえば、この『万能グローブ ガラパゴスダイナモス』だろう。

この夏には、『ガラ博』と名付けるイベントを開催。福岡で活躍する演劇人も参加して、実験的な作品を上演するという快挙を軽々とやってのけた。

満を持しての1年半ぶりの本公演。演目は、作・演出の川口大樹の得意とするスラップスティック・コメディ。期待して会場に駆け付けた。

(10月31日ぽんプラザ)

 

寂れた町の町おこしをたくらむグループが、テレビで取り上げてもらおうと、ツテを使って呼んだTV局のディレクターを待っている。

どんな話をでっち上げようか話し合っているところに、突然ディレクターがやってくる。しかも二人も!

えっ?来るのは明後日じゃなかった?どうして情報が漏れているの?

そこへ、西海岸帰りの元演劇部の先輩が現れ、公演が迫ってあせりまくりの現役演劇部が乱入、すきを見て恋の告白をする奴や、ビンテージのジーンズを選択してしまう霊能者、おまけにこの屋敷にはある秘密が隠されているという。

新しい登場人物が突然現れるたびに話が変わっていく、テンポとノリの良さ。 ズレてる会話に、合わない呼吸。

スラップスティックな要素が満載で、一気にラストまで突っ走る。 と思いきや、、、、。二重、三重に張られたどんでん返しが待っている。

 

この劇団の魅力は、「なんでもやってしまうこと」 だろう。 役者が少しでも迷ったり悩んだりしているとテンポが生まれない。

僕らオジサンから見たら若い! 若さが弾けてる。 コメディセンスも良い。 ホンもよく書けている。 あと足りないものは何だろう?

 

強いて言えばテーマ、ということか。

「裏切り者」の「裏切り」って、誰を誰が裏切ったの?って突きつけている。

この世の中、裏切られてばっかりだ。 信じられるのは自分だけ? あれ、自分が信じていたのは何だっけ?

笑いの中に、地下水のように横たわっているものを、焙り出してほしい。

それだけの力は、この劇団にはある。

ラストシーンを見て、そう感じた。

 

舞台初日で、これからどう変わっていくのか、楽しみだ。

 

えっ?裏切り者は誰かって?

11月11日まで公演中なので、会場へぜひ。

なんと、大阪・宮崎公演もあるので、11月25日まで上演中。

2012年11月 5日 09:30  カテゴリー: エンタメ | コメント(0) |
ミュージカル ジェーン・エア

松たか子が出色の演技!

原作は英国のシャーロット・ブロンテ。有名な作品なので、どんな文芸作品なのかと思って観に行ったが、予想は完全に裏切られた。もちろん良い意味で。 (11月4日 博多座)

 

主人公ジェーン・エア(松たか子)は、幼いころに両親と死別、愛情薄い伯母と従兄のジョン・リードのいじめにあう毎日だったが、なんと真っ向から対決する誇り高き少女。 寄宿学校に預けられ、うそつきのレッテルを貼られるが、そこで出会ったヘレン・バーンズ=(初めての友人)から、「人を赦すこと」を教わる。

人の愛情も知らず、不合理な仕打ちばかり受けていた少女が初めて、信頼できる人に出会った。やっと生きている楽しさを知ることができた。ところがヘレンは、伝染病で死んでしまう。「死ぬ」ってどういうことなのか。「生きていく」ってどういうことなのか。生涯にわたるテーマを抱える。

やがて大人になったジェーン・エアは、外の世界に出る。そこで、運命の人、ロチェスター(橋本さとし)と出会うのだ。

 

物語は、ジェーンの語りによって進行していく。

これは、一人の女性の魂の自立を描いた作品だ。

頑なな心を持っていた少女から大人へ。

謎めいたロチェスターへ抱くジェーンの気持ちの変化を細やかにふくよかに、松たか子が語り、演じ、歌う。その存在感!僕はそこにはっきりとジェーン・エアを見た。振幅の大きな役を、抑えた演技で表現していた。

 

「ジェーン・エア」が書かれたのは1847年。イギリスが大英帝国として最盛期を迎えていた時だ。

「ジェーン・エア」のような女性像は、さぞかしショッキングだったことだろう。

慎み深く礼節と因習を重んじる貴族社会に、「お金もなく、美貌もなく、身分もない」女性がひたむきで前向きな生き方をしていく姿は。

 

演出は、『レ・ミゼラブル』なども手掛けたジョン・ケアード。

ジェーンを丸ごと素のまま舞台に立たせ、語らせていく。舞台美術も効果的で、なんと舞台の上にも観客席を設えている。魅力的な脇役たちの配役も絶妙。もちろん生演奏だが、オーケストラの場所が最後まで分からなかった。

 

派手な仕掛けもセクシーなダンスシーンもないけど、芳醇なエンターテインメント作品。そうそう、橋本さとしが大人の味を出して渋い!

 

「危うく、このミュージカルを見ない人生だった」と悔やまないように!

11月18日まで博多座で上演中。

2012年11月 5日 00:54  カテゴリー: エンタメ | コメント(0) |
ウエストエンド紀行Vol3 「tktsで割引チケットを購入」

ニューヨークにもありますが、「tkts」というチケットサービスがロンドンにもあります。

P1040627.JPG

ウエストエンドのミュージカルや芝居の当日券を最大で50%オフで販売してくれる便利な窓口です。ロンドン・シアター・ソサエティという組織が運営していて、観客を増やすことを目的に劇場がまとまってその日のチケットを提供するサービスです。午前10時(日曜日は11時)からその日の舞台のチケットを割安で購入することができます。ニューヨークに比べて取り扱っているチケットが少ないように感じましたが、11時に窓口に行くと長い行列ができていました。

順番を待って、人気のミュージカル『プリシラ』(ロンドン・パレス劇場)を購入。 19時30分からの開演なので、劇場の下見も兼ねてウエストエンドを散策しました。

前にも紹介しましたが劇場街の広さは、1.5キロ四方程度

3.JPG

福岡でいえば、タテが天神パルコの交差点から渡辺通りを下ってFBS福岡放送局くらいまで、ヨコが渡辺通りから川端商店街までくらいでしょうか?そのエリアに、40件を超す劇場が軒を並べて連なっている様子は壮観でワクワクしてきます。ロンドンのストリートは微妙な角度でカーブしているため、よく地図を見て歩かないと思わない方向に進んでしまいます。ちょっと路地に入ったかなと思ったら、その目の前にも小さな劇場を見つけて、こんなところにもあった、なんて驚かされます。

散歩の後、パブでフィッシュ&チップスとビールで腹ごなしをした後、いざパレス劇場へ。

『プリシラ-砂漠の女王-』

この作品は映画を舞台化したものです。映画のほうをご存知の方も少なくないのでは?

割引で手に入れたチケットの席は思ったよりも前方の中央付近。こんなに良い席が当日に安く手に入るのなら、通常料金の前売り券はなかなか売れないのでは?と思うのは、我々日本人。イギリスでは、定価で購入したことにステイタスを感じるようです。階級意識が根強い国民意識ならではでしょうか。

さて、作品のほうは、ゲイの3人組が巡業のバス旅行に出かけます。ハチャメチャな騒動と聴きなれた音楽。サブタイトルに「砂漠の女王」とあるように、バスは砂漠のロードをひた走る。そこにはゲイを受け入れない街や、マイノリティに偏見を持つ人々など、大都会では今では日常の中に埋没してしまった出来事が待ち受けています。傷つきやすいがたくましいヒロイン?たち。シュールでデカダンで猥雑。とても品が良いとはいえませんが観客席はノリノリ!最初から最後まで爆笑の渦。終幕でメンバーの一人が息子と再会して自分がゲイであることを告げますが、この時のシーンが何ともいえません。男の子役がとてもかわいく、作品に清涼感を与えてくれます。ラストはオールスタンディングオベイションで終演後も興奮冷めやらず、何度もアンコールが続きました。

劇場の前で記念写真を撮っているグループが何組もありましたが、イギリス国内や僕のような海外からの観光客のようでした。

帰路につく流れに身を任せて歩いていると、反対側から親子連れの流れが向かってきます。ひとつ離れた劇場からの帰り客の群れです。看板を観たら「ライオン・キング」でした。時計を観たら22時を回っていました。

2.JPG

ウエストエンドの各劇場から吐き出された観客で混雑はまだまだ続くようです。そういえば、舞台に出演していた男の子もこの時間まで働いていたんだなあ。そういうところも日本では考えられない。この夜はロンドンっ子のように、パブで思いっきりグラスを重ねました!

2011年10月 5日 12:28  カテゴリー: ウエストエンド紀行 | コメント(0) |
ウエストエンド紀行Vol2【ロイドウェーバーの新作はあの名作のリメイク】

ウエストエンドの劇場街は東西1.5キロ、南北1キロほど。
そのエリアに約40館ほどの劇場が軒を連ねています。リージェントストリートとオックスフォードストリートが交わるオックスフォードサーカスは一流ブランド店も並ぶショッピング街です。たくさんの人でごった返す一角に「ロンドン・パレイディアム劇場」があります。

t-oz.JPG

今年の3月にこの劇場で初日を迎えた『オズの魔法使い』
『キャッツ』『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイドウェーバーの最新作です。

歌とダンスと豪華な舞台美術と、ミュージカルの魅力がたっぷり詰まった作品です。
オーバー・ザ・レインボーなどの名曲と共に書き下ろしの新曲。舞台装置は「ライオン・キング」ばりに大掛かりな回転舞台。オズの国の美術も一見の価値あり。

主役のドロシーを演じるダニエル・ホープはこの作品がデビュー作。
歌も演技もとてもチャーミング。オズ大王にマイケル・クロフォードを迎え、ライオン、かかし、ブリキ男も歌・演技とも上手い役者がそろっています。
その中で際立っていたのは西の魔女役のハンナ・ウエディンガム。
その悪役ぶりがすごい迫力!さすが、本場の役者は歌唱力が素晴らしいですね。演劇学校での教育メソッドが確立しているのと、舞台に立つ機会に恵まれているのでしょうか。トトは本物の犬で、これも名演技?でした。

スタンダードなオズの魔法使い、という印象です。
オールブラックキャストでトニー賞を独占した『ウィズ』やオズの物語のエピソード版として人気の『ウィキッド』とは比較できませんが、本家本元のオズの魔法使いはこれ、と主張しているようでした。

3月1日の初日から好評で、この日も客席は満席。ショーが終わってロビーに出ると、親子連ればかりをイメージしていたら、老夫婦や大人のグループも多く、それに交ざって学生の団体や幼稚園の団体観賞とおぼしきグループが興奮しながら劇場を後にしていました。

t-ozc.JPG

この人気ぶりでは日本にも紹介されるでしょう。
四季は『ウィキッド』と作品イメージが重なるので手をつけないかな?

2011年8月22日 10:47  カテゴリー: ウエストエンド紀行 | コメント(0) |
ウエストエンド紀行Vol1【ザ・マウストラップ(ねずみとり)】

劇ナビFUKUOKAは、演劇と劇場情報のサイトです。
運営しているシアターネットプロジェクト(TNP)では、福岡圏内で演劇ファンの拡大を目指しています。劇場に足を運ぶ人たちが増えてくれること、そして演劇や音楽などの舞台芸術を身近に楽しんで欲しいと思っています。

県内の劇場・ホールでは、様々な催しが行われていますが、TNPでも自ら企画する公演を行っています。また、将来的にはオリジナル作品の制作を行っていきます。九州・福岡から全国へ世界へ発信できる舞台作品を生み出したいと。

というわけで、日本や世界の「芸術・文化を生み出している都市」へ出かけて、街の空気を吸い、劇場をめぐり、観客の動向を伺っています。

この数年に観てきた世界の劇場めぐりを少しご報告します。


「ウエストエンドで58年のロングラン!いまだに更新を続ける作品」

t-m.JPG

まずは、今年5月のロンドン、ウエストエンドから。
英国の首都ロンドンは、「演劇の街」。シェイクスピアの時代から女王陛下も劇場へ足を運ぶほどの演劇好きは、お国柄でしょうか?
『キャッツ』『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』など、名作ミュージカルを数多く生み出し、ミュージカルの本場ニューヨークのブロードウェイと並んで、ミュージカルファンには憧れの土地です。
そこで58年間もロングランを続けている作品を観ました。

『ザ・マウストラップ(ねずみとり)』(ロンドン・セントマーティンズ劇場)は、アガサ・クリスティの書下ろし戯曲で1952年からのロングランは世界最長!

雪に閉ざされた山荘に5人の宿泊客がやってきます。
ラジオから流れる凄惨な殺人のニュース。
異様な雰囲気の中で殺人事件が起こります。

そこへ現れた刑事が犯人を捜し出そうとするのですが、その結末は?思いもつかない人物が犯人でした!

舞台は山荘のロビー。
登場人物が入れ替わりながらの舞台展開は、脚本が良くできていてストーリーによどみがありません。
また、登場人物それぞれの描写が作品に奥行きを持たせているのもアガサ作品の魅力です。

古臭さを感じさせません。俳優の演技力も良くアンサンブルが素晴らしく感じました。初演の時の刑事役はなんとあのリチャード・アッテンボローが演じていたそうです。
客席は年配の夫婦から若い学生までさまざまで、平日の午後というのに満席です。イギリス人はこんなにサスペンス物が好きだったの?と思いましたが、演劇の歴史の深さを思い知らされました。

 

2011年8月10日 10:37  カテゴリー: ウエストエンド紀行 | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
劇ナビFUKUOKA★水上社長
演劇・舞台の魅力を
伝えていきたい!


■■僕の人格を形成したもの■■
物心つく頃 神社の境内で祭りの時にやってきたドサ回り劇団のチャンバラ芝居

■■小学生時代■■
『ゴジラ』シリーズ

■■中学生時代■■
『小さな恋のメロディ』『ゴッドファーザー』

■■高校生時代■■
『仁義なき戦い』『サンダカン八番娼館』

■■大学生時代■■
年間に観た200本の映画
『子午線の祀り』は演劇体験の原点
『ブロードウェイミュージカル ウィズ』でミュージカル初体験

映画の道に進むつもりが子どもたちに演劇や音楽を見せる仕事に歌舞伎・文楽・能・狂言・落語といった古典芸能から人形劇・バレエ・ジャズ・オーケストラまで、あらゆるジャンルの舞台芸術を子どもたちに届ける もはや演劇のない生活は考えられません

でも演劇に触れたことがない人のほうが多いのが現実 はてさて、その魅力をどう伝えようか