劇団四季ミュージカル『美女と野獣』福岡公演の仕込みに潜入。

ミュージカル『美女と野獣』は、ディズニー初の舞台版ミュージカルです。

「魔法をかけられた王子は野獣となり、愛する心を取り戻すまでは野獣のままの姿に。しかも、バラの花びらが散るまでに人に愛されないと永遠に元には戻れない。そこで奇跡のように出逢うのが、聡明な娘ベル。しかし、二人の思いが重なるまでには様々な事件が、、、。」

永遠の愛の物語。

その物語を彩るのが、名曲の数々と、モノに変えられてしまった愛すべきキャラクターたちとのダンスシーン。それに、何度見ても仕組みがわからない魔法の数々、、、、、。

アニメーション映画の世界を舞台に再現するという離れ技を実現し、それまでのミュージカルにはない夢と魔法の世界をステージに作り出すことに成功した極上のエンターテインメント作品です。
beawagest.jpg

(c)Disney撮影:下坂敦俊


キャナルシティ劇場では10年ぶりの福岡での上演に向けて、着々と準備が進められています。その舞台仕込みを取材しました。

劇団四季のミュージカル『美女と野獣』のために運ばれる物量は11tトラック58台分というから凄い!

舞台監督も細心の注意で仕込み作業を進めていました。

報道陣もひとりひとりヘルメットをかぶって舞台上へ。
IMG_7748 (2).jpgのサムネール画像

 

『美女と野獣』では、さまざまな演出が施されています。まさに、魔法の世界。
IMG_7736 (2).jpgのサムネール画像

その秘密の一つが床にあります。舞台の全面に厚さ15センチの特殊な装置が敷き詰められています。いたるところにチェーンやワイヤーが埋め込まれ、すべてがコンピューターで操作されるといいます。

 

 

 

 

DSC_9769.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな場面へ一瞬で変わるのに必要な背景幕やパネルの数は30本。これだけのバトンがある劇場は少ないです。
照明は600台、スピーカーは56台が会場内に設置されて、夢の世界を演出します。

DSC_9775.JPGのサムネール画像
作品の要、野獣の城は、高さが7メートル。バルコニーに立つと、2階の観客席の高さになるそうです。
そして、城の柱には本物のスワロフスキーが50個埋め込まれているとか。本番でぜひ確認してください。

DSC_9779.JPGDSC_9778.JPG
最新の技術と細やかな美術デザインによって作り上げられた『美女と野獣』の舞台。

ロングランに耐えられる舞台装置の凄さをあらためて実感しました。

舞台裏から、技術スタッフの努力が伝わってきました。

開幕が楽しみです。

取材:水上徹也 撮影:中村剛・大工昭

 

2016年2月29日 20:51  カテゴリー: エンタメ | コメント(0) |

コメントの投稿

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
劇ナビFUKUOKA★水上社長
演劇・舞台の魅力を
伝えていきたい!


■■僕の人格を形成したもの■■
物心つく頃 神社の境内で祭りの時にやってきたドサ回り劇団のチャンバラ芝居

■■小学生時代■■
『ゴジラ』シリーズ

■■中学生時代■■
『小さな恋のメロディ』『ゴッドファーザー』

■■高校生時代■■
『仁義なき戦い』『サンダカン八番娼館』

■■大学生時代■■
年間に観た200本の映画
『子午線の祀り』は演劇体験の原点
『ブロードウェイミュージカル ウィズ』でミュージカル初体験

映画の道に進むつもりが子どもたちに演劇や音楽を見せる仕事に歌舞伎・文楽・能・狂言・落語といった古典芸能から人形劇・バレエ・ジャズ・オーケストラまで、あらゆるジャンルの舞台芸術を子どもたちに届ける もはや演劇のない生活は考えられません

でも演劇に触れたことがない人のほうが多いのが現実 はてさて、その魅力をどう伝えようか