2014年2月
二月博多座大歌舞伎

2014年年明けの観劇記録です。

ブログを覗くと、2013年は1本も書いてなくて、みなさんから叱咤激励をいただきました。

今年も2月の中盤に入り、このままでは、あっという間に大晦日に、、、とは大げさですが、忘れられてしまわないうちに、最近の舞台をご紹介します。

新春恒例の博多座大歌舞伎。

今年の演目は、昼の部が、『御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう)』、『二人椀久(ににんわんきゅう)』、『封印切(ふういんきり)』の三本。

夜の部が、『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』、『奴道成寺(やっこどうじょうじ)』、『土屋主悦(つちやちから)』、という演目です。

 

実は今年は、博多座が開場して15年という。 ロビーには過去の作品がずらりと並んでいました。

hakataza15.jpg

160本あまりの演目が並んだ様子は壮観です。歌舞伎・ミュージカル・演劇などなど、懐かしい作品がずらり。

記念する第1作は、『杮葺落大歌舞伎』。

kabuki1999.jpg

懐かしい役者が揃って、さすが杮落し公演にふさわしい顔ぶれでした。

この時の演目に、団十郎の『勧進帳』と鴈治郎の『娘道成寺』が入っています。

そのお二人の演じた弁慶と白拍子(実は今回の演目では狂言師)を、今年の舞台では、橋之助が軽やかに演じていました。

『御摂勧進帳』、『奴道成寺』とも、いわゆるご存知の作品とは別物ですが、ちがう趣があり、見比べると歌舞伎の楽しさが広がる。

昨年は団十郎が鬼籍に入り、橋之助の義兄にあたる勘三郎が一昨年に亡くなった。これからの歌舞伎界を背負う責任も大きいと思われるが、期待にこたえる大きな芝居でした。

また、翫雀と扇雀も大活躍。

『封印切』での恋しあう二人の駆け引きはなんとも色気があって可愛らしく、『傾城反魂香』の夫婦ではしっかりものの女房と絵師に生きる亭主という、全く違う役です。歌舞伎ならではの表現が、役の個性を一層際立たせていますが、演技力がないとできるものではない。

夜の部最後の『土屋主悦』は、忠臣蔵外伝の作品で、赤穂浪士の大高源吾の逸話をもとにした作品。

1月の歌舞伎座で、『松浦の太鼓』という作品が上演されていましたが、同じ大高源吾の話でも、設定が少し異なって、登場人物や配役が変わって描かれている。偶然、二つの作品に巡り合ったが、見比べられて幸せでした。

2014年2月11日 22:15  カテゴリー: エンタメ | コメント(0) |

1

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
劇ナビFUKUOKA★水上社長
演劇・舞台の魅力を
伝えていきたい!


■■僕の人格を形成したもの■■
物心つく頃 神社の境内で祭りの時にやってきたドサ回り劇団のチャンバラ芝居

■■小学生時代■■
『ゴジラ』シリーズ

■■中学生時代■■
『小さな恋のメロディ』『ゴッドファーザー』

■■高校生時代■■
『仁義なき戦い』『サンダカン八番娼館』

■■大学生時代■■
年間に観た200本の映画
『子午線の祀り』は演劇体験の原点
『ブロードウェイミュージカル ウィズ』でミュージカル初体験

映画の道に進むつもりが子どもたちに演劇や音楽を見せる仕事に歌舞伎・文楽・能・狂言・落語といった古典芸能から人形劇・バレエ・ジャズ・オーケストラまで、あらゆるジャンルの舞台芸術を子どもたちに届ける もはや演劇のない生活は考えられません

でも演劇に触れたことがない人のほうが多いのが現実 はてさて、その魅力をどう伝えようか