映画「桜姫」

映画「桜姫」

ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 で上映中!

小倉コロナ シネマワールド で7月13日から公開!


「桜姫」と聞いただけで、ピン!と来たアナタは凄い!!

四世鶴屋南北(ご存知「四谷怪談」の作者)が描いた、ハチャメチャ過激な、まさに歌舞伎な作品「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」を、現代風に大胆脚色・アレンジしたクレイジーな新時代劇が誕生した!「桜姫東文章」は、江ノ島の稚児ヶ淵伝説、謡曲「隅田川」を下敷きにした、破天荒な貴種流離譚。それをさらに現代風にアレンジ。とはいうものの、それはいわゆる「時代劇」の枠を取り払っただけのこと。京都・太秦撮影所のスタッフ渾身のセットや小道具、役者たちの熱気と狂気溢れる演技まで、形式は破っても時代劇映画と筋立ての面白さは曲げられない、という意地と心意気が嫌でも伝わって来る。この撮影が、「水戸黄門」の終了直後というのも、感慨深い。新しいものを吸収して変わっていくことで、時代劇の未来はきっと生まれる。そう信じている人々が作り上げた作品だ。

 

監督は橋本一。「相棒 XーDAY」や「探偵はBARにいる2」で知られる監督の、えええっ、こんな作品も撮るの!?という意外な、でも納得の一面を、ぜひご堪能ください。ちなみにRー15指定。お子様は見てはいけません。

 

「桜姫」メイン.jpg

(C)2013「桜姫」製作委員会

恋に狂わない 世の中は狂っている

 

顔も知らない男に襲われた夜が忘れられず、おそろいの入れ墨を彫り、男を探すため遊 女になった恋愛ジャンキー桜姫を中心に、桜姫をメロメロに翻弄するイケメン盗賊・権 助、桜姫を自殺した恋人の生まれ変わりと信じ、執拗に付きまとう坊主・清玄、桜姫に 勝手なライバル心を燃やす遊女・お七など個性的なキャラクターが愛情、友情、セック ス、それにまつわる嫉妬や裏切りなど、様々なドラマが展開する。 他の映画では見られない大胆なベッドシーンや壮絶なバトルなど過激なシーン描写もあ り、「R」指定に!センセーションを呼び起こすこと必至!キュートでゴージャス、スキ ャンダルでホット!一度見たら忘れられない!何度も観たくなる!! 天才・橋本一が仕掛ける 15 歳未満立ち入り禁止!狂気の最新作にハマること間違いなし!

 

19 歳 日南響子、狂気の恋を体当たりで挑戦

 

主人公:桜姫を演じるのは 2011 年に放送されたペプシネックス(サントリー)の CM で「あの可愛い子は誰だ!」とネットを にぎわした日南響子。現在は人気女性ファッション誌「non-no」で専属モデルとして活躍する傍ら、グラビアにも挑戦。男女と もに高い人気を獲得している注目株。プライベートではアニメやゲームが大好きでコスプレや自作の楽曲をネットにアップする など、ガチオタクの一面も見せる。まさに“アキバ系”の知識とファッショナブルなサブカル“渋谷系”を融合させた「アキシブ系」のアイコン的存在。今回は恋に狂う純粋な少女・桜姫を体当たりで演じる。大人もびっくりの大胆で際どいベッドシーン にも堂々と臨み、キュートでセクシーな魅力を気前よく披露。これからの活躍が期待される若い才能のみずみずしい魅力に注目!

 

鬼気迫る壮絶バトル! 青木崇高 渾身の熱演

 

桜姫が狂うほど恋する運命の相手:権助には、映画『一命』(11)、『るろうに剣心』(12)、『黄金を抱いて翔べ』(12)などの話題 作に立て続けに出演し、今後の活躍が期待される実力派俳優 青木崇高。近年では、NHK 大河ドラマ「龍馬伝」(10)「平清盛」 (12)など数多くの時代劇に出演し独特の存在感を放つ。本作では、武士道的な正統派な殺陣ではなく、アウトローの盗賊らしく 時には剣で、時には拳でと様々なアクションを見せる壮絶なバトルを展開。桜姫を虜にする色気も見逃せない!

 

個性派俳優でんでんからお笑い芸人まで、まさかの狂演

 

さらに、死んだ恋人の生まれ変わりと勝手に思い込んで桜姫につきまとう坊主・清玄に映画『冷たい熱帯魚』(11)で数々の賞を 総なめにした個性派俳優でんでん。桜姫との一夜を夢見て、毒を飲んでも、雷が落ちても、首が飛んでも死なない狂った不死身っ ぷりを、時にコミカルに、時に不気味に演じる。その他、AV 女優の麻美ゆま、お笑いグループ安田大サーカスの HIRO とクロち ゃん、野々村真など個性的すぎる俳優たちがどんどん登場。一瞬たりとも目が離せない!

 

 

 

公式HP  http://sakurahime-movie.com/#page_a

2013年7月11日 21:07  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
「沖縄慰霊の日」祈念上映会 「ひまわり」

沖縄では、沖縄戦の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」として、戦争の犠牲者を慰霊するために、公休日となっています。

「沖縄慰霊の日」を祈念して、沖縄復帰40周年企画作品 

「ひまわり〜沖縄は忘れない あの空を〜」を上映いたします。


s-メイン2圧縮.jpg

(c)2012「ひまわり」製作委員会 

 

そのジェット機は炎上しながら学校に墜ちた…。

実際の事件を元に今の日本に問う感動の意欲作!

 

1959年6月30日、突然、米軍のジェット戦闘機が墜落、炎上しながら宮森小学校へ激突し、学童12名(1名は後遺症により死亡)、近隣住民6名の尊い命が奪われ重軽傷者210名という大惨事になった。俗にいう「石川・宮森ジェット機墜落事故」である。さらに2004年8月13日、米軍大型輸送ヘリが沖縄国際大学に墜落。幸い民間人に負傷者は出なかったが、これもあわや大事故となるところで「沖国大米軍ヘリ墜落事件」として記憶に新しい。

 実際に起きた2つの米軍墜落事件をモチーフに、オスプレイ配備に揺れる今の沖縄・日本に平和とは何かを問いかける問題作だ。

メイン1・ウェブ.jpg

(c)2012「ひまわり」製作委員会 

「石川・宮森ジェット機墜落事故」で友人を亡くした主人公・良太に長塚京三、良太の孫で大学生・琉一に「ALWAYS 三丁目の夕日」の須賀健太、琉一の恋人・加奈に、NHKの朝ドラ「あまちゃん」で人気の能年玲奈が熱演。さらに事故に巻き込まれる若き教師役には、福田沙紀が色を添えている。監督は及川善弘。

 

サブ1・ウェブ.jpg

(c)2012「ひまわり」製作委員会


「沖縄慰霊の日」祈念上映会

◆会場:大名クロスガーデン(福岡市中央区大名1-12-7 ☎092-985-1001)

◆日時:6月22日(土)10:30〜 、13:30〜 23日(日)14:00〜

※開場はいずれも30分前

◆料金:前売 大人1,200円(当日 1,500円) ※中・高・大学(当日のみ 800円)

前売り券・電話予約は下記にお申し込みください

◆問合せ:九州シネマ・アルチ Tel 092-712-5297  Fax  092-714-4164

mail:arci1210@pop06.odn.ne.jp

◆後援:福岡市、福岡市教育委員会

◆主催:映画「ひまわり」6.23「沖縄慰霊の日」上映実行委員会

   福岡沖縄県人会/九州八重山ばがーすま会

   九州宮古郷友会/沖縄国際大学校友会九州支部

   九州シネマ・アルチ


 

2013年6月 2日 17:55  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
第27回福岡アジア映画祭2013

今年は、27年目! 毎年夏、山笠の季節、

ボランティアの手で企画・運営されている福岡恒例の市民イベントです

 

プレイベント上映会

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』

3・11を岩手県陸前高田出身の女子大生が被災した母親や

同級生たちに話を聞いた。

“被災者からの目線”が反響を呼んだ2011年の作品。

日時 6月15日土曜日 13:00〜 、  16:00〜

 

会場 アンスティチュ・フランセ九州5Fホール

   (地下鉄・赤坂駅付近)

会費 前売¥1,000  当日¥1,300

 

 

第27回福岡アジア映画祭2013

2013年7月5日(金)~7月14日(日)

7月5日(金)~7月7日(日)

天神・西鉄ホール(ソラリアステージビル6F)

 

7月12日(金)~7月14日(日)

アンスティチュ・フランセ九州5Fホール

(地下鉄・赤坂駅付近)

 

『アングリー・キッズ』Angry Kid   中国・2013年・94分 監督:黄雷(ホアン・レイ)

アングリー・キッズ・ウェブ用.jpg

 

 誕生日なのに、海外勤務から帰って来ない両親に怒ったショーアオ少年は、家出する。そこで誘拐された少女ランと出会った少年は、ランを守るために、ギャングたちに立ち向かう。黄建新監督の長男・黄雷の監督デビュー作。 

 

『おばあちゃんの秘密』 To My Dear Granny 台湾・2012年・117分 監督:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)

おばあちゃんの秘密・ウェブ用.jpg

 

 幼い頃に父親を失った阿達は、母と祖母の3人で暮らしていた。成人し、家庭を持った彼は、ある問題に直面したことで自身の少年時代を振り返り、やがて長年隠されてきた家族の秘密を知ることになる…。

 

『パパロッティ』My Paparotti  韓国・2013年・127分 監督:ユン・ジョンチャン

パパロッティ・ウェブ用.jpg

 

 ヤクザのリーダーをやっている高校生ジャンホの天性の才能を知った音楽教師のサンジンは、彼を音楽コンクールに出場させることにするが、…。イ・ジェフン、ハン・ソッキュ主演による感動の実話の映画化。

 

 『鋼鉄テオ』 Almost Che 韓国・2012年・110分 監督:ユク・サンヒョ

  中華料理店のデリバリーをしているモテない男テオがある日、配達先で一目惚れした女子大生イェリンの誕生会に行くと、そこは、学生たちの民主化運動の集会で、彼らと共にアメリカ文化センターを占拠することに、…。

 

『ウエディングスキャンダル』Wedding Scandal  韓国・2012年・90分 監督:シン・ドンヨプ

  ニート青年の前に偽装結婚の容疑で捕まった姉を助けるため、妹が現れ、自分が姉のフリをして、夫婦の演技をビデオに録画しようと提案するが、…。キム・ミンジュン、クァク・ジミン主演の痛快ラブコメ。

 

『モンゴル野球青春記』バクシャー 

日本・モンゴル 2013年・120分 監督:武正晴

  ひょんなことから、モンゴルに野球を教えに行くことなった元高校球児の関根淳。だが、モンゴルで野球をするのは、そう簡単なことではなかった。石田卓也×モンゴルを代表する俳優陣による“日本とモンゴルの家族愛と野球の感動の実話”。

 

『サンタクロースがやってきた』Santa Claus

日本・フィンランド・2013年・45分・HD 監督:蜂須賀健太郎

  サンタって本当にいるの? 実はフィンランドには本物のサンタクロースがいます。オフィスや、郵便局、トナカイ、クリスマスの出発、そして日本各地を訪問。サンタに密着したファンタジックなセミ・ドキュメンタリー、誕生!!ワールドプレミア!

 

『忍び寄る原発』日本・ベトナム 2011年・28分・DV 監督:中井信介

  日本政府は、福島原発事故がいまだ収束していないにも関わらず、ベトナムに原発を輸出することを決めました。福島の苦悩をベトナムに輸出するのか?バイオ事業によって苦しめられているフィリピンの農民たち「空に溶ける大地」(30)も同時上映。

 

国際環境NGO FoE Japan

『アフガニスタン 干ばつの大地に用水路を拓く』

日本・アフガニスタン・73分・監督:谷津賢二

 「百の診療所より一本の用水路を!」戦乱と干ばつのアフガニスタンで、無謀とも思える土木工事に挑んだ一人の日本人医師・中村哲。20033月から7年の歳月をかけて全長25.5キロの用水路を完工、3000ヘクタールの農地が甦った。

 

JuryJury 韓国・2012年・24分・DV 監督:キム・ドンホ

 プサン国際映画祭名誉執行委員長キム・ドンホ初監督作品。アン・ソンギ、カン・スヨンなどのスター俳優が、映画祭の審査員に扮し、けんけんがくがく抱腹絶倒の審査が始まるが、…。有名人のカメオ出演多し。

 

『宝満山』Homan-Zan 日本・2011年・72分・DV 監督:尾登憲治

  近年若い女性にも人気の九州一の登山者を誇る宝満山。生命の息吹と歴史の風、水への感謝、里の秋など四季折々の山の姿。また、天台宗の開祖・最澄との深い絆を持ち、“鎮西の比叡山”と呼ばれる霊峰の知られざる素顔に迫る。 

 

『リバース』Rebirth アメリカ・2011年・108分 DV 監督:ジム・ウィテカー

 世界貿易センターからの生存者の中国系アメリカ人女性、現場で親友を失った消防士、母親が犠牲になった高校生、婚約者を亡くした女性、そして兄弟を失ったのち跡地再建に携わる建設作業員、それぞれの9.11からの再生が描かれていく。

 

『夢想の森』La forest des songes 

フランス・2010年・102分・DV 監督:アントワーヌ・バロー

  フランスでさまざまな映画を製作しているアントワーヌ・バロー監督が小栗康平、若松孝二、寺山修司の3監督について撮った貴重なドキュメンタリー。若松監督は、“戦い”の映画を作り続け、小栗監督は、映画での“調和”を表現していく。

 

第27回福岡アジア映画祭2013上映スケジュール           
(5月20日現在。ゲスト、作品などが変更になる場合もあります。)                                
2013年
7月5日(金)16:30~「ウエディングスキャンダル」

           *ティーチ・イン
          19:00~「パパロッティ」*ティーチ・イン     
7月6日(土)11:00~「ウエディングスキャンダル」

           *ティーチ・イン
          13:00~「おばあちゃんの秘密」

           *ティーチ・イン      
       16:00~「鋼鉄テオ」*ティーチ・イン
       19:00~「アングリー・キッズ」

           *ティーチ・イン
7月7日(日)10:30~「鋼鉄テオ」*ティーチ・イン
          13:00~「アングリー・キッズ」

           *ティーチ・イン
       16:00~「パパロッティ」*ティーチ・イン
       18:30~グランプリ発表

           「おばあちゃんの秘密」

           *ティーチ・イン      
*以上、天神・西鉄ホール(ソラリアステージビル6F)

7月12日(金)11:00~「リバース」

        13:30~「夢想の森」「Jury」
        16:00~「アフガニスタン 干ばつの大地に

             用水路を拓く 」

        18:30~「モンゴル野球青春記」
7月13日(土)10:30~「夢想の森」「Jury」
        13:00~「宝満山」*ティーチ・イン       
           15:00~「アフガニスタン 干ばつの大地に

             用水路を拓く」
        17:00~「サンタクロースがやってきた」

            *ティーチ・イン
        19:00~「忍び寄る原発」「空に溶ける大地」

            *ティーチ・イン                   
7月14日(日)10:00~「リバース」
        12:00~「忍び寄る原発」「空に溶ける大地」

            *ティーチ・イン
        14:00~「サンタクロースがやってきた」

            *ティーチ・イン 
        16:00~「モンゴル野球青春記」
        18:30~「宝満山」*ティーチ・イン
*以上、福岡・大名・アンスティチュ・フランセ九州(旧九州日仏学館)5Fホール(地下鉄赤坂駅3番出口そば)

 

 ◎福岡アジア映画祭基金にご協力を!

 私たちの「福岡アジア映画祭」は、100名以上のボランティアと地元企業を始めとするさまざまな協賛金、そして全国から寄せられた「福岡アジア映画祭基金」によって、すべてが運営されています。皆様の温かい募金をお待ちしています。

 郵便振替 01790--71389

 口座名  福岡アジア映画祭基金

 

☆料金:前売(1作品券)¥1400 

      (5作品券)¥6000、(10作品券)¥10000 

    当日(一般)¥1800、(大学)¥1500、

                 (高中・シニア60才以上)¥1000 

    パーティーチケット¥4000(当日¥5000)

 

*前売券は、チケットぴあ、ファミリーマート(Pコード:464−812)、

                   ローソンチケット(Lコード:87052)、

                   サークルK、アンスティチュ・フランセ九州、

                   博多リバレイン7Fアートリエなどにて発売中!

 

GUESTS 予定 黄雷(ホアン・レイ)監督(中国)、瞿友寧(チュウ・ヨウニン)監督(台湾)、ユン・ジョンチャン監督(韓国)、ユク・サンヒョ監督(韓国)、シン・ドンヨプ監督(韓国)、蜂須賀健太郎監督(日本)、中井信介監督(日本)、尾登憲治監督(日本)、尾上克郎特撮監督(日本)、フランシーヌ・メウールアンスティチュ・フランセ九州館長(フランス)ほか。

◎ゲスト作品については、上映後ティーチ・イン(質疑応答)を行います。

 

☆主催:福岡アジア映画祭実行委員会 電話092ー733ー0949      

       ☆映画祭ホームページ http://www2.gol.com/users/faff/faff.html 

2013年6月 2日 14:19  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
第4回中洲deシネマは... シネマ・インパクト第2弾!

第4回目となる、中洲deシネマ上映会。

7月には「シネマ・インパクト」の第3弾も決定!

山笠だけでなく、熱くなる福岡・博多をお楽しみください。

 

シネマ・インパクトその2・1.jpg

 

 

 

 

チラシ裏・ウェブ.jpg

2013年5月24日 14:06  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
Kaku Toru Baritone Recital 2013 -in Fukuoka-

クラシック界の若き逸材、バリトン歌手、加耒徹さんの、

地元福岡でのリサイタルも今年で3度目。

世界の歌曲、オペラアリアの名曲を存分にお楽しみください。

 

加来徹2013.jpg


とき  2012年6月5日(水)  19:00開演 (18:30開場)

会場 あいれふホール (福岡県福岡市中央区舞鶴2-5-1)

あいれふ地図ネット用.jpg

【出演】

加来徹.jpg

 

加耒 徹(バリトン) 

 

植村和彦.jpg

植村 和彦(ピアノ)

 

【曲目】

ベートーヴェン: 歌曲集「遥かなる恋人に寄す」

トスティ:「理想」、「魅惑」

ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」より“私は街の何でも屋”

コルンゴルト:歌劇「死の都」より“私の憧れ、私の悩み”  ほか

 

入場料 前売 3,000円 / 当日券 3,500円  

            学生券 2,500円

 

【主催】  E-muse音楽事務所

【協力】 加耒徹後援会 /アバ企画 

【お申し込み・お問合せ】

・ E-muse音楽事務所  TEL:03-3361-0790  /  E-mail  info@e-muse-m.com

 インターネットからのお申し込み →  http://www.e-muse-m.com 

・ 加耒徹後援会 TEL:090-7447-8482

2013年5月14日 17:11  カテゴリー: 音楽・オペラ | コメント(0) |

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。