アジアフォーカス福岡国際映画祭2014・招待券プレゼント

アジアフォーカス福岡国際映画祭が今年も始まります!

アジア・フオーカス2014表・ウェブ.jpg

開催にあたり、このブログをご覧の

10組20名様に、招待券をプレゼントいたします!

プレゼントフォームはこちら ↓

http://gekinavi.jp/present.html

 

「アジアフォーカス2014 招待券プレゼント」と御書きください。

9月7日23時59分締切り。

応募多数の場合は、抽選になります。

今年も多彩なアジアの映画を楽しみましょう!

※イベントの詳細は「アジアフォーカス福岡国際映画祭」をご覧ください。

2014年9月 1日 14:10  カテゴリー: プレゼント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |
映画「捨てがたき人々」の榊監督、舞台挨拶

 

6/28(土)、福岡中洲大洋劇場で「捨てがたき人々」の
 
 
榊英雄監督による舞台挨拶を実施いたします。

 
時間は、15時の回上映終了後になります。
 
 
※映画は17時18分上映終了予定
 
 

『捨てがたき人々』・ウェブ.jpg
             ©2012「捨てがたき人々」製作委員会

 
榊監督・ウェブ.jpg
 
問合せ 中洲大洋劇場 092ー291ー4058
2014年6月27日 16:31  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
映画「怪しい彼女」あなたの"全盛期自慢"大募集!

70歳のおばあちゃんが突然”全盛期”の20歳になってしまう

という映画のストーリーにちなんで、

Twitterでみなさんの”全盛期自慢”をつぶやいてもらう

キャンペーンです。

つぶやいた方の中から抽選で、

主演のシム・ウンギョン直筆サイン入りマスコミ用

プレスシートや劇場鑑賞券がもらえるチャンス☆
Twitterをされている方は是非、全盛期自慢してください♪
キャンペーンへの参加方法など、

詳しくはキャンペーン特設ページでチェック!
Twitterをされてない方もサイトにアクセスしてください!

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-------------------------------
★映画『怪しい彼女』公開記念★
Twitterで「全盛期自慢」キャンペーン
http://www.ayakano-fukuoka.com/
-------------------------------

怪しい彼女キャンペーン.jpg

2014年6月 3日 12:07  カテゴリー: イベント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |
映画「闇金ウシジマくんPart2」舞台挨拶生中継

5月16日(金)から公開となります
映画『闇金ウシジマくん Part2』にて
豪華キャスト登壇の舞台挨拶生中継の開催が決まりました。

- - - - - - - - - - - - - - -
『闇金ウシジマくん Part2』舞台挨拶生中継付き上映について

 開催日時:5月17日(土) 10:00上映の回 本編上映後、挨拶中継

※劇場によって上映開始が多少違います。

生中継が途中からになる場合もございます。


 登壇予定者:山田孝之 綾野剛 菅田将暉 門脇麦
       高橋メアリージュン 崎本大海 やべきょうすけ
       山口雅俊監督 (変更になる場合もございます)
 会場:TOHOシネマズ天神、T・ジョイ博多、

            T・ジョイリバーウォーク北九州、TOHOシネマズ福津
 料金:通常料金 ※劇場窓口で前売券も利用可
- - - - - - - - - - - - - - -

「闇金ウシジマくんPart2」

メイン(軽).jpg

        (C)2014真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

ウシジマ、新強ライバルたちとスクリーンに帰ってくる!! 

あの史上最悪の問題作エンターテインメント『闇金ウシジマくん』が帰ってくる!

 

現代社会の闇を容赦なくえぐり、その先のわずかな光を予感させるハードな内容ながら、国 民的ベストセラーとなった真鍋昌平の原作コミック(2011 年小学館漫画賞を受賞)をリアル に実写化し、深夜ドラマから映画へと展開した前シリーズから 2 年。映画&DV­D のまさか の大ヒットを受けて、まさかの続編決定!

2014年5月16日 16:55  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |
映画「パンドラの約束」上映中!

サンダンス映画祭で論争を巻き起こした注目のドキュメンタリーが現在、

福岡・中洲大洋劇場で公開中だ。

パンドラの約束・ウェブ.jpg

(C)Pandora's Promise, LLC

監督・脚本はロバート・ストーン。初監督作品で反原子力映画「Radio BIKINI」(ラジオ・ビキニ)を発表。1987年米国アカデミー賞長編記録映画賞にノミネートされたのを皮切りに、世界の核戦争にまつわる映画「第三次世界大戦」、「EARTH  DAYS」(アースデイズ)ではアメリカの環境保護活動のパイオニアの証言から環境保全の重要性を伝えている。

そんな彼が、いきなり原発推進派?いったい、何が彼をこの作品へと駆り立てたのか。

環境問題から切り込んだ、全く新しい原発ドキュメンタリー映画である。

なぜ彼らは原発を肯定するのか?

地球環境保護論者たちの視点とは?

この映画に対する気持ちは、私も正直、複雑だ。そういう人々は多いと思う。

いみじくも、チラシにある三枝成彰さん(作曲家)の言葉が、それを端的に表している。

 

「私は原発には否定的な考えを持っているが、

地球環境問題への対応など、この映画が提起している内容は驚きで、

賛成、反対の壁を超えてぜひ多くの人々に見ていただきたい作品だと思う。」

三枝成彰(作曲家)

 

私たちはもう、パンドラの箱を開けてしまっている(と思う)。

未来は、その最後の最後に、“希望”を見つけられるかどうかにかかっている。

 

福岡では中洲大洋劇場で、15日まで。

まずは見て、それからじっくりと考えよう。

2014年5月10日 16:59  カテゴリー: 映画・最新情報 | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。