「マーキュリー・ファー」

僕と弟は・・・

生きるため 愛のため 今この刹那を 光の果てへとひた走る

 

『マーキュリー・ファー』1.jpg世田谷パブリックシアター『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(会場:シアタートラム) 

 撮影:細野 晋司 ( Shinji Hosono )

 

フィリップ・リドリー×白井晃 第4弾は待望の日本初演!
 
作品を発表する度に波紋を呼ぶ、イギリスの劇作家フィリップ・リドリー。ポスト・“デビット・リンチ”と評され、カルト的人気を誇る彼が本作を書き下ろしたのは、自国イギリスとアメリカが主導で 仕掛けた「イラク戦争」直後の2005年。
正義という名目のもと、多くの市民が犠牲になったことに抗議の気持ちを込めてこの 作品を書いたとされます。
世界 のあちこちで紛争やテロ事件が起こり、不安定な社会情勢にある昨今、この戯曲はこのような状況をしっかりとシンクロし、足元 を照らす一条の光を演劇的にしめしてくれるのではないかと思います。
 
高橋さんも、瀬戸さんも、「残酷で厳しいけれど、美しい」とコメントしていたのが印象的。
 
戦争によってあら ゆる秩序を失った街で暮らす兄弟の、大きな大きな愛の物語。是非ご来場下さい。
 
 
マーキュリー・ファー・2.jpg
世田谷パブリックシアター『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(会場:シアタートラム) 
 撮影:細野 晋司 ( Shinji Hosono )
 
 
出演:高橋一生、瀬戸康史、千葉雅子、小柳心、小川ゲンほか
演出:白井 晃
 
【日程】3月8日(日)14:00
 
【会場】キャナルシティ劇場
【料金】S席¥7800 ※残席わずか / A席¥6800 / 学生¥3000
 

 
 
 


2015年3月 7日 11:38  カテゴリー: 芝居・情報 | コメント(0) |
ももいろクローバーZ主演映画「幕が上がる」 博多にやって来た〜Z!

 

2 月 28 日(土)より公開中の、ももいろクローバーZ 主演の映画『幕が上がる』 。

現在、本映画の公開を記念して、「行くぞ、全国!待ってろ、全館!ももクロ全国舞台挨拶行脚」と称し、全国の上映映画館を行脚するキャンペーンを絶賛展開中です。

福岡、博多駅では、JR 博 多シティの開業 4 周年、「5 年目の幕開け」ということで、本キャンペーンに全面協力。なんと、全国で唯一、オー プンスペースにて、ももクロメンバーが登場することが実現!!

JR博多シティ内のT・ジョイ博多で舞台挨拶も実施!JR博多シティ・T・ジョイ博多は、この日ももクロ 一色に包まれた!!

 

(撮影:大工 昭 /オープンスペース・舞台挨拶フォトセッションのみ公式撮影)

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

映画『幕が上がる』博多駅 駅前広場登壇イベント


 

■日 時:3 月 1 日(日)17:30~17:50 /

■場 所:博多駅 駅前広場 ■登壇者:ももいろクローバーZ

午後 13 時過ぎにシークレット情報を解禁。いよいよ博多の街で幕が上がる。

公式サイトの SNS を使って一気に拡散。博多シティの巨大ビジョンに映し出されたももクロからの イベントメッセージに、足をとめる人々。徐々にどよめきや驚きが起こりはじめ、間もなく始まるイベントへの期待感が膨らんでいく。開始1時間前にはすでに数えきれないほどのファンが会場を埋め尽くし、7000人もの数に膨れ上がった。ファンが響かせる「ももいろクローバーZ」のかけ声とともに、いよいよももクロの登場!

 

3階ステージ.jpg

会場は歓声と熱気に包 まれ、興奮の坩堝に。そんな声援に応えるように

「こんなにたくさんの人が集まってくれ て最高です。素敵な映画に仕上がったのでぜひ見てください」と百田さんの熱いメッセー ジ。メンバーそれぞれが映画への思いを伝え、終盤は 7000 人のファンとフォトセッション。「ももいろクローバーZ!」のコールで会場が一体に。

 

3階から.jpg

最後は主題歌の「青春賦」と挿入歌の「走れ!」をメンバーがアカペラで熱唱。興奮冷めやらぬ中、イベントは終了した。

 

映画『幕が上がる』T・ジョイ博多 舞台挨拶

■日 時:3 月 1 日(日)18:15~18:45 /

■場 所:T・ジョイ博多 ■登壇者:ももいろクローバーZ

映画を見終ったファンの前にももクロメンバーが登場。

会場全体で「ももいろクローバー Z」を行い、舞台挨拶がスタート。福岡の印象や「幕が上がる」への思いを語ってくれた。

 

ももクロ舞台挨拶.jpg

 

MC:いよいよ初日を迎えました。メンバーの皆さんの思いを聞かせてください。

 

百田さん1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百田さん:全国行脚をやる中で、こういう風に至近距離でお客さんの反応を感じることができて、嬉しい旅が続いて幸せです。さっきのイベントでもギリギリまでシークレットだったのにあんなに人が集まるなんて博多はすごい。さすが大都会!

 

玉井さん1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉井さん:朝から、福津、直方、北九州と福岡県内を回っていたんですが、福岡の人に温かく迎えてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。

 

高城さん2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高城さん:イベントと舞台挨拶にこんなにたくさんの人が集まってくれて感動しました。 私たちは「皆さんに感動した」っていってもらえるような、そんな願いを込めた映画を作りたいと思っていたので、全国各地で「感動した」の声がもっともっと広がっていったら最高です。

 

佐々木さん1.jpg

 

佐々木さん:こんばんわ、あ、こんにちは?(笑)皆さんの声が直接聞ける舞台挨拶の場があって本当に嬉しいです。この映画を見て、自分の青春と照らし合わせてもらったり、これから高校生を迎える皆が早く高校生になりたい、高校演劇って楽しいな、部活に入りたいって思ってもらえたら嬉しいです。

 

有安さん1.jpg

 

有安さん:大分で2回舞台挨拶してきました。九州の皆さんのパワーは本当にすごいですね。この映画の幕がもっともっと上 がるように、皆さんの力をかしてください。よろしくお願い致します。

 

MC:福岡の印象はどうですか?

高城さん:もつ鍋がおいしい。

玉井さん:マネージャーが福岡大好きなのもあって、福岡グルメを堪能できました(笑)。

百田さん:「すいとーよ」とか方言がカワイイですね。福岡の方言が全国で一番好きかもしれません。キュンとしますね。

 

トークセッション終盤には、監督の本広克行さんと原作の平田オリザさんが登壇し、映画化への流れや、メンバーとの裏話を披露。

 

MC:初日を迎えての感想を教えてください。

 

本広監督と平田オリザさん.jpg

 

本広監督:全国どこに行っても会場の熱がすごいですね。ありがたいですね。

平田さん:監督と二人で小さい居酒屋で飲んでた時に、小説のゲラを渡して「これを映画にしてよ」って言ったのが3〜4年前。結果的にこんな素晴らしい映画になって夢のようです。

 

MC:山田洋次監督や大林宣彦監督といった巨匠からも褒められたそうですね。

本広監督:ものすごく評判がいいですよね。ある意味怖い(笑)。頑張らないといけないですね。

 

MC:メンバーに対面してのエピソードがあれば教えてください。

平田さん:佐々木さんは...(笑)。「さて」と「では」のセリフが最初はひどかった。監督からはもっときつくやってくださいと言われていたので、厳しめにいきました。 成長しましたね。

本広監督:その模様がドキュメンタリー映画となって 3 月 11 日に公開されるので、映画と併せて楽しんでください。

メンバー:あーりんVS平田オリザの対決が見どころですよ(笑)。

 

フォトセッションでは、観客とメンバーが「博多にやって来た〜Z」と決めポーズ。

 

舞台挨拶・最後.jpg

 

最後は高城さんが挨拶し、「皆のアカデミー賞を私にくれますか?」の問いかけに会場全員で「あげる〜」の声援が返され、舞台挨拶が終了した。

 

あげる〜.jpg

 

★全国の127館の映画館を行脚する舞台挨拶も、T・ジョイ博多で56館目

 

<作品概要> …は続き、映画「幕が上がる」で詳しく! 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

少女たちの演劇にかけるひたむきさが、すべての世代の胸を打つ、最高の青春群像物語。

富士山の見える静岡県の高校に通うさおり(百田夏菜子)は、演劇部最後の一年を迎えようとしていた。“看板女優”で姫キャラのユッコ(玉井詩織)、 黙っていれば可愛いガルル(高城れに)、一年後輩でしっかり者の明美(佐々木彩夏)らと共に、年にたった一度の大会に挑む。目指すは地区予選 突破。そんな時、学校に新しい先生がやって来た。東京の大学で演劇をやっていたというスッゴイ美人。 「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」。

え? すべてはその一言から始まった。高校演劇は負けたら終わり。男子よりも、勉強よりも大切な日々が幕を開ける。地方の高校演劇部を舞台 に、一途な思いがぶつかり、交差し、きらめく。劇作家・平田オリザが満を持して放つ初めての小説。誰もが待っていた文化系青春小説の金字塔、 映画化!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊) 監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)

出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、黒木華

製作:フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ ・ 配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映 ・上映時間:119 分

2015年3月 6日 20:16  カテゴリー: 映画・インタビュー | コメント(0) |
映画「泣く男」鑑賞券プレゼント!

10月18日から公開中の映画「泣く男」の映画鑑賞券をプレゼント!

泣く男・ウェブ.jpg

©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

 

この劇場鑑賞券を4名さまにプレゼントいたします!

プレゼントフォームはこちら ↓

http://gekinavi.jp/present.html

プレゼントタイトル 「泣く男・鑑賞券プレゼント」をお忘れなく!

締切りは10月29日水曜日23時59分。

応募者多数の場合は抽選になります。

当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

 

「泣く男」

 

その殺しの報酬は贖い

 完璧だった殺し屋が犯した、ただ一つの過ち。逃れようのない罪に、

 自ら課したラスト・ミッションとはーーー

 強烈なアクションと熱いドラマが一体となった、新たな“男のカタルシス”

 

幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。

 ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。 何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの 過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の 任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。そこで彼を待ち受けていたのは、

 哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だったー。

 

 

監督:イ・ジョンボム『熱血男児』『アジョシ』

出演:チャン・ドンゴン『マイウェイ  12,000キロの真実』 キム・ミニ『火車   HELPLESS

  2014/韓国映画/116/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/R15+/公式HP:nakuotoko.jp

 

泣く男サブ1・ウェブ.jpg

©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

 

 

 

2014年10月27日 14:51  カテゴリー: プレゼント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |
映画「蜩ノ記(ひぐらしのき)」舞台挨拶&トーク、プレゼントも!

10月4日から絶賛公開中の「蜩ノ記(ひぐらしのき)」

小泉崇史監督と、戸田秋谷役の役所広司さんが来福し、舞台挨拶を行ないました。

役所・小泉監督.jpg

小泉監督は「(原作者である)葉室さんの地元で観てもらうのは、ドキドキします」とご挨拶。

役所広司さんは「美しい原田(美枝子)さんも堀北(真希)さんも、黒田官兵衛もいるんですけど(笑)、今日は私ですみません」と挨拶すると、観客もどっと笑いが起きて和やかな雰囲気に。

葉室作品が好きで何作も読んでいたという監督は、葉室さんが直木賞を受賞された後、いち早く久留米まで会いに来て、映画化の承諾を得たという。

「原作という大事なものを預かって、どう映像でみせるか、心配と楽しみの両方があります。長編なので、全部ではなく、秋谷像をどう描くか、どこを生かすか。映像でないと活かせない方法をみつけるというのは、楽しいですね」

役所さんは小泉監督とは初めて。「以前からお仕事したかった監督。今回しっかり準備の時間をとることの大切さが良い作品になるとよくわかりました。準備がしっかりしていたので、良い体調で、良いテンポで撮影に臨むことができました」

「CGの時代ですが、太陽や雲や風を狙って、そこで演じるのは緊張感もありますが、快感でした」と語り、

小泉監督も「江戸時代のお話ですが、時間がゆっくりと流れています。音楽を聞くように楽しんでいただけると嬉しい」と

締めくくりました。

 

また9月22日には、原作者の葉室麟さんが、母校・西南学院大学でトークイベントも開催されました。

葉室.jpg

西南在学中は自主映画の上映なども手掛けてこられたという葉室さんは大の映画好き。小泉監督が黒澤明監督の愛弟子だったということもよくご存知。

「私達の世代にとって黒澤監督というのは神様のような存在。そのスタッフだった方々に撮ってもらえるというのは感激でした。」と語り、映画は別作品と思ってお任せした、原作に小泉監督の思いを重ねてくれた、という感じがするそうです。

その例として映画に出て来る「柚子は九年で花が咲く」というのは、別の話(「柚子の花咲く」という別の作品)で原作にはないのだが、小泉監督が私の思いを汲み取って入れてくれた、とぐっと来たそう。葉室さんは2005年デビューで、今年は奇しくも9年目。

「咲いた柚子の花に、泣いてしまいました」。

また映画の撮影現場を見学して、黒澤映画でスクリプターを務めた野上照代さんがいらしてて、役所さんや原田さんとお話されているのを見て「映画の歴史はこうやって受け継がれていくんだな」と感じたそうです。「蜩ノ記」の中には「きちんとした歴史を残すこと」という言葉が出てきますが、小泉監督の現場は「きちんと(黒澤)映画の現場、歴史を伝え、受け継いで行く」ということを感じたとのこと。

「小説はひとりで書く作業ですが、映画はみんなが協力して、思いを重ねてできる。ちょっとうらやましい、と思いました。それからこれは原作がそう、ということではなく、この映画には“人には大切にするものがある。それをいかに大事にしていけるか”という思いがきちんと伝わる作品になっていると思います」とこれから見る人々へ、メッセージをくださいました。

 

映画「蜩ノ記」公開を記念して、「蜩ノ記」付箋を5名様にプレゼントいたします!

蜩・付箋・ウェブ.jpg

 

プレゼントフォームはこちらから↓

http://gekinavi.jp/present.html

 

プレゼントタイトル  「蜩ノ記」付箋プレゼント希望 をお忘れなく!

応募締め切りは、10月20日月曜日、23時59分。

応募多数の場合は抽選になります。当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。

 

「蜩ノ記(ひぐらしのき)

 原作は、時代小説として破格の累計60万部を超える葉室麟著「蜩ノ記」(2012年第146回直木賞受賞)。 物語の主人公は、無実の罪で10年後の夏に切腹が命じられ、不条理な運命にある戸田秋谷。彼は、いよいよ3年後に迫った切腹までに藩史の編纂を仕上げるよう命じられ、その作業の過程で、藩の重大な秘密を握っていた。そして、彼の監視役として派遣される檀野庄三郎。秋谷に不信を抱いていた庄三郎だが、彼の人としての気高さ、秋谷を支える妻・織江と娘・薫の温かな夫婦愛や家族愛に感銘を受け、やがて、切腹に追い込まれた事件の真実を暴く、重大な文書を入手することにー。果たして、蜩に秘められた真実とは、そして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命は…。

 監督:小泉堯史 「雨あがる」「阿弥陀堂だより」「博士の愛した数式」「明日への遺言」

出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美ほか

 

蜩メイン・ウェブ.jpg

(c)2014「蜩ノ記」製作委員会

映画「さまよう刃」鑑賞券プレゼント

10月4日からT・ジョイ博多で公開中の韓国映画「さまよう刃」。

さまよう刃・ウェブ.jpg

原作は日本の東野圭吾さんの作品で、過去には日本でも映画化されています。

この劇場鑑賞券を4名さまにプレゼントいたします!

プレゼントフォームはこちら ↓

http://gekinavi.jp/present.html

プレゼントタイトル 「さまよう刃・鑑賞券プレゼント」をお忘れなく!

締切りは10月10日23時59分。

応募者多数の場合は抽選になります。

当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

 

「さまよう刃」

最愛の娘を殺した少年に自らの手で裁きを下そうとする父親、それを阻止しなければならない警察官。

父親の復讐は“正義”か“悪”か?そして、待ち受ける衝撃的な結末とは?

町内の廃墟と化した銭湯で、冷たくなった死体で発見された女子中学生スジン。 父親のサンヒョンは妻を亡くしてから男手ひとつでスジンを育ててきた。一人娘の死を目の前に、喪失感でただただ茫然とする。そんなある日、サンヒョンに犯人の情報が書かれた匿名のメールが届く。そこに書かれている住所を訪ねると、少年たちに暴行され死にゆく娘スジンの動画を見て笑うチョルヨンを目撃する。一瞬、理性を失い誘発的にチョルヨンを殺してしまうサンヒョンは、また別の共犯者の存在を知り犯人を捜そうとする。一方、スジンの殺人事件の担当刑事オッグァンはチョルヨンの殺害現場を見てサンヒョンが犯人だと見抜き、追跡し始めるのだった。正義とは何か?誰が犯人を裁くのか?世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎えるー。

 原作:「さまよう刃」東野圭吾(朝日新聞出版) 監督・脚本:イ・ジョンホ

撮影:キム・テギョン 音楽:キム・ホンジプ

出演:チョン・ジェヨン、イ・ソンミン、ソ・ジュニョン、イ・ジュスン、イ・スビン

2014/韓国/韓国語/122/原題:방황하는 칼날/配給:CJ Entertainment Japan

 

さまよう刃メイン・ウェブ.jpg

C2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED 

2014年10月 6日 19:59  カテゴリー: プレゼント情報 映画・最新情報 | コメント(0) |

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
熊くま!!プロフィール
熊くまです。

福岡在住の主に映画・演劇・音楽・美術関係のフリーライター。
旅や食、イベント関係もしばしば。
個人的に「博多」関係を応援しているので、その辺りのことなども書けたらと思っています。